• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.117

Category : Story-I of LDs



雑誌のコメント。
それは、時間が押すことなく始まり、そつなく終りそうだった頃、

表紙にしようと思う。と言われて見せられた何枚かの写真。この一枚にしようと思いますが、No.1の人は、これでも納得してもらえますか?と承諾を貰う為の確認に見せられた写真。

(誰が、作ったこの写真・・・。 社長か?)

驚きの写真。
俺が二人、並んでいる。
敦賀蓮と久遠ヒズリ。二人とも背中合わせに並んでいる。

久遠の方にも感想コメント。と、社長からのメールが着て居たのは、さっき気が付いていた。久遠は2位だったのか。と、それにも驚いた。


これで、いいですよ。

その一言で早く終わりたかったのもあるけど、これで世間には、似てる?と疑問を持たれることなく、二人実際に存在してます。と、思わせられるので、これがいい。とも思った。
今まで一番になった時は、自分一人の表紙だった事で、一緒に写っている物でもいいかとの確認だった。実は、久遠と蓮の差は、以外にあまり無い。3番との差が離れていると言われれも、両方自分なので、久遠に競争心もない。

でもそれは隠して、心の広い人のイメージを付けておく。心の広い人のイメージを付け足された何枚かの写真を撮って、それは終った。



クイーンに行くと次の曲の打ちあわせ。

ドラマで放送される日にあわせてのダウンロードらしい。
まぁ、弾くのは俺で、俺が、がんばればいい話。レコーディングスケジュールの事は、社さんにお任せ。ついでに、久遠のスケジュールを確認したかったので、社長にメールしたいと思った。カフェテリアに居ます。と言い残し、下に行った。


カフェテリアに行きコーヒーをもって席を探すと、ちょうどいい人目につかない壁際の角の席が、隣に人もなく空いている。
そこに行って、もし隣に人が来たらを考えて、背中でカバーできるように座ろうと壁際に鞄を置いた。立ったままとりあえず一口コーヒーを飲んでみると、今朝キョーコが入れてくれたほうが美味しい。そんな事を思い出しながら、カップを見つめて微笑んでしまった。
ポケットから黒いiPhoneを出してテーブルに置き、鞄の横の椅子の座った。 鞄からさっそく白いiPadを出す。ついでに蓮の方もテーブルに置いた。レコーディングに使う曲を見るためだった。

コーヒーを飲みながらキョロキョロして誰も傍に居ないのを確認。ついでに眼鏡も掛けて目の保護をしようと思う。変装しなくても、ここならいいかもしれないけど、一応。

(とりあえず・・・)

wi-fiをオンにして、メールの確認をすると、メールが来ている。
キョーコからだった。
妊娠してなかったよ。安心して。という言葉がそのままではなく、オブラートに包まれてほのめかすような彼女の言葉に、彼女の愛を感じた。

(I know it isn’t the time, 今じゃない。知ってる。Not right timing as mine and her life right now…butそれでも、いつか欲しいな・・・。Hopefully…)

そう思ってしまう。英語混じりで久遠としての感情に、いつの間にか入ってしまって居た。
とりあえず、昨日彼女に女の子の日が来たのは自分でも分かっていた事だったし、キョーコが久遠に報告してくれた事は、やっぱり彼女も久遠が気にしているだろうと思ってすぐにメールしてきてくれた事。久遠のことも、蓮と居るけど考えてくれている事を嬉しく思う。
自分の置かれた環境や、毎日の事は頭にあって分かるけれど、どうしても、時々こうして久遠として久遠のディバイスを使うと特に、久遠に感情が持っていかれる。


(でも、その前に・・・。)

そう思ったのは、社長。聞きたい事は久遠のスケジュールと、クーのメアド。それと、雑誌のコメントも書いてメールする。久遠の気持ちになれているので、コメントも蓮と同じにならない様に気遣う必要もない。

社長に送信したらすぐにもう一度、キョーコのメールを読み返す。

コーヒーをもったまま、考えた。昨日、久遠に相談したかった英語のことだと思った。
何が分からないの? キョーコの英語力は俺の中では、カインでも久遠でも大丈夫。と思えたほどなのに。

とりあえず、訳してあげよう。そう思って、自分がこの物語を読んで英語で感じる表現を、日本語にそのまましてあげた。それと、赤ちゃんの事は、居ても居なくても、君への愛は変わらない。その気持ちをしたためるように、英語でも書いてあげようと思う。この例文が今の自分の気持ちを表わしてくれているように思えたから。

妖精は、自分がキョーコに出逢った頃。あの夏の日、まだ誰にも成っていない、Chuehone Coo Hizuri Jr.だった。そのままの自分でキョーコに逢った事があるのは、この時だけ。
10歳だったあの時、自分の中の人生が動き出したのかもしれない。
それはその後、時を止めて、過ごす事になる。
その時が止まったまま、6年過ごした。その6年間、俺は違う人になって生きてきた。
違う人として生きる事は、自分のChuehoneとしての人生を止めたという事。
この、天使に出会えた始から、天使にまた逢い、天使が時を動かしてくれた。全ては、天使に始に出会う事が人生において必然だった。天使が舞い降りてきてくれたその場所は、空ではない。もっと遠い見えないところから、降りてきてくれた。
その、もっと遠いところに自分たちのMatrixが居た。核心は、魂でも精神でもない。ものとしてのものではない。ただの、記憶・・・。
妖精が住む世界のおとぎの国の様子を書こうと思った。でも、それはもっと遠い見えないところにあるのだと、言いたくて・・・。

魔法の力。妖精の言葉。妖精が魔法をかけたのではなく、天使が妖精に掛けてくれた。

君からの魔法は、俺にとって、どんなにいつも強力な物だったか、感謝を込めて・・・。


Radiance…The Whispers from spheres and fortifies of celestial fairytail…

光り輝く記憶・・・妖精の宙の世界の領域からの、妖精の天の世界の要塞からの・・・妖精のささやき。


きっと、キョーコは、分かってくれる。頭の勘のいい子だから。
自分の今感じるものが、その領域は要塞だったと、そこから助け出してくれた天使が、これから導いてくれる光の世界へ。お互いの記憶が引き合って導くものと信じ・・・。


そんな事をキョーコに書いていたら、どうしても、キョーコを迎えに行きたくなってしまった。
早く逢いたい。蓮でいいから。
蓮の電話を手に取ったけれど、通話を押せなかった。
クオンとしての気持ちのままでいる事には、キョーコに電話するのは躊躇っていた。ちょっと止まって、iPhoneをテーブルにもどしひとまずコーヒーに手を伸ばした。もうちょっとしか入っていなかったので、一気に一口で飲んだ。


ふぅ~。


眼鏡を取って、蓮の携帯の上に置いた。ひざの上の久遠の白いiPad はそのままメールの画面が開いている。

ロビー側の窓の外には、たくさんの業界の人が行きかっている。見た事のある大御所の演歌歌手の人が見えた。でも、接点がないので、挨拶はしない。外に出て御付の人が傘をさしてあげて車に乗り込むのがエントランス側の窓に見えた。

(雨、降ってきたんだ。)

雨が降ってきたのに気が付いた。

椅子の上に置いた久遠の携帯が震えた。メール着信。社長だった。
開いたままのメール画面のiPadに目をやって、社長のメールを見た。クーのアドレスも書いてある。スケジュールは、とりあえず、来月のテスタロッサの発表会で、クーとジュリがその2日前から前入りすると書いてある。蓮のスケジュールがその前入り時は入っているのと、その日からは、4日間久遠としてのスケジュールが入っていると成っている。

(なるほど・・・纏めたか。髪の色があるからな・・・。)

蓮のほうで、キャンセルになった理想の男のドラマのロケだった予定の3日間で、残りは移動日だったはずだった日だった。社さんにはまだ何も伝えていないけれど、そこのスケジュールは社長が抑えたので、心配ないと、書いてある。

でも、何の仕事かは書かれていない。ま、大丈夫だろ。そのうち分かる。そう思ってクーのアドレスとジュリのアドレスを入れて、メールすることにした。
まだ、今は久遠の気持ちなので、いい文章が書けそうだと思った。
この何日間か、ものすごくたくさんの考える機会があった、蓮を止めて久遠になる事を決意したり、自分が親になるかもしれないと思うと、子供の気持ちを想う親の気持ちが分かったので、それらのそして、たくさん愛をくれていた事を解ったのと、感謝をしたためようと思っていた。

最後に、久遠として一緒に仕事が出来ることを、楽しみに待っている事と、クオンに大事な人がいる事も分かっている親の勘の鋭さと、自分の大事な人への彼らの愛が嬉しい事を書いた。

(ま、いいか。これで・・・。)

何度か読み返した。それに、自分の弾いているピアノの曲を添付しようと思いつく。
何がいいか、久遠のiPad の方は開きっぱなしにひざの上に置き、テーブルの上の蓮のiPadを開き、録音したピアノの曲をイヤホンを付けて選んでいた。

(一番弾いてるこれかな、やっぱり。)

Love Dreams n.1  人生の瞬間に父親から渡される、親の愛で育てられた子を受け取る、曲。
またの名を、Reve D’ Amour Reveal of Love 愛情表現。
Reve D’ Amour として、ゆっくり目に弾いたものもある。話が進んでいったら、夫婦間の愛情表現が薄れないように練習して試しに弾いた。
蓮のiPhoneから今朝ボイスメモをメール添付したのを思い出し、そのメールを久遠にフォワードして、クーとジュリへのメールに曲を添付して送信した。
音楽が入っているのもあって、なかなか送信に時間が掛かっている。

眼鏡をかけて、テーブルに肘を付いて蓮の携帯を見ていた。次にレコーディングするのは、このLove Dreamsと、それから、あと2曲。と、めんどくさいので3曲ぐらい纏めて録って欲しいと思って自分で曲を選んでいた。
久遠の仕事も入ってくるので、そんなに何度もレコーディングに日にちを使ってられないのもあった。アルマンディのショーもある事を考えると、海外に行かなければならなくなったし。などと思う。そうそう、Chrome heartsもあった。それと、Mecerdes Benz まぁ、車の方は本決まりでないし、Porsche の方も、契約伸びたし。
いろいろあって、なんだか解らなくなりそうだった。蓮の方はマネージャーがやってくれているけれど、久遠の方は自分で管理しないといけない事を考えると、マネージャーが最初から付いていた敦賀蓮の始まりは、社長の勘か、愛か、とおもう。クーから預かった子を愛情をもってこの世界で育ててきてくれた事にも、社長には感謝してもしきれないと思っている。

そんな社長のことや、自分の色々なスケジュールを考えている間に、送信済みになった。
久遠の方のディバイスを鞄にしまった。

蓮のiPadにイヤホンをつけて曲を聴きながら、譜面を見ていた。
近づいてきた人がいた。ここの店員さんだった。

握手してくれと言われて握手してあげて、写真はカンベンして。と断る。IPhone もiPadも画面が開いたままになっていたので、そっと裏に向けようと、顔の方に気を向かせる為に、今までしたことない仕草を試してみたくなった。

目をじーっと見つめて、眼鏡を外し、眼鏡の鞘の端を甘噛みして微笑む。


これからも宜しくね。


そう言いながら、ウインクもつけましょう。でも、一番したかった事、反対の手で両方裏向きにそっと置き換えた。

ぽっ。となったのが分かった。

(はい。どうも、落ちてくれてありがとう。)

眼鏡を畳んで胸にかけていると、コーヒーのおかわり持ってきます。と言って去っていった。
そうそう、Earlにメール。思い出してよかった。
戻っていったのを確認して、蓮の携帯からメールを打ち始めた。

(指輪の相談と、眼鏡の相談。それと、他になにか・・・そうそう、キョーコに・・・)

iPadは伏せたまま、携帯をテーブルの下で打ち始めていたら、本当におかわりを持って来てくれた。ラッキー。と思う。でも、キョーコの入れてくれたほうが美味しい。またそう思って居たけれど、初めの一口目から店員達は俺を見ていたらしく、コーヒーを見て微笑んでいた。と言う。
美味しいですか?と、聞かれたけれど、キョーコの方が美味しいのを思い出して微笑んだ。なんて言えないよな・・・。


ありがとう。


にっこり微笑んで店員さんを見詰め続ける。あまりにも見詰められたら恥ずかしくなるように、もっと目を見て、首を傾げるようにちょっと傾ければ・・・もう、近寄ってこないだろう。そう確信犯、俺って。

(よし、今のうち。)

Earlにメールが終って、コーヒーを飲みながら時計を見た。
時計を見て、社さん遅いな。と思うけれど、腕時計でキョーコの事を思い出す。眼鏡フェチかも知れないキョーコに今の試してみたくなった。キラーは落ちなそうだ・・・。手ごわいからと思い、またコーヒーを見詰めて微笑んでしまった。

(電話しようかな・・・。)

そう思ったのは、さっきも思ったこと。雨だから迎えに行くから電話して。と授業中であろう留守電に残す事にして、電話を掛けた。


・・・あ、あれ?
授業中かと思って、留守電に入れようと思ってた。

・・・もうひとつ、打ちあわせ。
その後、行くよ。
ごめん、社さん来た。
じゃ、また後でね。

・・・

電話を切って用件は言わなかった。あと2教科、ってことは、12時過ぎだな。と思ったから。
自分の方が先に終わりそうと思った。

車に向かいながら、社さんにスケジュールの確認をした。








Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 06.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray