• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.119

Category : Story-I of LDs




おっ、メール。

ポチリ。


・・・ふ~ん。



ポチリのメールは短かった。

“ 尚ちゃんの、ただ…逢いたくて。その人、学校に来た。”


クイーンレコードに来ていた。ミルキちゃんに呼ばれて昨日のダウンロードの事と、Oneside Loveのアルバムの事だった。それに・・・

不敗神話に使う新しい曲は、もう何曲かイメージ出来ていた。ただ、残りの一曲。最後は、PVの撮影が始まってから、創りたいと言っておいた。


そうよね。
確かに、京子ちゃんと撮影に入ったら
何か変わるかもしれないものね。


そのツルの一声、待ってましたミルキちゃん。そう言ってくれると思って、何もイメージできないでいた俺を咎める事もなく、打ち合わせは終了。でも、ミルキちゃんは、いい顔してる。と言った。それなら大丈夫。と付け足された。何の事か分からなかったけど、その後のミルキちゃんの報告は嬉しいものだった。


それと、付けたし。
この前録った6曲の中からね・・・
アルバムに入れられるかどうか、分からないんだけど・・・


なんだよ、歯切れわりーな。
珍しく。


前々から会議で検討されていたのだけど・・・
決まってないから言えなかったわ。この事。
・・・一つ、どうしても欲しいという人が居てね。
ドラマの主題歌にしたいって。言って来たわ。

いいかしら?尚・・

どうしても、あなたの歌詞が・・・
ドラマのイメージに合っているんですって。
私の親友、緒方啓文がそう言ってたわ。

あなたがいいなら、あなたの返事、一つだけ。
もうそれだけで契約は成立するところまで行っているわ。

いいわよね?・・・尚?


その曲は、不敗神話に入れてもいいかとも思っていた曲だった。でも、緒方監督ってDark Moonじゃね? 顔が思い浮かぶ。それに、もうすでに話題のドラマだった。
主演がアイツなのが気に入らねーけど、ま、主題歌~。いいよな、やっぱり。

ウキウキしながら、次の仕事の打ち合わせに行く。


クイーンの中は2階が打ち合わせの会議室が並んでいて、音合わせなんかの簡単な事をするにも、そこの階に防音スタジオも並んでいる。一番外部が呼ばれる階は、この2階。
そんな2階はエスカレーターで繋がっていた。

エスカレーターを降りながら、ポチリのメールを見ていた。

(みじかっ!)


・・・ふ~ん。
ポチリ、俺の曲ダウンロードしたのか。


曲名が文章に入っていたので、すぐに分かった。キョーコが学校に来てるとなると、逢いたい想いが昨日から溢れてしまっていたので、すぐ、今、逢いたくて。と、思う。自分で自分の曲で、自分を盛り上げてしまっていた。
ガラス張りのカフェテリアを何気なくエスカレーターから、ぼけっと見ていた。大御所の演歌歌手が前に居る。挨拶に行くには遠いし、間に人も居る。そこから目を逸らしたくて、カフェテリアを見詰めていた。エスカレーターを降りると、カフェテリアに入っていった。祥子さんは、スケジュールのやりくりをするのに、ミルキちゃんと話していたので、置いてきた。


入ってすぐ左、やけに光るオーラが!?・・・と、その光るような感じのところに振り返ると、
光もあたらない壁際に、輝くような男が一人メールしている。

敦賀蓮。

また、光るオーラなどと呼んでしまった。アイツの事を・・・。

なんだよ、アイツもココなのか今日は。またピアノの曲でも出すんだろうな。そう思っていた。
そうだ、ピアニストのドラマで、ってミルキちゃんが契約がど~の言ってたな。確か。

(俺の曲も、コイツのドラマを、盛り上げんのかよ。)

そう思ったら話題のドラマなのに、なんだか嬉しかったモンが飛んでいってしまった。
ちょっと、複雑な気分だった。

黒いタブレットがテーブルの上に置いてある。カバーのかかるそのタブレット。黒皮のカバーの蓋部分は、RTと浮んでいるように見える。眼鏡をかけていて、見た事のない姿に戸惑ってジッと見てしまったので、そのイニシャルに気づいていた。・・・やっぱしアイツ、敦賀蓮だ。

(ん?アイツもそうなのか?)

そう思ったのは、テーブルの下で、もう一つタブレットを使ってメールしているのが分かっていたから。黒と白のタブレット。iPadだ。事務所からのものなのか?と思う。
キョーコもiPadは、事務所から借りている。と、言っていた。でも、コイツはカバーをかけている。ま、それはいくらでも出来る事。と思い、白い方はプライベートで黒い方は事務所からの仕事用と考えをまとめた。

仕事用に飲み物を買って、ついでに祥子さんを待つ為にこの前座った席に行った。

窓の外は雨が降り始めているのに気が付いた。さっきの大御所、さすがの車に傘を差されて乗り込んでいった。さすがの車は高そうだが、ジジクサイので、きょーみ無し。次の曲を練る為に、明け方から書き出した曲を見ようとタブレットをテーブルに出した。

よく考えたら、この席からの角度、アイツが今座っている席は、この前キョーコも座っていた所だと思った。4人掛けのテーブル。横に2つづつ並んだ椅子。アイツは鞄を壁際に置いている。鞄を置いた椅子はキョーコが座っていた椅子で、その横にアイツが座っているのを見たら、この前のキョーコがあそこに座っているように幻覚が見えてしまった。

アイツも今は、キョーコがしてたと同じ様に、事務所からの黒いiPadにイヤホンを付けて、画面を見ながら何かを聴いている。二人が同じ事を並んでしている様に見えた。

そして、キョーコはあの後ミルキちゃんに声を掛けられていたと、思い出す。

店員が近づいて声を掛けている。ふっと上を見上げてイヤホンを外した。キョーコと全く同じ光景だった。
でも、違ったのは握手を求められている事。握手したアイツは、良く見れば自分の開きっぱなしのiPadをチラチラ気にしている。

(ま、そうだよな。見られたくないし・・・。)

・・・!!!

(ほんと、天然なのか!? アイツ~!?)

眼鏡をとって唇にやって、ウインク~!? しかも、聞こえた。アイツの声。
これからも宜しくね。だと・・・
さすが・・・、腰砕け俳優・・・。こんなところでも、いつでもどこでも色気出してやがる。
思わずこっちが赤くなってしまった。
でも、さりげなくそんな事をしながらも、やりたかった事とみえる、ディバイスの裏返しは成功していた。
あの店員達は、俺のことよりアイツを見ている。見慣れている俺よりも、見慣れない俳優だしな。と思う反面、アイツの方がツボに嵌る、祥子さん達と同じぐらいのドストライク年代なのかと、思う。ま、俺はアラサーにはきょーみね~し。と思うけれど、アイツも22歳。そんな年上の人までファンにつける程に成る為には、あそこまで普段からしてないといけないのかとも思う。

(男も憧れるってヤツだよな・・・。)

そう思ったのは、周りの社員もそれを見て、赤くなってしまっていたからだった。
その回りの社員のリーマン達も、ネクタイなんかココのリーマンはしてなくて、音楽中心とも言えるボサボサが多い。まぁ、あのボサボサ、ダラリーマンを店員が見慣れていたら、あの光っているあそこに目が行くのは当たり前かもしれない。

ダラリーマンも、シャツのボタンを開けている。アイツも同じ様に開けている。
ダラリーマンは、なぜかなんか匂いそう・・・だと思う。アイツはアイロンのしっかりかかった高そうなシャツに、いい香りがしそう。・・・・!?

ふと、アイツのシャツに目が行ったのは、キョーコがあそこに座っていたときの服装を思い出したからだった。

アイツのシャツの開いてるところに見えた、チョーカー。
キョーコがこの前、そこに座っていたときに付けていたものだ。と直感で思った。
色も同じベージュの皮。顔を上げたときに揺れた、キラキラ輝いた真ん中のプラチナの部分。

それに、アレはアイツの物だった。

キョーコが付けていたときに、そのイニシャルに気が付いていたから。

時計を見ている。確かにいつも一緒にいる筈の眼鏡マネが居ない。アイツも俺と同じ、マネージャー待ちだと思った。そういや自分のタブレットは開きっぱなしで何も見ていなかった。

何かスマフォを見て考えている。
電話をするのか?そう思ったのは、画面を耳に当てて立ち上がり、椅子の上の鞄を自分が座っていた方に移して、この前キョーコが座っていた椅子に座って壁に凭れかかった。
アイツがこっちを見る角度になってしまった。目を逸らして自分のタブレットをガン見した。
聞こえてきた、アイツの声・・・壁の反響も手伝ってよく声が拾えた。


・・・あ、あれ?
授業中かと思って、留守電に入れようと思ってた。

・・・もうひとつ、打ちあわせ。
その後、行くよ。
ごめん、社さん来た。
じゃ、また後でね。


ガン見していたタブレットの歌詞・・・そのタイトル・・・

書き始めて間もない、書きかけの不敗神話の、一つの曲・・・

仮名のままのタイトルは、____ “ あの場所で”_____


言葉と愛じゃ物足りない、受話器からかすれてる声、伝えたい伝えなきゃ苦しくて
人ごみを、すり抜けた・・・

不安を答えに変えてしまう、君の悪い癖だから、
大切な何か失わぬ様に、形には頼らないって

どんなに離れても、その涙を・・・
・・・震えてしまわないように
いつでも、傍に居る。・・・海の様な広い心で。
君だけ守りたくて、今日まで歩いてきた ________



(授業中・・・って言ってた。アイツは。)
ポチリからのメール、キョーコ、学校に居るんだよな・・・。

あの場所で。二人があの場所で一緒に居る光景に見えた。
携帯を睨んで躊躇っていた電話。伝えたくて伝えなくては苦しくて、電話を掛けた。
どんなに離れていても、キョーコの不安を答えに変える癖を分かっていて電話を掛けている。
いつでも傍に居る。守っているから・・・

マネージャーが来て、アイツは人ごみに去って行った。用件はなかった。後で。それだけは分かった。後で逢えるんだ・・・、アイツはキョーコに。

ただ、声が聞きたかったのか? でも留守電に何かを入れようとしていた事は、言っていない。
大切な何かを失わないように、形には頼らない。・・・自分の書いた詩。

大切なものを失わないように、通じ合う心のつもりで書いた詩。想い、愛、心。そんな感じで見えないものを表わしたかった。
見えない気持ちは、自分でさえも形として見えないのだから、何かを捧げるその何かは、物ではない。形のない愛だと、言いたくて書いた詩。

心が通じ合っていたから、電話も通じたというのか・・・?



・・・尚。



.
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 06.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray