• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams -12

Category : Story-I of LDs

ふと、気づくと、隣に居た愛しい温もりが消えていて、窓の外のキラキラは、夜中と共にビルの明りは消えてしまって落ち着いていた。

隣からかすかに聞こえてくる、ピアノの音。そっか、久遠と居たんだ。と思い出す。
ガバッと急に布団をめくり、シーツを確認すると、あの初めての時の様な、自分が作った血跡はなかった。


(そっか・・・二度目。だったんだよね・・・。)

急に、蓮の“二度目は、ないよ?”を思い出す。

フルフルと頭を振って、膝を抱えて体育座りをしていると、腕の中から甘いバラの香りがする。

同じバスタブに浸かっていたのだから同じ匂い、と思っていた久遠のバラの香りは、男の人の匂いに混じったバラの香りがした事を思い出し、腕の中の空気をスーゥっと吸い込んだ。

甘く蕩けるような瞬間と、久遠の吐息、久遠のくれた言葉を思い出す。

と・ろ・け・るの言葉で急に思い出す。“脳が蕩けるほどえっちなちゅー”と七倉美森が言ってたな・・・?
あのバカショーもできるのかしら?こんな、蕩けるような事・・・ま、それは置いといて。

(二度目だから、色々感じたのかなぁ・・・?)なんて思えば、
またも、“二度目は、ないよ?”の蓮が脳裏によみがえる。

なんか、敦賀さんが言いたかった事が分かった気がした。初めてのときは全然分からなかったけれど、二度目のこの感覚、の事?だったのかな?言いたかったのは。

もっと、もっと、止めないで、って体を虜にして止まなかったあの感覚はくせになりそうで。

囚われたら、逃げられないよ。そう言いたかったのか・・・?


また、頭をフルフルと振って、蓮を頭の中から追い出そうと試みるも、大好きな蓮を追い出せるはずも無く、久遠を愛している事は事実であって、と、さっきまでの色々な事を思い出していた。特に、お姫様のような曲がさっき一緒に踊ったダンスを思い返させてくれて、ほわほわ浮いたような気持ちにさせられた。


(久遠ってすごいよな~。アメリカ人、って感じ。女の子の好きそうな、私の好み、ちょ~分かってる~。)

蓮が自宅に居ないのは分かっていた。

でも、家に居るよ。と、嘘をついてまで何を誤魔化したかったのかは分からないけど、あの口調に嘘をついているとは感じなかった。と、思い返す。


(ま、イロイロあるのよね。オトナの事情が・・・。)

なんて、自分にもイロイロがありすぎて、頭の中が混乱してきた。
そのイロイロで、キスの仕方や、久遠との行為の最中を事細かに思い出し、ボボボっと、頭が爆発しそうになった。

とにかく、久遠のところに行こう。と、思いベッドから抜け出せば、初めての時の様な腰の重みは無かった。

愛されるという事。それは、行為の後にも相手を思い遣って、優しく行為をする事なのか?それとも、自分の気持ちが伴って、余計な力が入らなかったからなのか?
なんにせよ、そんなオトナのことは、そんなに考えてもまだよく分からないキョーコなので、バスローブを着て、鏡台でにこっと微笑み、心の準備もOK!と、意気揚々と、まずはシャワーね。と、バスルームに行った。

リネンクローゼットを開けると、ビックラこいた。

さすがは、スウィートよね・・・。

おびただしい数の、ブランド物のシャンプーやらコンディショナー、香水に石鹸に、バスバブルやら、なんだか分からない、これは一体どこを洗うもの?何に使うの?と、思われる粉やら液体やら。
その中で、


おぉ、オ、オデット~!


ロイヤルスノーと言う、麗しき白鳥型の乳液も鎮座されていた。

目をウルウル輝かせて、見惚れつくしてから、蓋を開けて匂いをかいだ。


ん?

思ってたのと違う。
なんか、もう少し甘く香る匂いだと思っていた。


試しに全部嗅いでみよう。そう思ったキョーコの行動は、キョーコらしい。
何事も最後まで、凝り出したら止まらない性格の。

ロイヤルスノー・シリーズにしようと思っていたけれど、今の感じで選んだら、
ん~、コレかな?

うん。コレにしよっ!


キョーコの選んだシリーズは、 Red Doorシリーズだった。
ニューヨーク、フロリダ、ワシントンDC、アリゾナなどにエステ、スパもあって、いろいろなアメニティがある。化粧品まで揃っていて、ウットリと、匂いを嗅いでイソイソとシャワールームに持っていった。

バスルームに入ると、シンクの中のバラを見て、さっき鏡越しに見た映画のような久遠の姿を思い出した。自分に言い聞かせているかのようにも聞こえた、愛の告白は、日本語でなかったので、ズキュン!と胸を打たれることはなかったが、久遠の真剣な気持ちが自分の中に染み渡り、ウットリと聞き惚れて、魔法に掛かってしまったような感覚になった。なんで、英語だったのか、アメリカ人だから日本語よりも意味が深いのかしら?そんな事を考えながら、ぼそっと、久遠が言った、一つだけ意味の分からなかった言葉に気づいた。

This is what I was looking for…This is what I am, and my deed…

あの時、キスマークのところにキスしてた?

“Thought 思ってた。”が、頭でしょ?
“Feel 感じて ”が、心でしょ?
その後のはイマイチ、なでなで され過ぎてよく覚えてないけど、そんな風に意味があるの???

考えに没頭していて、さっきはそこに、プリンセスローザがあったことを忘れていた。
でも、キョーコは無くなっている事に全く気づかず、頭を捻りながらシャワーに入った。

ガラス張りのシャワールームのドアを開けると、嗅ぎなれた大好きな匂いが漂ってきた。
大好きな2人。久遠と蓮のいつも使っている同じアメニティの香り。
中に、置かれていたのは、B Eau Parfumee au the blanc。

おぉぉ~!さすがはセレブのお二人。
いつも普段から、ぶ、ぶ、・・・リ、なんて惜しげもなく使っているんだわ。

ポン、と蓋を開けて、匂いを嗅いだ。

そうそう、この香り。
名前を覚えておこっと。何かプレゼントの時とかに使えるかも。

ふんふん~、鼻歌を歌いながら体をRed Doorのボディシャンプーで洗っていると、甘美に誘われるその甘い香りに、ウットリした。
体を洗いながら考えていた。
魔法のような・・・。催眠術のような・・・。儀式のような・・・。触れるか触れないかの、大切に触れてくる感触。今まで感じた事のない衝撃。触れるか触れないかの距離なのだから、与えられた強くぎゅっとされる感覚と違って、自分の中から生まれ出てきた痺れのスイッチを触られたのか?

自分で久遠にされたように、そーっと触ってみる。
手首から、腕へ、耳へ、頬へ。首を通って胸の横、ウエスト、腰に、背中の途中まで。
・・・なーんも感じない。

ポン!と頭に、マジシャンが空中で、箱の中身はなんだろな?的に手を振って、空の箱から赤いバラを取り出す映像が浮かぶ。

あれかしら?

すると今度は続いて、催眠術師が手をかざしただけで、意識を薄らいでゆく映像。

ん~、これもねぇ?

はっ!


今度は、ジャングルの中の神殿で、儀式の生贄に差し出された、横たわった自分が浮かぶ。


Noぉぉぉ――――!


久遠の英語攻めにあったキョーコは、うっかりNoなんて自分が言うと思ってなかったことに、さらに驚き、シャワーを浴びたのだった。


このとき、久遠の魔法のような、催眠術のような、儀式のような、の、儀式のような。は、
久遠が、蓮と自分を生きる自分の苦悩のこの時を、この人生を選んだ自分と共に生きて欲しいという思いで、キョーコを自分の人生の生贄に選んだ事は、キョーコはまだ知らない。




リビングの扉を開けると、ピアノの前で、イヤホンをして何か聞いている久遠の姿が目に入った。
何をしてるのだろう?そう思ったけれど、美しい王子様の様なブロンドの人が、ピアノをちょっと弾いて、何かに書き足し、腕を組んで考える、同じフレーズを違う曲調でまた弾き、書き直す、その姿は、愛の歌を作る作曲家みたいで、惚れ惚れと見てしまった。妄想の始めで、そんな作曲家に抱きしめられた姿を想像し、妄想の小部屋に連れ去られそうになったが、久遠に抱きしめて欲しくなって、後ろに回ってコッソリ近づいた。



(見てはいけないものを見たのか・・・)



そんな気がしたのは、ピアノの前に置かれていたiPadにLove Dreams n.3 と言う題名とその譜面。そしてそのiPad は、黒の画面で、アルマンディの黒皮のカバーが付けられていた。
カバーの蓋を掛けるとそこには、R.Tという刻印も入っているのだが、今キョーコからは、それは見えない。

なんだか変な気がした。久遠も蓮も似ているところがたくさんあって、その蓮をよく知るキョーコだから、久遠もそうだと、決め付けていただけかもしれない。そう思った。

その理由とは、おしゃれなお二人には、揃いの物を好んで付けたがる。という事。

白い久遠の iPhoneには、白いアルマンディの白革のカバーが付けてあった。それと、裏にC.Hの刻印が大小さまざまな字体の種類のアルファベットでエンボス加工してあって、上下左右表裏を向いたC.Hで埋め尽くさせているのを見て、映画館でオっシャレぇ~~~と、思ってみていたが、 iPadは黒なんだ・・・なんか裏切られた気分・・・。
なんだか、白のiPadにアルマンディの白皮の同じ刻印が入っている物を、被せてそうだな。と、自分で思っていただけなのか。
蓮のiPhone には、アルマンディの黒皮で、R.Tとイニシャルがカバー一帯に大きく一つだけで、イニシャルが重なる部分だけ浮き上がっていたり、へこんでいたりで、変形のデコボコが並んでいるように見えるのだが、少し離してみると、R.Tの文字が浮かぶように見える物。それも、オっシャレぇ~と思ってみていた。 蓮のiPad の蓋を閉じれば、R.Tという刻印が同じように入っているのも知っている。
アルマンディのモデルさんは、みんなコレを持っているのかしら?などとも思っていた。
なので、キョーコは、久遠なら白に白で、こっちも白に白でしょ。と、決め付けていた自分の思考がおかしくなった。

(えっ)

イヤホンは、備え付けのAppleのものなので、黒を買っても、白が付いてくるのは常識なのだが、白いイヤホンのコードの先には、白ではなく、黒が付いているように見えた・・・
のだが、大きな手の中で隠れている。


画面から目を離して、ピアノに向かうと、つるっつるに磨かれた、ピアノの表面に、キョーコが写った。

久遠は、はっとしてイヤホンをはずし、蓮の携帯を右のポケットにしまった。焦った、蓮モードに入っていた、久遠は思わず、

も、最上・・・キョーコちゃん。

び、び、びっくりしたぁ~。最上さん。と言いそうだったのを、急に、さっき鏡に写った、ブロンドの自分の姿をとっさに思い浮かべて、キョーコちゃん。を足したのだが、おかしな呼び方になってしまっていた。

ん?

まぁ、最上キョーコは彼女の本名だから、可笑しくないか・・・。自分にそう言い聞かせる。

目の前のiPadもしまいたかったが、不自然すぎるだろう。そう思いそのままにして、誤魔化す為に抱き寄せ、膝にのせてキスをした。


起きた?僕のお姫様。

額と額を付けて、そう囁く。


キスで起こしてあげられなくて、ごめんね。

軽くちゅっとする。



・・・いい匂いに誘われた。


ん?シャワー浴びて来た?
えっ!コレにしたの?


クンクンとキョーコの肌から漂う香りを嗅いでいた。


どうして?いい匂いよね~。(ウットリ)
好きじゃなかった?


ん~、好きだけど・・・
どっちかって言うと大好きだけど・・・。


顔を赤らめて、片手で顔を覆った。

(教えないでもいいか。ま。キョーコが好きで選んだんだから。)


・・・ Red Door
それは、愛の扉を開けるのは・・・と言う意味で作られた香り。
赤い扉を開くと、その甘い香りで魅了し、男を誘い、甘美の世界に誘う。と、いう意味の物。


(そんな風に変えたのも、俺かな・・・?)

そんな風に思えた。急に “ 自分が自分で、この子を変えたのか。”と思ったら、嬉しくなって破顔してしまい唇を重ねた。

教えたようにキスを返してくれるキョーコを確認すると、横目でiPadを見つめるも、キョーコから漂う甘い甘美な香りに、さっきの蕩けた感覚を思い出し、キスに夢中になってしまった。

キスをしながら、キョーコは思った。
(久遠、私の苗字が最上なんていつ知ったんだろ? そういえば、踊った後も言ったわよね。最上キョーコさん。って・・・)

まぁ、事務所の人は知ってて当たり前だから、社長とか主任とか、言ってたのかな?と、思い直して、優しく与えられる柔らかな感触に、思考もおざなりになっていった。






Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 19.2013
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray