• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.110

Category : Story-I of LDs
.


・・・Jewel と言う、ニックネーム。


JuelliAnna Hizuri

ジュリ Juelli と呼ぶ人もプライベートには居る。クーも俺も。
モデルとしての彼女は、Juelジュエル。生きた宝石と称される彼女にぴったりの愛称。
Juel のueの綴りから、俺の名前も貰った。Unusualな綴り。
Chuehonn 彼女の故郷の国の綴り。

クーの本名、Ch
ジュリの本名、ue
そして、その二人の The one 一つの命。

Chuehone 
自分で変えた最後のeは、自分が日本に来る時にnを付け代えた。
end のe に感じた自分のクオンをEndに。でも人生を終らせたくはなかったから、
Andのn として置き換えた。

もう、俺は、産まれたときから、クーとジュリの二人の愛だと思われていた事を、この名前から知れた。The one その一人の人として、一つの愛で、キョーコを学校にも仕事にも送りに行き、迎えに行く事にも憚り無く愛せる日が来るのは、いつだろう。

“ 最後の結果が出るまで、分かり知りえない。”

そう、待つしかなくて、そのために前に進んでいく事だけに専念すれば、いい。



そんな思いに駆られていた。リビングに行ってお互いのディバイスを取って、彼女は自分の部屋に教科書を持って、明日の教科書を揃えに行った。

書斎によって、ジュリの手紙を開けた。ふわっと香ったジュリの部屋のDEICAの香り。蓮の全て。
蓮に戻りなさい。そう、母親に言われたような気がした。今は、蓮なのでしょ。その様に言われているように、宛名、Mr.Ren Tsuruga それをジュリの手書きで見ると、ジュリにそう言われている、と思った。今の一瞬、クオンに戻った事をジュリは考えていたのだろうか。
子供ができたかも知れないと言うこの出来事に、クオンになるかもしれないと思わされて悩み、結果が出て結果オーライになった今のこの自分が、偶然にも親には分かっていたような感じに思えた。

(親って、なんでも分かるもんだな・・・。以外に。)

離れていても、どこかで繋がって居るのは、同じ血を分けてもらったからなのだろうか。
親の深い愛情をこうして感じられたのも、自分が親になるかもしれないと思った事で、この親の愛を理解でき素直に受け止められる今の自分があることは、自分のこれからの人生にも、今の人生にも必然だったのかもしれない。
これが分からなくしては、人を愛する気持ちにも、いろいろな種類がある事が解ら無かったかもしれない。


手紙は、カードだった。
来月、クーが日本に来る時に、自分も来て、その時に食事に誘う招待状だった。

(そうそう、テスタロッサ。あったな・・・。久遠のスケジュールどうなんだろ?)

追伸は、大切な人を連れて来い。と、クーの手書きで書かれている。クオンの大切な人。久遠でも蓮でも大切な人。一人しか居ない。そうそう、10歳のクオン君。

(明日、久遠からメールしよう。)

クーにも、ジュリにもメールしようと思う。ジュリのメールアドレスも書いてある。クーの方は社長に聞けばいいだろう。それと・・・

大切な人。More important than nothing above substitute そのように書かれていて思う。
引き出しの中に入れた不破の曲を思い出していた。アイツも言っていた。日本語。

・・・なるほどこの意味。カケガエとは、掛け替えかと。

かけがえのない人。だと思う。自分にとっても、大切なかけがえのない人は、彼女だけ。
キョーコにも、久遠からしばらくメールしてなかった事も思い出した。キョーコは久遠に伝えたい事もある。それに、返事のしばらく無かった彼氏に、どうやって連絡しようかきっと迷って、英語の質問をしようと思ったに違いないと、今、気づいた。蓮と一緒に居るけれど、蓮の事を好きでも、久遠にも同じ様にしたい。と、思ってくれていた事に気づいて、嬉しかった。

なんでも、結果が出ないと分からない。
もがいて、あがいても、どうにもならない事もあって、それには待つのみ。
他の自分でせねばならぬ事に時間を費やして、待つ事が、自分の為には最良の方法。そう、プレジデントも言っている。国を担う人の言葉は、ちがうな。な~る。為になった。

そのぺージに、ジュリからの手紙を挟んで、本棚にしまっておいた。

書斎の電気を消して、キョーコの部屋に迎えに行った。かけがえのない人、今は蓮にとっての。

そのかけがえのない人でも寝相の悪い彼女は、お腹が出ないように、きちんとパジャマのズボンを履いていた。

(なんか、おそろい。っぽい・・・。)

自分のTシャツに、パジャマのズボンが珍しく黒だったので、自分も黒にしよっと。と思う。

(そっか、生理だから、黒なのか。)

そんなことにも、気が付いた。手に持っているポーチも女の子の日の必需品なんだろうな。

くすっ。

おもわず、笑ってしまった。なんか、夫婦みたい。なんでも最近よく分かってきた。彼女の体調のことも、彼女のメンタルな事も、なんでも受け入れて解りあって来てそう思う。それに、明日から本格的に、夫婦の役。しないといけないし。色気全開の敦賀蓮さんは、今回このドラマには必要なさそう。お茶の間の皆さんが思う敦賀蓮さんは、他の現場ですればいい。
その敦賀蓮さんも、続きのドラマに出れるしね。理想の男、続き。

(貴島に明後日、会ったら言ってやるかな。京子の許婚しろよ。と。)

そうそう、その問題もあった。新開監督だよな・・・、そのドラマ。それと久遠の、奥様は魔女。もあったな。同じクールで。

(ん~。・・・)

いろいろ考えながら、キョーコと手を繋いで、一緒に玄関の鍵を確かめて、廊下の電気や、部屋の電気、(あ、キョーコ、そこ消して。)そっち側は彼女が消して、(蓮はダイニング消して。)
こっち側は、俺が消す。繋いだ手を離さない様に。

キッチンでお水のボトルを一本取って、シェアした。
ナンダかんだ言って、キョーコの背中にわざと、赤いバスタオルが嫌で水をこぼしてから、キョーコは水を一口しか飲んでいなかった。本当にごめんね。本当のTrue Love Eternityをキョーコが選んでくれていたのに。
キッチンの電気も二人で消して、そっちとこっちと消しながら部屋に来た。クローゼットに行ってパジャマに履き替えている間に、キョーコが歯磨きをしている。

(あれ?部屋でして来なかったんだ。)

そうも思ったが、自分もまだだったので、横に並んで一緒にした。確かに部屋から出たとき、ポーチ持ってたな。と思い出す。歯磨きしながら聞いた。


それ、
お泊りセット?


うん。そう。
今日は、蓮の部屋にお泊りだからね。


(同じ家の中なのに・・・。)

そうも思ったけれど、なんだか、なんだか、きゅんきゅんするぞ。 お・と・ま・り。この響き。
同じ家にお泊りしてますよ。毎日! ・・・でも、いいかも。夫婦じゃないしね。本当に。
本当は、彼氏と彼女だもんね、まだ。

(たまには、お泊りゴッコ。アリかも・・・。)

夫婦ゴッコに引き続き、お泊りゴッコも悪くないけれど、寝相の悪い俺達にとっての安眠を確保するには、たまには離れて寝る。こっち側を優先しよう。
お泊りゴッコは、常で、家庭内別居が、たまに。・・・でもそうしたら、お泊りゴッコは、ゴッコでなくなりそうだな。とも、思ったりしていた。キョーコは歯磨きを終えて俺のタオルで口を拭いている。


キョーコ、い~って、して。


い~っとする彼女の歯に、ホワイトニングストリップをぺタッと上下に貼る。


いい? 芸能人は歯が命。
10分ぐらいそのままね。


ウインクして、キョーコの唇に人差し指を当てて、しーっと促した。自分もぺたっと貼る。傍に置いてあったiPhoneから自分でドラマ様に練習したピアノ曲を流した。

Songs without the words – Hidden heart , To Love again

言葉の要らない曲より ____

“ 隠れた気持ち。” それに・・・

“ もう一度愛を。”


この曲が、偽りの愛だったかもしれないと思って彼女を抱いてしまった事への謝罪の気持ち。
偽りの人で居ても、結果オーライの日が来る時まで、悩まないし、気にしないようにしたいと思う。それまで、久遠ヒズリも敦賀蓮も、それぞれ自分の道を創る事に専念しようと思う。

この、かけがえのない人は、自分たちを望んでくれている。

彼女に彼女の幸せを考えて、彼女が自分で選ぶ路をも与えていかないと、自分も一人の人になって幸せと平和の日々を望むなら、それまで自分の事に専念して、こちらに振り向かせる事が大事だ。と、思う。

曲のタイトルは言わないし、今、口が塞がっていて、しゃべる事も出来ない。

不破の曲から、ヒントを貰っていた。子供の頃の彼女を知る人だから、彼女の事をよく分かっているとも思う。そこはそこで、ヒントを貰ってもいいか。そう思った。そこに嫉妬しても、何もならない。そこに自分から心を開いていけば、彼女の心は見えてくるかも知れないと。

Hidden heart 彼女の、隠れた心。に。
To Love again もう一度、本気の愛を、捧げる。


(明日の、撮影。楽しみだな~。)

どうやって、本気の愛を見せよう。そんなことを考えていながら、黙ったまま抱き寄せて、頭を撫でたり、頬をつねったり、鼻をつままれたり、髪をボサボサにしてみたり、髪を七三に分けられたり、いろんな事を微笑みあいながら二人でしながら・・・。言葉は要らない。自分の気持ちを込めて弾いたピアノの曲は、君の為に練習してきた。キスもできないこの10分。たまには、こんなのもいいかも。


曲が終って、ぶくぶくして、二人で一緒にベッドに入った。


お休み。いい夢を。


電気を消して、キスをし合えば、もう寝相の悪い、かけがえのない人は、枕ポイ。して、抱き寄せていた肩に顔をうずめたまま、寝息を立てていた。

(・・・こんな光景も、不破の曲に入ってたかも。)

そんな事を考えながら、幸せをかみ締めていたら、お休みなさい。キョーコ・・・
自分も眠りに誘われて行った。不破の曲が耳に残ったまま・・・。



― ・・・・、僕の肩に顔をうずめたまま、
  寝息を立てる、何よりもしあわせ、だったよ ― ・・・・・・

・・・もう、戻らない時だけを、・・・悔やんでしまうのは・・・なぜ?


(俺は、もう悩まないし、それには・・悔やまない・・・ぞ・・・)

そこまで、考えていて、眠りに誘われる・・・。となりの温かい体温と、True Love Eternity 永遠の真実の愛、白い香りと共に・・・






Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 06.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray