• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.116

Category : Story-I of LDs


光り輝く・・・おとぎの国で、_____



そう書かれた冒頭に目を奪われた。

(光り輝く・・・おとぎの国で、・・・?なんで?)

思い浮かんだのは、バスルームで思ったクリスタルの人形たち。
パンダも、ペンギンも、メルヘンの世界には中国も南極も関係ないと思ったことだった。

カリフォルニア、コロラド、そして、イタリアのトスカーナ。
比喩を用いて、どこでもない場所。
色んな土地の花々が咲くその場所は、おとぎの国だと言っている。



光輝く・・・おとぎの国で、
丘の上の金色のひまわり畑の果てに、母なる大地にしっかり根付き埋め尽くされた日の光色のポピーの花々が波のうねりの様に揺れ、山肌には銀河の中に流れる天の河のように、たくさんの違う瞬きを放つ光のような野草の花が咲いている。

人生とは、このように豊富な種類の色彩があって、人生を生きるというのは、豊富に溢れるその色々なものを経験していく事だと。太陽に気持ちを表わす様に心を開き、その心を寄り添わせる様にそれらの花は、自分の生きる源となる光を放つ太陽の光を浴びようと、自ら伸び上がり広げている。天の楽園の光の中に前を見据えていた頃、タンポポの綿毛のようにたくさん飛び散る想いを乗せて、それらの思いや夢に何をしたいのかと疑問を持つ自分が居る事に気が付かないで居る事。それこそが、一番素直に自分を見出す術と記憶に残る。昔からその記憶を自分は持ってここに存在する。その花と呼ぶ、人生の色々な経験になるもの。
摘み取って綺麗な花束として短い人生を送る事か、それとも天気に左右されて、晴れの日に英気を養い、嵐の日には引き抜かれそうになってもじっと耐えうるように望めば。
私たちは、心を研ぎ澄まし気づき自信を持って、そこに希望を見つける事と。それは唯一つの最良の手段であって、それが生きる事の一番純粋な方法。その為の糧、太陽と水と、時間。

太陽、すなわち前を照らす光。
水、それは、自分を満たす心のつながり。
時間、その心がつながった人と共に過ごす。

それらが、生きる事を一番励まし、一番大事、一番最良の自分の生き方。その全てが人生の術となり術であって、糧となり糧であって、時間の流れに成長し行く、時間の流れが全てを担い、遠い場所から記憶だけを持って生まれ生きる命に、希望を持って。

だと、思う。


Radiance…

In there are hillsides on the edge end of golden sunflowers, and in the somekind of color of sunshine poppies populate groundswells of mother of the nature, The earth, and in brightness galaxies of wildflowers race up mountain slopes.

The Whisper from spheres and fortifies of celestial fairytail…

A life lived in such multihued abundance—, There would be flower saluting to the sun with flowing dandelions fluffy seeds in the air, Look up past me toward the light of the heavens and in their simple magnificence don’t even spirits of matrix to ask of us what we do of them. The weathers are plucked when it is rainny and when it is sunny there will be composted, or held tightly in bouquet. If you are not having hope to doing as well and though…
You and /or we can only hope to be like them, serene, aware, confident, surely born of simple sun, water and time.

この言葉を、そのまま、君の人生に贈る。
自分でも思う。大切な事だとね。

Love so much always
Chuehonn

PS I really never defaulted to love to dream for THE ONE in thenceforward, I feel THE ONE of mine and yours is in forbidden by celestial fairytail ….so far. ☆*~(^-’)

THE ONE means… in the seacret of my name….

・・・・・・
・・・・・・


(な・る・ほ・ど~! さっすがぁ~、アメリカ人。)

目からウロコの解説。私もそんな表現力あったらな~ぁ。さすが、俳優。例えもウマし。
英語も代わっている~、いやぁ~ん。久遠の言葉にされてるしっ。ウインクまでしてるしね。うふふ~・・・


(もぉ~、困ったな~。)

あまりに嬉しくて、ご機嫌でニコニコになってしまう。さっきまで、一つ下の恋愛に夢見る乙女に付き合ってられないと思ってイライラしてたのに。


黒板に書かれた先生の解説よりも、久遠の英語の文章の方が説得力アリ。

(ふ~ん。さすが捕らえ方が映画の翻訳みたいよね。話が通じるように。)

なるほど、なるほど。腕を組んでウンウン頷いて考えていた。ハリウッドスターの息子だな。

(でも、ひまわりか・・・)

自分でも自分が思う自分を例えたら、ひまわり。Sunflowersの香りも好きだし。
机に組んだ腕を乗せて、その中に顔を埋めて腕の中の香りを嗅いだ。今日はSunflowersで揃えてきた。True Love Eternityのままだと、なんとなく、昨日抱かれました。感が出てて、男の人と肌を重ねるのが嫌なわけじゃないけど、恥ずかしかったのでSunflowers にして来た。

(それに・・・。)

やっぱり腕の中から、抱きしめたときに移った蓮の香りがする。胸いっぱいに吸い込むと、思い出す。抱き寄せられて目が覚めて、蕩けるような時間をキスで費やして、コーヒーを入れてあげてリンゴ嫉妬をシェアして、手を繋いで玄関に行って、またキスを時間いっぱいまで二人で楽しんで、それに・・・

シャツの上から胸にあるキスマークの場所に、手を置いた。自信を表わす場所。だと教えてくれた本人が付けた、それに久遠もここに付けた。
彼らは、私に自信をもって愛を刻んだのだろう。私の心に、純粋な本心で愛すると。
腕の中に残る蓮の香り、そして同じ香りの久遠を、思い出す。
蓮だけではだめ、久遠だけでもだめ。二人を傷付けないように二人を愛し続けなければ成らない事は、2倍大変だと思う。でも、どちらも選べない。

雲の上の二人が、二人で私を見下ろして微笑んでくれていた、あの夢・・・。

それと、今朝見た夢・・・

ひまわりが、どこに、なにに、向いて咲き続けているのか?


太陽の色の瞳。・・・
雲の上の世界に、雨は降ることなく、いつも照らし続ける太陽。
雲に遮られても、その雲は雨を降らして乾いた心を潤してくれる。

太陽、すなわち前を照らす光。
水、それは、自分を満たす心のつながり。
時間、その心がつながった人と共に過ごす。

その全てが人生の術となり術であって、糧となり糧であって、時間の流れに成長し行く、時間の流れが全てを担い、遠い場所から記憶だけを持って生まれ生きる命に、希望を持って。

その二人の居る雲の上には、いつも燦々と輝き照らす太陽が必ずあること。
二人には、太陽が二人を照らすことは、当たり前なのだと。


それならば、私は・・・彼らを見守り、彼らが見る太陽に、そして、自分も離れたところから自分を見つめて追いかける。

(そうだ・・・きっと・・・)

京子が地上に咲くひまわりで、最上キョーコの核心が、太陽。


多分もう・・・
蓮と久遠は気づいている。
私を愛してくれる事を疎まず怠らず、Their loves never defaulted to me forever now and then.
なのだと。それは、何かを彼らの心が求めて止まない。その心は呼び合って惹き付けられて、
もっと核心とよぶ彼らの何かが私の何かを求めている、それに、私の核心も彼らを望んで来た。

(時間?久遠の言ってる・・・?)

太陽と水。この関係は私たち3人にあるもの。

心がつながったまま、過ごしてゆく時間・・・もっと、もっと、愛してくれると、久遠は言う。
蓮からの気持ち、True Love …Eternity 永遠に続く、本当の愛を。

二人の愛は、どっちも核心から求めて止まないものと感じる、・・・私の核心も。

この3人には、時間の経過が必要不可欠なのか・・・太陽と水が、人生の糧となって、自分が育っていく間に。


(そうか・・・そうかも、知れない。)

もう私は子供の時に、この絵本が好き。と思った時から、自分のこの人生の宿命を感じて、運命をこの本に導かれていたのか。と、思う・・・。



授業が、いつの間にか終っていた。じーーっと見詰めたままだったiPadは、久遠のメールのまま開きっぱなしになっていた。スクリーンセーバーにしてなかった。

(それにしても、蓮のも久遠のも、また同時に見てしまう、私って・・・。)

ほんとに、二人はこの今思った事でいいのだろうか。一人を愛せればそのほうが自分も楽だけど。そう思っていながら、誰にも見られていない事を確認する為に、キョロキョロして、iPadと iPhoneを持って職員室に向かった。もし誰かにこの二人からのメール+クライアントの未発表曲なんか見られたら、えらいこっちゃ。と思って肌身離さず持って行った。
今、前々から考えていた事は、この今に必要な事だと確信し実行したかった。
時間がもったいないと、思った。蓮の毎日に、久遠のこれから日本で活動する為にも、私にも時間は必要だと思っていた事。


職員室で、担任の先生に退学の旨を申しでた。

でも先生は芸能科をもって長い先生で、その様な事を、売れて来て学校に来れない生徒をもうずっと処理してきていた。校長先生のところに一緒に行ってくれて、校長先生に先生が言ってくれた事。感謝した。

夏休みの前までに、先生がきちんと責任を持って残り半年分の課程を終らせるので、後は卒業式だけを来る事の報告を、校長先生にしてくれたからだった。
そういえば、校長先生、理事長は、社長さんの知り合いだった。LMEのこともよく知っていてくれて、宝田さんに責任持って卒業させますとまで言ってくれた。

もう、学校には夏休みまで。

そうなった事に、自分の心に余裕が出来た。

先生、ありがとうございました。

心からの感謝。校長先生、理事長も担任の先生も自分を見てくれいて、愛情をもって生徒に接してくれていた事を、自分が愛されるという事を、ここでも感じた。


よし!
じゃぁ、あとは1ヶ月だけ。


意気揚々と教室に戻る途中、電話が震えた。着信、蓮。

(ぶっ!)

思わずどうしようかとウロウロしたが、切れる前に出ないと午前中は蓮はめちゃんこ忙しい。
階段をもっと登って誰もいないと思われる屋上近くで電話を取った。
休み時間だから、普通科の生徒も廊下に居て、芸能科のアイドルを覗きに来るコもいた。
アイドルの子達も、マネージャーと電話したり、内緒で付き合っている芸能人同士のカップルなんかも、誰も居なそうなところと思うのは、屋上だった。

(一応、名前は呼ばないで置こう。ばれたら、蓮に迷惑がかかる。)

そう思って、電話に出た。


もしもし、
どうしたの?


あ、あれ?
授業中かと思って、留守電に入れようと思ってた。


うんん、大丈夫。
いま、休み時間。
あ、あと2教科。
お昼前まで受けたら行くからね。
そっちは?


もうひとつ、打ちあわせ。
その後、行くよ。
ごめん、社さん来た。
じゃ、また後でね。


うん。じゃぁ・・・
後でね。


電話を切って気が付いた。何を蓮は留守電に入れるつもりだったんだ?と。
電話を見つめて掛けなおそうか悩んだが、社さんが来たとなると、もう蓮は電話に出れないと思う。車の中かもしれない。

上から、七倉美森が降りてきた。やっぱり屋上に誰か居た。
彼女も手に携帯を持っている。電話かメール、人に見られないようにしていたのだと思う。
かなりの不機嫌さで睨まれて横を通り過ぎ、階段を降りて行ったのを見計らって教室に戻った。

教室に戻ると、すでに七倉美森とその仲間達にコソコソ話されている。多分私を見てるからには、私の事だと思う。
でも、あと1ヶ月。それだけ。しかも毎日は来れないと先生にも言ってあるし、テストの日を自分で選んでいいとも言ってくれている。ガマンガマン・・・。

耳をダンボにして聞こえたのは、久遠の話だった。

(ひゅ~っ。蓮のことじゃなかった。ヨカッタ。)

蓮とタメ口でしゃべっていた事なんか気づかれたら、付き合ってるの?と、聞かれそうだと思った。付き合ってるというより、一緒に住んでるんだけど・・・。

(ま、蓮のことは置いておこう。制作発表前だし・・・。)


そうそう、見た。

ちょっと、見えたよ。

え~、だれぇ~?

んでも、今さっき開けてた画面
英語だったよ。

んじゃ、王子?

ええぇぇえ~~~だめぇ~~~!

ハリウッドセレブだし、
時計もじゃん?たぶん。

でも、日本にいないよね。

じゃ、見たのは・・・



そんな会話。ほんと気に成るけど、どーでもいい。もっとすることあんだろ!売れる為に!!!

(ん!? 見たのは? なに、なに見られた?)

んぁ!はっ!!!

気が付いた。たぶんそうだ。自分で鏡でも見えなかったけど、朝ベッドの上でキス中ゴロゴロしながら蓮は、キスマークを撫でてた。首の耳の後ろ下辺りも撫でてた。
なにげなく窓の外を見る振りして角っこに行きIPhoneでこそっと、気になるそこを写真に撮った。

(やっぱり、あったか・・・。)


ほらほら、みんな席ついて。


先生が入ってきて、授業が始まった。七倉美森はこちらを見たので、にこっと微笑むと、フン。とそっぽを向いて席に着いた。


尚のプロモの天使の衣装を思いだした。

(あのグラマラスな、、、お胸は、半そでの制服から見ても、二の腕と釣り合いがどうなのか?)

ヘンな事を蓮に吹き込まれたので、そんな事を考えて見てしまった。





Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 06.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray