• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.113

Category : Story-I of LDs



部屋に戻って、冷たいシャワーで頭を冷やしていた。昨日のバラの花びらはどうしようか、水の入っていないバスタブを見て考えていた。
なんか、自分で捨てるのは嫌だった。

それと・・・さっき蓮に起こされなかったら、そのまま見ていたであろう、夢の続きを考えてた。



Radiance…
In Tuscany,There are hillsides on end of golden sunflowers, and in California orange poppies populate groundswells of earth, and in Colorado galaxies of wildflowers race up mountain slopes.
A life lived in such multihued abundance—oh, to be flower saluting the sun! Dandelions, too, look up past me toward the light of the heavens, and in their simple magnificence don’t even brother to ask of us what we do of them; Why? Whether plucked and composted, or held tightly in bouquet, we can only hope to be like them, serene, aware, confident, surely born of simple sun, water and time.



こんな話を読み聞かせられている夢だった。
子供の頃に大事にしていた絵本。
抱いたまま眠ってしまい、無くなった絵本と共に、その日出逢った絵本から出てきた妖精。

コーン

久遠の声で、この絵本を読み聞かされている夢だった。
これは、英語の教科書に出てきていた話。日本語に訳されていた子供の頃の絵本そのままは妖精が話してくれる物語だった。


イタリアのトスカーナ地方、光の中に居る。

妖精の居場所だった。
妖精が語るのは、こうだった。

ひまわりの咲く丘に、カリフォルニア・オレンジの色のけしの花、コロラドの山肌には銀河のように咲く草花。たくさんの色の花々に太陽が照らしている。タンポポのような小さな花にも照らす。天国にいる兄弟は、それを摘み取ってしまえと言う。それが一番早い方法。でも違うと思った。太陽と雨と空からの恵みを受けて育っていく事が、一番大事だと希望をもった。

英語のテストにでてくる例文がコレ。
でも最近、蓮のカイン、久遠と英語で話すようになって、意味が違うと心で感じるようになっていた。久遠だったら、どう訳してくれるのだろう?
そう思って、メールしたかった。

それに、これは私の前に妖精が現れた時の絵本。
初めて、久遠に出逢った時の、この絵本から飛び出てきたと思った話。久遠でないと、この話の意味が納得できない自分もいた。


それに・・・
どうしても、言って欲しい言葉があった。


“ 今の・・・魔法だよ。”

その言葉が今日見た夢の始まりだった。コーンの声ではなかった。大人になったコーン、久遠が言ってくれた声で見た夢。そして、もう一度夢から覚めるときに、久遠が言おうとしていた言葉は、聞くことなく、蓮に起こされた。


“ 今の・・・魔法だよ。”

誰かにそう言って、欲しかった。
炎に照らされて、鏡に映った自分。自分の瞳に写った、その色に。

太陽の色。だった。

あの時、自分の瞳に映った炎の色は、蒼ではなかった。
蓮の瞳が蒼い海の様に見えたことにも、自分の瞳が太陽の色に見えた事も、全てこの人から言って欲しかった。隣で寝ていた邪法を使う魔法使いと同じ声で・・・。

今の、魔法だよ。って・・・せめて夢の中で・・・。

そうしたら、目が覚めてもそれに気が付かないで、幸せな気分で今日も過ごせたかと思う。

ひまわりが、どこに、なにに、向いて、咲き続けているのか?

その疑問を久遠は夢の中で投げかけてきた。
自分は、自分を見て生きろ。と、いうのだろうか・・・
自分を見続けて追う事を。と、いうことなのだろうか・・・


そのことを、久遠にこの話を訳してもらったら、分かる様な気がして窓辺の妖精と、王子様が後ろ向きだったのをこちらに向かせた。
王様と魔法使い、王女様。王子様と妖精、お姫様。3人づつの人形にふと気が付いた。

(白とピンクのバラが3本づつ。三者三様の愛と恋、そういう意味かも。)

と、思った。私と蓮と久遠。この3人。そういうことか。と、納得した。

急いでバスルームを出て、久遠にメールした。子供はまだ、いつかね。と、一番大事な事を伝えた。それに、この例文を教えてと入れた。


うん。よし。
じゃ、蓮とこ行こ。


・・・。


相変わらず、自分でもよく分からない。二股すぎるだろう。・・・そう思う。

(ま、いっか。)

気を取り直して、制服を着てみる。襟をきちんと閉めてリボンをしたら、気になっていたキスマークは隠れた。鞄を2つ持って部屋を出る。

一つは、学校の。もう一つは仕事用の。玄関先に鞄を置いてiPhone とiPadは鞄の上に置いておいた。キッチンに行って蓮の朝ごはん、と思っても、蓮は全く今日は時間がない。

今日は、蓮が食べたかったら外でにしてもらおうと思う。コーヒーを入れて、ついでに朝の百薬の長、りんご。朝のりんごは黄金のりんご。と言われる程、朝食べるのがいいらしい。これだけは食べてもらおうと思って剥いていた。

新しい物好きの私が選ぶりんごは、何種類か試してみたいと思って買ったりんごがバスケットに入っている。手にとって、熟し加減を確かめた。今日よさげなリンゴの銘柄は、Envy 。なんとも嫉妬という名の、近寄らないで下さい。タイヘン危険。なイメージの香水と同じ名前。

ニュージーランドの人は、なにを思ってこの名を付けたのか。疑問もよぎる。

ルビーレッドの綺麗な色が気に入って買ってみた。そのルビーレッドの皮を残して半分に割れば、綺麗な白と黄色のグラデーションの中。(お~~、綺麗。)思わずウットリしてしまう。甘い香りとこの色味。
蓮が食べやすいように、細めのくし型切りにする。

時間を見ると、時間に正確な二人だから、その時間に正確なもう一人の社さんが来るまで、あと6分。
自分でも、6分。などと思うのは、蓮と生活し始めてからだと気づく。6分なんて今まで思ったこと無い。だいたい5分ぐらい。そんな感じだったのに。

よし。

コーヒーも入ったし、蓮のマグカップを取って、自分にも入れた。コーヒーの香ばしいダークないい匂いがする。


おぉぉ~~~
こ~ひ~ぃ。


コーヒーが飲みたかった。この2週間。アーモンドミルクとミルクをチンしてラテにする。


ぷっは~。
うんま~。


あぁ、キョーコ、
コーヒー入れてくれたの?
ありがとう。


手首に腕時計をはめながら、キッチンに来た蓮は、敦賀蓮になっていた。腕時計は今日はFranck Muller Giga-Tourbillon最近の一番新しいモデル。トゥ~ルビヨン。なんじゃそら?そう思っていたけど、あぁ、そういうこと。時計の下に月、日、曜日、秒の4つの針がそれぞれ回っているヤツの事だと言う。この時計を見た時、お~これぞ、敦賀蓮。そう思ってしまった。

それとは別に、ピンクの時計。6時がハートマークになっていて、ピンクのダイヤ?なのかわからんけど、プリンセスローザと同じ様な宝石が周りを囲んで煌めいている、Franck Mullerと刻まれているのを貰ってしまった。この時計は、チタンの重みと同じ時にくれたもの。ゴーカな時計とBLAXに焦りまくった。
トゥ~ルビヨンではない。のでそんなに高くないよ。そういわれたけど、そんなこと無いだろう。蓮の金銭感覚はズレズレだと、カインヒールの時から知っている。



あっ、今日は
私も、付けさせて貰いました。



見て~。と、時計を付けた左手を差し出すと、その手をちゅっとしてくれる。
時計なんて見てなさそう。でも、ピンクのネイルと、この時計の相性はバツグン。だと思う。

蓮は、カインを終える前ぐらいから、腕時計を変える様になった。
その頃は、私も映画の撮影に入ってきて、時々ラブミー部で敦賀さんに会うだけだった。敦賀さんが時計をいつもつけている事は気づいていたけど、あまり会わなかったのでよく分からなかった。

仕事の事は忙しい敦賀蓮だと分かっているので、忙しい。そう言われたら、ハイソウデスヨネ。としか思わなかった。その頃から、私は久遠と過ごす事が多くなっていった。





.

Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 06.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray