• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.111

Category : Story-I of LDs





・・・・だから、それをこれから・・・
――――― 俺は・・・?


どういう風にそれをすればいいのか考えていた。

夜中のこんな時間が好きだった。しんと静まり返り、空気の匂いが分かる様なこの時間。
曲を創るのには、無になって考えられるこの時間。


腕を組んだまま、ずっとピアノ前に座っていた。何をするでもなく考え続けていた。

自分のこれからが、どうで在りたいのかを考えていた。
キョーコにしなければならない事も、そのまま放ったらかしにはできない。テキトーにしていては、本当に謝った事にもならん。
そうなれば、キョーコの本当の心なんて掴める筈も無い。
ただ、プロモの撮影に入って映像と曲を併せて、一般人なら溶けてなくなる様にはできるが、キョーコは手ごわい。子供の時と違って、自分で作ってしまった壁。その壁を壊す事ができなくても、とりあえずは登って向こう側のキョーコを見てから、どんな風に壊していくか、それとも回り道をするか、そんな風に様子を見ながらやっていくか。と、決めた。


よし!


One Loveに続く曲。あの後には、自分の未来を描いていこうと思う。
謝罪、懺悔、後悔を綴った曲は、不敗神話の序章のOneside Love 片想いアルバムに出るし・・・。


・・・・・。

(片想い・・?この俺様がぁ~? ハン、笑える。)


プッ。

自分でなんで面白くなってしまったのか見当もつかないが、キョーコがもともと俺に片想いしてた筈だったんだよな。なんで今更キョーコに・・・

(ダメダメ、だめだ。・・・なんで今更。なんて思ったら絶対!キョーコが戻るわけねぇし・・。)


そっか・・・俺、

キョーコの事、
こんなに、こんなに、
実は・・・

昔から好きだったんだ・・・な。


ピアノに腕を伸ばし、頭を伏せ・・・そうだったが、楽器は大事、俺の命。カバーを締めるのも面倒だったので、立ち上がってギターを弾くときの椅子に座った。横のテーブルに付箋紙と音楽用のタブレットが置いてある。

何を書くのか分からないけれど、とりあえず鉛筆を手に取って、鉛筆の後ろでペシペシ、紙を叩いていた。・・・曲は浮かばない。

ならばと、鉛筆を置きタブレットを取って、ドキュメントの新規用紙のページを開いた。ずーっと、何も書いていない画面を見続ける。・・・詩も思い浮かばない。

ギターを手に取ってみる。ピックを持ったがとりあえず、ジャラ~ン。と一度弾いたきり。
・・・何も思い浮かばない。

ギターを戻してテーブルの上に、腕を組んでその上に頭を伏せた。


はぁぁ~~~


ため息は、出た。
何も浮かばない、何も出ない。なのに、深いため息だけが出る。もう一度ため息でいいから、出してしまおう。はぁ~・・・ぁぁあぁ~・・・ 叫びも混じって出た。


自分の中から、何かが出る事が、生きている事を感じさせた。
自分は、生きていて考えられる。壊れてしまうアイツには壊れ行く恐怖があって、自分を生きる事に一生懸命にならないと、生きてはゆけない。のか・・・と、思ってしまった。

自分のアンドロイドを取り出して、サーチしはじめた。
Chopin;Fantasy-Impronptu n.4 in C sharp Minor, Opp.66
そう入れて、どんなピアニストが出るのか試してみた。たくさんの有名なピアニストが出てくる中に、アイツの曲も入っていた。

アイツの幻想。そんな感じに思えた。
壊れて行った先に、人には自分の存在が幻想として残るようにと。
そうなるかもと、思いを込めて弾いた事のように思えてきて、淋しくなった。

自分の存在を世に煌びやかな世界で主張し続ける俺達の職業は、光のように手にできないもので、手を伸ばしてかざしても、手を伸ばして掴もうとしても、何も無い空気の様な世界で、ただ目を引いているだけのものだと。

足元が崩れそうになった時に、目の前が真っ暗に見えた。光の世界から、追放される恐怖。
何もない空気の様な世界なのに、その輝く世界に憧れて、入ってみたら何も無かった。
どこまでも光が輝いて、どこまでも光が拡がって、どこまでも光が煌めいて、どこまでも光が瞬いていて、その世界に踏み込んでなお、それでもと、自分でも前の光を見つめて突き進んでいく事への欲望が湧き、欲望に忠実に自分の力を出し切るだけの、それが自分の結果。自分に限界があったとしたら、そこで終わり。
限界に限界を持つことなく、その限界を超えようと努力を惜しまない裏と、この光の世界で、その裏をほのめかす事も無く、そこに居れるだけでいいと願う表と、いつも背中を合わせていた。

アイツには、裏の冷たい闇のような限界に限界が来る・・・そこから、光の世界に居る自分に助けを求めて、戻れるようにと願った・・・?


のか?
アイツ・・・


(なんなんだ。アイツ。)

もし戻れない時は、幻想でいいから人の心に残って欲しいと願って?
それとも、自分が戻れるようにと思って、意識や思考が囚われないうちに、保険を掛けた?


たぶん、どっちかだ。
いや、どっちもそうかも。
前宣とか、抜かりねぇアイツだ。


アイツの幻想即興曲と、その他何人かのピアニストのこの曲をwi-fiの入るここでダウンロードした。ダウンロードしている間に、自販機に向かって、あったか~い。物を買おうと来た。

しるこ。コンポタ。・・・どっちも、要らない。レモンティが飲みたかった。

どっちみち何も手に付かないので、帰っても祥子さんも居るしで、外を歩く事にした。スタジオにもどって、携帯にダウンロード済に成っているか確認して、イヤホンを付けて聞きながら外に出た。来る時も雨だったから、傘を差していれば変装しなくても大丈夫だろう。と、思っていた。


ザ――・・・

雨は止んでいない。雨が降り続けるこの季節、もうすぐこの季節が終ったら太陽がさんさんと照らす暑い夏が来る。


その夏に、一ヶ月丸ごと、キョーコには逢えなくなる。それまでの、この一ヶ月の内に、アイツのこの事を、キョーコに伝えてもいいのだろうか・・・?

生まれつき五感の優れている俺にとって、聴覚と音感はこの業界に入ってからさらに、研ぎ澄まされてパワーアップしている。それと感情。気持ちを出す事がこんなにも楽しく、こんなにも辛い事だと、今までどんなに思ってきたか。

人の感情が、音階から読み取れるこの才能は、自分にとって都合のいい事もあれば、このように知りたくない事を無意識に悟らされる事もあって、苦しめられる。

レイノ。あいつも優れている。視覚、見る事のできる。思考を読むのは、あいつは視覚から。
俺は、聴覚、音感から、気持ちが分かる。レイノほどはっきり見えると宣言できない。曲の中の感情が、自分に憑依するように溢れてくる。

俺とレイノは似ていると、思う。

他の女からは感じられない、自分に合った自分の求める、自分を高めてもくれるオーラを持った女が、キョーコしかいないと思う事が、まずそれ。
自分にあったオーラを持つ人を。しかも、その人のオーラを探せるという特異体質。

子供の時に、近くに居過ぎたんだ。近すぎて見えなかったと。
遠くの光に目を向けてばかりいて、灯台下暗し。灯台の下に居すぎて、灯台が見えてなかった。
離れてみて、気が付いた。戻れと。そこに居たじゃないかと。

でも、離れてみなかったら、傍に居すぎていたら、遠くの世界に憧れ続けただけで、自分から出て行こうとは思ってなかったかもしれない。居心地のよさを感じながら、そこに一生留まるだけの、生活。

(・・・例えれば、旅館の跡継ぎ。と、その女将。)


傘を差して俯きながら歩いていて、考えていた。今の不破尚には、不破松太郎で人生をまっとうする事は、いくらキョーコが傍に居ても、それで幸せだっただろうか?

遠くの光に憧れ、この海のように広い世界に飛び出したヤツラは、遠い海の果てから光を見つけると、その光に行こうと向かう。俺も含めて、この光を見つけて、こちら側に寄って来たヤツも居るという事。自分が元々いた場所には、気が付かないでいた。自分の元に戻ろうとしても、でももう、遠くから来たヤツと同じところに今居るとすれば、そこに戻るのではなく、其処に、同じ様に向かう・・・。


そうだ・・・!
そうなんだ。

― 戻れない時を悔やんでしまうのは、なぜ・・・

自分で創った曲。
戻れなくても、いいんだ。もし時が戻れてその生活をする事ができても、跡継ぎと女将の人生で、自分が幸せかどうか考えなくても、分かる。・・・幸せじゃない。

光を求めて世界に出た。この不破尚になって。

(ただ、一つ・・・誤算・・・。)

いろんな人が居るこの世界。レイノのように、俺みたく優れたヤツがワンサカ居るところ。
その広い海で、沈められそうになる事もある。自分で深い海に嵌る事もある。
自分から落ちていく事を実感しておきながら、止められないものも居る。
それが、心地よく感じるものもいる。深いところに嵌りっぱなしでも、そこが幸せと感じるヤツもいる。って、事。なんだよな・・・。


ま、俺は、上がいいけどな。

光の世界。俺の場所だよな。そこが・・・。


(アイツ、敦賀蓮。深い場所に沈んでいると感じたこの曲・・・。)

アイツの弾いているピアノの曲を聴き続けていた。

深い所がいい所なのかどうかという事は、自分で決める事であって、それが分かってねぇって事なんだよな。きっと。もしや意外に、そこでもいい事あんじゃねぇか?
俺は、自分では上がイイと思っているだけで、深いところを見ないで来ているって事かも。
深い場所も見ておく事が、アイツの事を分かる最短手立てなのかもしれない。
でも、どこまで深いのかが分からないから、アイツ自身も恐怖を感じているって事か。
・・・そこには、怖くて行けないかも知れない。
もう、戻れないかもしれない。良いか悪いか分かんないのに、行かなくてもいいんじゃないか?
でも、行って見ないと分かんねーって事なんだよな。たぶん・・・。

そこにキョーコも連れて行ったら、もう二度とキョーコは戻ってこないかもしれない。

フィールドの違い。そんなんじゃない。
アイツは、こっちのフィールドにも入ってきている。この曲で。そして、これからもだって、ミルキちゃんは仄めかしてたし・・・。


違うことを思いついていた。違うピアニストの同じ曲を掛けた。何が感じれるのか試してみた。
ピアニストは、アーティストだから、言葉の無い感情を指先で表わせる。


アイツの曲だけ、重すぎる。
ポッと出の、素人のくせに・・・。


また、怖いと思った。こいつの落ちている深い所に自分も落とされていくと思った。コイツを敵対視している事に。自分も落ちていたと感じていた事にも、キョーコを自分で差し出したと、いう事も、キョーコを奪い合っているだけではないと、思った事も。コイツの深みに自分が嵌っていくように、コイツに仕向けられているのかもと思うと、コイツの存在自体が怖い。レイノのように、避けて通れるならそうした方がいいのかもしれない。・・・・・キョーコの事を置いて。


ずっと歩いていて通りすがりの人には、全く俺だと気が付かれなかった。俺の曲をダウンロードして聴きながら帰宅している、キャバ譲。雨の音も車の音も、傘も音を遮るように前に向けて、自分の耳にはアイツのピアノの曲。それでも他のところからも音が聞き取れる。

その小さく聞こえた自分の曲は、もう一つのミルキちゃんが企んだ曲。・・・To Me。

自分に、言い聞かせた、自分に、問い出した曲だった。

― 答えを探してても、きっと見つからない
分かっていても、なぜかいつも、探し続ける僕がいる
何も考えないで、恋をしてた頃
傷つく事も、怖くなかった
いつから、変わってしまったの・・・
このままじゃいけないと、心の中分かっているよ

それでも、出会えた、君という人と
かけがえのない人だと思うよ
僕は何度でも人を愛せるんだね
未来が分からなくても・・・この全てで____


そうだった。今ちょうど思っていた事と同じ事。
答えが分からないから、自分を探し続けて、何も考えないで恋の歌を気楽に歌っていれば、気楽でそれで幸せだった。もう一度、キョーコの元へと戻りたいならば、自分が傷ついても怖くない。敦賀蓮の様に深く落ちる事に。
光の世界に出てみて気づいた。そしてその光の世界に、キョーコも飛び込んできていた事。
同じ世界で、また、出遭えた。キョーコの足元にいて近すぎて見えなかったけれど、飛び出してからも運命のように、また、今度はこの光の世界でキョーコと出遭えた。もう、誰にも代えられない。同じ世界に来たキョーコは、光の世界で生きて行きたい俺にとっては、最強の相手。
僕は何度でもキョーコを愛せる、その未来が跡継ぎと女将だったとしてもキョーコを愛していたかもしれない。でももう俺にとっては、ここでキョーコを愛せるならば、この世界で生きる俺とキョーコの方がいいに決まっている。本当は何も無いこの世界で、俺にも京子にも未来に何の保証も無い。けれど、俺の全てを出し尽くすことを約束した軽井沢のあの日から、全ての俺で元の光に戻れるならば・・・


キョーコのマンションの下まで歩いて来ていた。窓は真っ暗。でも時間的に居ても寝ている時間だと思う。


雨が・・・
自分の後悔を全部流してくれたらいいのか?


(違う。後悔は、キョーコを傷つけた事だけだ。その謝罪は必ずしねぇとな・・・男として。)


逢いたいと思う事は、今ではない。
もっと自分に後悔への懺悔の準備が出来てからだ。
それから、逢えばいい。その時、逢いたいと思えば、いつでも・・・運命で引き寄せられて逢えると思う。
自分が今するべきことは、逢うことではない。


近くの自販機に、あったか~い。レモンティを発見。
この季節、あったか~い。を探すのにも一苦労だった。しるこ、と、コンポタは有るくせに。
コーヒーも飲まねーし。


おっ!
キョーコんちの方に来て正解。
キョーコ、すげ~。俺のこと分かってんな~。


キョーコの自販機ではないが、キョーコのおかげと思う事は、一歩、俺の気持ちを前進させたと思うのと、一つ、気に成っていた、キョーコが部屋に居ないことを、慰めてくれたような気に成った。

両手で缶を包んで、温度を確かめた。あったか~い。この両手にこの温かさが伝わる。

冷たい砂の上にいるような一人ぼっちな気になっていた。
夜明けが来ると、また、光が俺に差してくれるようにと、願って付けた詩。

キョーコん家の近くで暖められた手で、携帯を取りだして自分の曲に代えた。これから、キョーコとプロモを録る一つ目の曲。
“ 運命の人”そのまま、今思ったこと。運命に導かれるように、この世界でも出逢えたことに感謝ものせて行こうと思う。深いところにいるアイツは神ではない。神はほかに居るのだからアイツだってその神に祈っている。神様が居るとしたら、アイツと同じ神に俺だって祈る。感謝の気持ちと共に・・・・

自分のこの曲を聴きながら、スタジオに戻った。両手を暖めてくれるレモンティは、スタジオに着くまで冷めないように、ずっと懐に抱えてきた。

ギターの傍のテーブルで缶を開け、飲みながらタブレットを開いた。
今帰り道、思いついた詩をタイプし始めた。それと同時に旋律が頭に聞こえてきた。そのワンフレーズの旋律をギターを取って弾いてみた。
ギターを置いて、ピアノに向かってピアノで確かめた。1オクターブ上にしよう。そのほうが良い様に聞こえる。いや、ソをレで、同じフレーズにして弾いてみる。違うな。半分あげてラから・・・
そんな事を続ける事は、自分が眠いとか思えないほど真剣に集中できる。
この時間が、自分のこの姿の自分が好きだ。
自分のことに一生懸命に努力を惜しまない姿の、裏の俺。

ピアノを弾く指には、ライブ用に塗ってもらった、シルバーのネイル。

衣装を着けてメイクしてもらって、マイクをつけて、光のまぶしいステージに立つ、表の俺も、大好きだ。


時間が過ぎるのは早すぎて、集中し始めると止まらない。

天井の近くの細長い窓には、外が明るくなってくるのが見えてきた。

・・・雨はまだ降っている。

小雨に降り続けるこの空にも、夜明けがいつも来る。

夜明けの早いこの季節、冷たい乾いた砂の上に一人で努力していても、乾いた心をしっとりと濡らしてくれる様なこの雨でも、夜明けが来ると信じる事 ―――――。


憧れた世界にどっぷり浸かれる事が、深いところに嵌って行く事なのかも・・・しれない・・・


信じて・・・いよう・・・
自分の全てを。


深いところに嵌って落ちていくアイツも、自分の世界に落ちているだけなのかも知れないと思うから。




Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 06.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray