• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.112

Category : Story-I of LDs



ピピピ・・・

パシ!

目覚ましに手を伸ばして勢いよく止めてしまった。

(しまった。キョーコが居たんだ・・・うるさかったかな・・・)


今日は、夢を見なかった。

その代わり、隣の温もりは、まだ腕の中で眠っている。
それに、上もきちんと今日は着ている。横のかけがえのない人も、しっかりシーツを掛けてお腹も冷えてなさそうだ。

そっと腕を頭の下から抜こうと思って、反対の手で頭を持ち上げた。でも愛しくて可愛い寝顔にキスしたくなって、その頭を抱き寄せて、起こさないようにそっと唇を重ねた。

う~ん。と口の中に言われたと思ったら、唇が無意識に動いてきて、ちゅ~っと吸われたので、思わずちゅ~っとこちらもしてしまう。頭の下の腕も肘を曲げて頭を抱き寄せていた。

(もういいや。起こしても。)

そんな気持ちになってしまって、頭を持ち上げていた自由な方の腕がキョーコのTシャツの中に無意識に入っていて、背中を摩っていた。
寝てるのか起きてるのか、寝ぼけているのか、どれだか分からないけれど、俺のシャツの中にもキョーコの手が入ってきて、背中をさすって腰に来て、腰を抱き寄せてきた。

(いやいや、朝から時間がありません。それに、キョーコ出来ないでしょ今日は。)

そんな事を思っていると、時間を忘れてキスしていそうだったので、ちゅ~っと長めに吸いついて、ちゅっと離して目を開けた。キョーコも目を開けている。


おはよ。
キョーコ。


ん~・・・おはよう。蓮。


今日も、蓮。と呼んでくれる。・・・おはよう。クオン。そうならなかった事を心で感じた。いつか、そう呼んで欲しい。でもそれは、まだ。彼女の本心からの愛で、そう呼んでくれる日が来るまで、もっと蓮でも久遠でも居たいのは、彼女の心をきちんと理解して彼女が心から、クオンを愛してくれる事へ、二人で時を過ごしていかなければならない。

悩む事はしない。と決めた。国を担うプレジデントもそう言っていた。
今、自分がすべき事をしてゆくだけに時間を楽しんでいけばいいと、彼女と過ごせる時間を楽しんで行けたらいいと思う。それに、自分が翻弄されないように真実だけを見分けて行く事が、大事だと思う。


ごめんね。
起こした?
でも、起こしてあげるって言ったよ。


はぁ~あ・・・う~ん・・・
ヘンなトコで目が覚めた・・・


なんか、
夢でも見てたの?


うん・・・
まだ、続き・・・見たい。


見れたらいいね。
今夜にでも。


いい夢を。と毎日言ってから眠りに付いている。続きが見たい=いい夢だったんだろう。それじゃぁ、続きが見れますように。と、おでこにちゅっとした。


起きるけど、キョーコは?
もう少し、寝る?
起きる予定の時間まで、11分あるけど。


(さすが、敦賀さん。分刻み・・・11分あったら、11分寝るのかしら・・・)

はぁぁ~あ、起きる。
蓮と一緒に。


ビッグなあくびと共に蓮の背中に入れてた腕を引き抜いて、顔をパンチしないように腕を伸ばして気づいた。足が伸びない。


蓮、足。
も~、離してっ。


そう言われて気が付いた。無意識に腰を抱かれて、こちらも無意識に足を絡めていた。

(ん~、じゃ、11分あるし、俺も11分ぶんだけスピードあげて支度すればいいか。)

足は絡めたまま、それに腕も緩めず背中に入っていた手を上に滑らせて、Tシャツの中から肩を抱き寄せ、下の腕で頭を抱き寄せておでこにちゅっとすれば、伸びをしていたキョーコの手が腕に置かれて、Tシャツの袖から中に入ってきて肩を撫でる。

負けじとキョーコの肩と背中を撫でる。キョーコも負けじと膝下を絡めてきて、ふくらはぎを足の甲で撫でてきた。


時間、いいの?蓮。


ん~・・・11分、
あと10分だけならいい。


昨日、ホワイトニング中のピアノの曲も10分ぐらいだった。お風呂に入る前のDream-Tenも10分だったのを思いだして、これからドラマで敦賀京子さんの為に弾く曲、Love Dreams n.1 & n.3両方足すと10分ちょい、だったので、目覚まし時計の横のiPhoneに腕を伸ばして手に取った。片手でキョーコを抱き寄せたまま、自由な方の手で曲を掛けた。

もちろん、自分が弾いたピアノのボイスメモ。自分でも、どんなもんか聞いてみたかったのもある。とにかく、ロール鍵盤で弾いたものだから、本当のピアノでこれから弾いたらどうなるのか分からないけど、とりあえず曲調がいかがなもんかキョーコの反応をみたかった。
ボイスメモからだと音がよく無いので、一度自分のメールアドレスに添付送信して、メールの方から曲を掛ける。ついでにキョーコのメールアドレスにもCCで送っちゃう。学校のクラスにいるアイドルの男の子たちに負けないように。

(まぁね~、J事務所のアイドルに負ける気もしないけど・・・。)

抱かれたい男日本一。の敦賀蓮が負けるわけなさそうだけど、キョーコがナツを演ってからと言うものの、カリスマ女子高生として取り上げられたりしたのを見ていた。
雑誌にテレビ、ナツはプリンセスローザのおかげ。とキョーコは言うけれど、プリンセスローザをつけて学校には行ってない。それでも、キョーコを一目見ようと人が寄って来るのだから、女子高生の姿のキョーコが心配。役を憑けていれば役のままでいるけど、キョーコのままだと素直すぎるし人を傷つけまいと自分がガマンするタイプだし。

・・・そんな心配事で時間が過ぎるのがもったいない。

(キョーコを信用しているのだし・・・。)

胸に頬を寄せて微笑むキョーコを片手で抱き寄せていた。目を瞑っている。また寝ちゃうのかもと思ったけれど、10分寝かしてあげてもいいか。と思いなおす。IPhoneを枕元に置いて、両手で頭を抱きしめた。心の中で思う言葉。

(夢の続き、見れたらいいね。)


ねぇ、蓮・・・


ん?・・なに?


寝てなかった。シャツの中に入っている手が肩をぎゅっと握った。俺は、キョーコに昨日付けた、耳の下の首すじに付けたキスマークを撫でていた。
初めのバラの花びらが付いていたところ。そこから顎まで指を這わせて、唇を撫でた。
その指にキスをされる。胸に耳を付けて聞かれる心臓の音が早くなっているように感じる。


これ、弾いた時、
何を考えていたの?


えっ!?

(これ、録ったの何時だっけ?確か、3日ぐらい前あたりか・・・?)


すごく・・・落ち着いてる。
淡いピンクの色が溢れてる。
心臓の音がね、この時・・・
ゆっくり、ゆっくりでね・・・

幸せです。って言っているみたい。

・・・ありがとう。


目を覗かれて唇が重なってきた。優しいキスが繰り返し、曲が終るまで繰り返しされた。
今の言葉に、もし今同じ曲を弾いたら、少し早く弾く事になったかもしれないと思う。

(な~る。心音ね・・・。覚えておこう。)

演技中にカメラの前でそうできるか分からないけど、奥さんのいう事に間違いは無い。奥さんがそう聞こえるのだから、きっとテレビを見ている人にも、そう伝わるかもしれないと思う。

(確かに、弾いた時は、キョーコお手製のお菓子とかで、毎日幸せだった。)

叫びたいほど幸せを感じていた時だと、思った。悩む事はいろいろあったけど、幸せがいっぱいだった時。・・・それじゃぁ今の、他の男の子に目をやらないでね。っていうのも、この心音から感じ取っているのかと思う。


今の・・・俺、
・・・何色に、感じるの?


唇を離したところで聞いてみた。目を見ようにも近すぎてよく見えない。答えは無くすぐに唇を塞がれて、足が内腿で挟まれているのを感じる。頭と背中に腕を回して抱き上げ、体の上に乗せる。シャツの袖から中に入れられていた手がするっと抜け、頬を両手で包みこまれて、体重を全部俺に預けている。
頭と背中の腕を彼女の両肩に移して、グイッと肩を押してキスを離した。


答えて。


そう言っても、微笑むだけで何も返事は無い。曲に合わせて優しく動く、その唇の動きにあわせてキスをされるのを止められなくなっていた。


ねぇ、重い?


キスが離されてそう言われても、もう離したくない。返事なんかしなくても、重くないよ。の返事の代わりに、もっと抱き寄せてキスしてあげる。
頬を包まれていた手が首に回されて引き寄せられると、挟まれている足の膝下を絡められて、ぐるっと半回転されて、俺が上になった。


重い?


同じ様に聞いてみた。首に回されている腕が頭を包んで抱き寄せられると、また同じ様に優しいキスを続ける。ゆっくりと唇を動かして、ゆっくりと舌を絡め合って、ゆっくりと呼吸して。
目を閉じていても感じる。どこに昨日の夜、愛してる。と白いその肌に付けた印の場所。
胸の間と、首の付け根と、肩のところと、耳の下と・・・指先で撫でていた。どんなに君を大好きなのか。

(あぁ~~・・・もうすぐ、終る~・・・)

自分で弾いているのだからもうすぐ曲が終るのは分かっている。もっと、朝の時間のない時でなかったら、もっと続けたいのに・・・。この甘い時を~~~。



あのね・・・女の子はね、
男の人が上に居る重みが好きなの。


曲が終ったと同時に、すぐに返事が返ってきた。確かにお互いの体重を乗せあう事は、俺も好き。肌を重ねてて、重いなんて思ったこと一度も無い。特に好きだと思うコは。


・・・俺も。
男も女の子が上に乗っても、
その重さが心地よく感じる。


じゃあお互い様ね。
んふっ。


ちゅっと一回だけ短く唇にされて、そうだね。と同じ様にちゅっと返す。本当に起きないと8時前に社さんが来てしまう。
低血圧気味だった今までに比べて、キョーコと一緒に住んでから体調がいい。カインの時にも思ったことだったけど、食事の栄養管理されているので、すんなり起きれるようになった。

抱き寄せていた腕も、名残惜しいが、う~ん。と伸びをして離し、ストレッチしようと思ったけれど、ストレッチにかける5分、10分がもったいない。とりあえず腕を一回づつ伸ばして、ゆっくり起き上がるように腹筋1回だけして起きた。

今日は朝一は、雑誌のインタビュー。色気を出して来い。と、社さんに昨日帰るとき言われていた。本当に身支度しないと間に合わない。朝からイロケね・・・。そうも思ったけれど、スケジュールの都合上、朝になったらしい。

(何を着て行こうかな・・?)

最近はDreams の稽古が朝一で弁護士風が多かった。今日はポスター撮影だから服も要らないし、なにせインタビューの方が先。それに打ち合わせが2本らしいから、ネクタイもジャケットも要らない。

雨の音は聞こえない。昨日ずいぶん降っていた雨はどうなんだろう。キョーコには雨の通学が電車かバスだとかわいそうだ。
窓によってカーテンを開けた。曇っているけれど雨は降っていない。時計を見たら社さんが来るまでに35分しかない。でもでもそれでも、キョーコと離れるのが淋しくなってベッドの上で座ってボ~っとしているキョーコの頭を撫でて、はいはい、起きましょうね。と促していたら、早く支度して。と、言われた。

(・・・うん? 頭が重いのか?)


キョーコ、頭、重い?
痛いの?


こめかみの辺りから頬にかけて、浮腫んでいる。寝返りが打てなくて浮腫んでしまったのか、それとも生理痛なのか。手の平をこめかみに当ててぎゅーっと押してあげる、頬骨も。耳の後ろのリンパの筋も首を傾けて伸ばして、ちょっと角度をずらしてゆっくり頭を手の平で挟みながら首を引っ張って、右に、ゴキっ。左に、ゴキっ。親指で首と頭の付け根を押して中指でこめかみを押して上に引っ張って、はい終わりだよ。ともう一度ちゅっとして、バスルームの方に急いだ。もう本当に時間がない。

自分の腕の匂いを嗅いでみる。シャワーはいいか・・・。と思っていたけれど。ずいぶんTrue Loveの香りが付いている。

(これじゃぁ、バレバレだよな。女の子と居たって。)

特に、オシャレなトレンドのファッションを扱う女性誌なんかのインタビューに行くのだから、香水の香りなんかも知っているだろう。特に女の人ばかりの場所に行って、抱かれたい男のコメントインタビューなんだから、抱かれたい人なのに、抱いてましたよ。感を出さないようにしようと思う。急いでシャワーを浴びて、浴びながら何を着ようか考えていたら、鏡に映る自分の首と胸の昨日付けられたキスマークが目に入る。

(う~ん・・・この辺は隠していかないと・・・。)

そう思って着る服を考えていた。
ちょー特急で急いで髪と肌とケアして、クローゼットで着替える。シャツはボタンを開けたらちょっとキスマークが見えるし、かといって中に何か着るのも色気がないし、全部ボタンをしめてストールするのも、この前、久遠の時にあったキスマークを隠すのにしてたようにすると、キョーコに何か感付かれそうだし。

(そうそう、それじゃぁ、この前キョーコに貸した、太目の革のチョーカーはいかがなもんか。)

そう思ってジュエリーが入っている引き出しを引っぱりだして、おっ!と思いついた。
とりあえずチョーカーをつけて、ま、隠れた。よし。そう思って今度は、左の小指に入る指輪を探した。

(Chrome Heartsじゃないやつ。久遠がこれからそっちはするから、そうじゃないもの。)

ま、アルマンディでいいや。おれの所属だし、ついでにDreamsの衣装もみんなそうだし、スポンサー様になったし。・・・それなら、アルマンディじゃないとだめだ!という気に成った。

(イニシャルもじってあるのもでもいいか。役名も今回、敦賀蓮だし。)
!!

なんか、思いついた。うふふ~。そうそう、そうしよう。そうしよう。
しからば、さっそくEarlにメール、後でしようと思う。

今日はとりあえず、コレかコレかコレ、と3つ持って出かける事にした。

社ガードに入っている久遠のiPhoneとiPadはカバーもそのまま鞄に入れた。時間がない。
後で時間が出来たらクーとジュリ、そしてキョーコにメールするつもりだった。社ガードにiPhoneが入っていたので、メールの着信が着替えている間にあったのには気づいて居なかった。




Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 06.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray