• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.120

Category : Story-I of LDs
・・・尚。
・・・、ごめん。
お待たせ。


祥子さんが上から見ていた。はっと気づいて窓の外を見た。アイツの車が目の前を去って行った。アイツが電話中にマネージャーに気をそらされていた時に見たアイツの仕草。頭から離れなかった。

電話で話しながらも電話を持っていない片方、首に何気なく手をやって撫でていた。
そして、キョーコもつけてたチョーカーを、握り締めて、微笑んでいた姿だった。



祥子さんの運転する車の中_______


あぁ、そうそう。尚。
コメント、メールしたかしら?


あぁ、アレ。
・・・まだ、してねー。


本当は、今カフェテリアでしようと思っていた事。今年は自分でもかなり嬉し~ぃNo.3。俺の上に二人いる。でも、もう二人しか居ないことになった。


今日中よ。言われているから。
後で、必ずしてね。


おう。


でも、一位は、やっぱり取れない・・・。何となく、やっぱり・・・と、そう思う。
ぜってぇアイツに違いない。敦賀のヤロウに決まってる。・・・じゃ、2番は、誰だ?
アイツと一緒にW主演、理想の男のもう一人が頭に思い浮かぶ。
貴島秀人。こいつも俳優だし、このドラマの中では、めっちゃ女を抱いてるし・・・。
と、お子様厳禁の場面が思い浮かぶ。


ねぇ、祥子さん。
2位って誰?知ってる?


ん~~、知らないわね。
でも、うちの事務所のタレントじゃないわね。
そんな話、聞いてないから。


今日、今から行く現場って何?
どこ? テレビ?


そう。
その雑誌の出る日の放送よ。
バラエティ番組の、ゲスト。


その時は知らなかった。
2位が誰だったか。それに、その2位がスケジュールの都合上、このバラエティに出演NGの断りをいれてたこと。
その人が出れないから、3位の俺がその番組に、繰り上げられて出ることに成っていたなんて・・・。


・・・祥子さん。


ん? なに尚。


この後、予定は?


そうね、特にないわよ。
練習かしら


そう・・・


そんな会話をしながらすぐに着いた。
テレビ局の駐車場。
祥子さんの停めたすぐ何台かの空きスペース横に、さっき見たアイツの車が、ぴたっと綺麗に線と線の間、真ん中に真っ直ぐ停まっている。


祥子さん。
なんで、隣に停めねーんだ。


えぇ!だってあの車、高そうで・・・
ぶつけたりしたらねぇ


まぁ、確かに。スーパー高い車だってのは調べて知っている。普通の人がローンを組んでマンションを買うような値段だし・・・。祥子さんの気持ちが分かる。俺でもゼッテーあの車の横には停められない。直すだけで軽の新車が買えそうだと、思う。


まぁ、2台分ぐらい入り口に遠くなったけど、
そんな10歩ぐらい、歩けるでしょう。


もしかしたら、このバラエティにアイツも出るのかと思った。んじゃぁ、もう一人。その貴島ってヤツと俺と3人か・・・。と、思っていた。

(そういや貴島ってヤローも、Dark Moonに出てたヤツだよな。)

確かYouTubeで見た。打ち上げでキョーコを着飾らせたヤツ。キョーコ本人がテレビで言ってたんだから、間違いない。それに思った。

(そういや貴島のヤツも、キョーコを狙っているって事なんだよな。)

その服、引き剥いてセックスしてー。ってことだと、キョーコに教えてやったんだった。

なんで皆、キョーコなんだ?と、思う。俺に関しては幼馴染で、もう昔からの腐れ縁がある。
それに、うちの親もキョーコの事は、女将にしたいと、俺の嫁。のつもりで教育していたのを知っている。

(まぁ、跡継ぎになるのは嫌だけどな・・・。俺が・・・。)

昨日思ったことだった。煌びやかなこの世界に憧れて光に向かって出て行った俺自身のこと。
灯台下暗し。その、下(もと)の暗い所で寄り添っていたら、跡継ぎと女将。キョーコは誰にも手を付けられることなく、自分のものだったと。でも、暗いところでは、自分が嫌だったんだ。光に向かっていて、違うヤツの目線の先を振り返れば、自分の居た所だったと思わされただけ。違うヤツが見ていたのは、キョーコ。キョーコがよかったと気づくのにも、外に出なければきっと分からなかった事だった。と、思ったこと。ただ・・・
外に飛び出なかったら、キョーコと過ごす人生は、それはそれで、別の幸せだったかもしれない。普通に結婚して、普通に後を継いで、普通に子供が産まれ、普通に歳を取っていく。

自分の今がある事は、自分で切り開いてきた事だと実感した。そして、キョーコも。
俺がこの世界に入らなかったら、キョーコもこの世界に飛び込んでは来なかっただろう。この世界で、キョーコは自分を見つけて、自分の為に人生を生きる事が分かったのだから。

(もうそれだけで、いいか。)

急にそう思った。キョーコは、キョーコ自身の人生を開いたのはキョーコ本人だけれど、そのきっかけを作ったのは俺。それだけでも、自分がした事は、キョーコの人生にとって間違いではなかった事だと思う。キョーコに何かを与えてあげられたようで、もういいか。と思った。

けれど結果、その気持ちは、今の自分を苦しめている。

自分でも自負する俺のルックス。自分でも子供の時から、カッコイイと思えた。芸能界に入らなかったら何をする?と、まで自分に自信が合った。
この世界、そんなヤツで溢れかえっていた。いい男、いい女だらけのこの業界にキョーコが入ってきて、キョーコも綺麗になっていくのに時間はかからなかった。
普通のつまらねぇ女。だったキョーコが、この芸能界の自分でも他人にもカッコイイと思い思われる様な、いい男に慣れるほど回りに寄ってたかって集まられて、それにキョーコが自分で変わって行ったこと。それは、自分でも勿体なかったと思う反面、キョーコが変わらなかったら、もう一生キョーコには、会えなかったかもと思う。

今の自分が、キョーコに一生懸命だと、改めて思う。

自分も上位ランクに入ったというのに、1も2も、自分より上のヤツラが、キョーコの傍にいて、一緒に仕事して、終ったら一緒にご飯なんかも行ってるだろう。と、思うと負けた気がした。


エレベーターで祥子さんが何か話していたけれど、聞く耳持てなかった。うん、うん・・その相槌のみ。の、生返事で、自分の事を考えていた。


おはようございます。
宜しくお願いします。
アカトキ・エージェンシーの不破尚です。


祥子さんがいつもの通り挨拶をしてくれて、部屋のドアを開けた。その目の前に、やっぱりアイツが居た。敦賀蓮。さっきのカフェテリアで見たのと同じ。輝くようなオーラにオトナっぽい色気満載のアイツ。

さっき思った、やっぱり・・・。は、ヤッパリだった。

その風貌に、自分で酔いしれるでもなく、きちんと真っ直ぐ立ち上がり、キョーコ並ではないが、綺麗なお辞儀をまず、俺にした。そして祥子さんにも。

祥子さんが先に入ったんだから、祥子さんに。ではなく、きちんとこの業界の位置が分かっている。マネージャーはただの御付。その主人は、いくらマネージャーより歳下のガキでも主人は主人。タレントが必ず先に挨拶される。

俺ももちろん挨拶する。この世界に生きてきた常識として。
いくらアイツがライバルでも、これをしなくては、この世界で生きていけない。


あっ、遅くなってすみません。


そう言って入ってきたのは、このバラエティの司会を務めるお笑いタレント。ブリッジロック。
それと共に来た、スタッフとディレクター。


あ、敦賀さん。
おはようございます。

不破さんもお久しぶりです。
どうぞ宜しく。


この三人とは、違うバラエティの一回目の放送にゲストで出演した。バドミントンしたっけな・・・。そんなことを思い出した。

このバラエティはスペシャルらしく、その、きまぐれなんとか。ではない。テレビ局も違う。
この人気お笑いマルチタレントは、たくさんのレギュラーを持っていた。
ものすごく忙しそうだと思う。
ジャンルはこれまた違うけれど、俳優でモデルのアイツ、歌手でアーティストの俺、お笑いでマルチタレントの石橋さん達。それぞれ掛け持ちの職業をしているが、どれも皆、見事にな~んにも被らない不思議な職種の芸能人の集まりになっていた。
会話もあまりない。興味のある仕事の話もみなジャンルが違いすぎる。

石橋達は、敦賀蓮とは同じ事務所だとは知っている。それでも接点のないジャンルだから仕事を一緒にした事は、ほとんどなさそうだった。

(なんだ、この集まり・・・。)

きっと皆、そう思っていた。

(こんなんで大丈夫なのだろうか?)

それも皆、思っていた。

情報発信番組で、トレンドのお店や、美味しいレストランの食べ歩き、流行のスポットなどをこの石橋さん達がいつもロケでブラブラ散歩しながらの番組と、説明された。
見たこと無いが、視聴率はいいらしく、しかもゴールデンタイムだった。

(このジャンルの違う人たちで、ブラブラするのか・・・?)

ブラブラ出来るかの不安は、これまた全員満場一致で思っていること。

でも、ブラブラしなくて済んだ。スペシャル番組と言う事で、行列のできるレストランから何軒かのお店のシェフがスタジオに来て、いつもはロケのこの番組が、スタジオ放送になるらしい。生放送みたいだ。



.
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 06.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray