• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.109

Category : Story-I of LDs
.


ねぇ、蓮・・・
右と左、どっちがいい?



______ えっ?


何をキョーコが言っているのか分からない。右と左ってなんだろう?選ばないといけないのか聞いてみようと思っていたら、首に回されていた腕が外れて、キョーコが目の前に差し出したのは、二つ。赤いチューブと白のボトル。


赤と白。

赤は、久遠からの物よ。
白は、蓮からの・・・気持ちでいいの?


そう言われて気が付いた。赤の偽りの愛。蓮の愛だと感じていた、敦賀蓮に似合う赤い物。それは、もうすでに久遠からずっと前に贈られていたもの、Red Door赤いチューブ。
そして、キョーコが初めて付けてみたいと思ってくれた、この部屋に来た時に置いておいたもの。True Love Eternityの白いボトル。

(そっか・・・逆。だったんだ・・・実は・・・。)

今、自分でも感じていた偽りの人格での愛は、うそ臭い愛。と、前に社長にも言われた様に感じ役者の敦賀蓮になっていたけれど、蓮の本心は実は、Ture Love Eternity 永遠の真実の愛。だと。キョーコに無意識に贈っていた事を突きつけられて、自分が敦賀さんとして最上さんに想ってきた時間の分だけ、久遠よりも愛が深い事を、まざまざと今キョーコから見せ付けられた。

その瞬間、敦賀蓮さんが自分の頭の中から、さよなら、違う現場で。と言い残して去っていった。

二つの香り。赤は、男を誘う。心も愛も無く、頭ではNoだけど、体はYesと言う関係。
白は、愛していると心から思う、頭も体の関係もYesだということ。Noはそこには無い。


じゃぁね・・・


そう言って赤いチューブをキョーコの手から取って、押し倒しそうだったベッドの上に置き、水色のバスタオルをそっと解いて、その上に被せた。キョーコは下だけ下着を履いている。

(そ~だった、女の子の日になったんだったっけ・・・。)

なんで赤いバスタオルだったのかも、なんとなく理解した。生理だったらそのような色のタオ
ルを女の子は使うのかも。と、みょーに納得してしまった。ばっと両手で胸を押さえたキョーコに、ベッドの白いシーツをしゅるっとはずし、キョーコの体に巻いた。ベッドサイドに置いた携帯を持って、キョーコを抱き上げた。


さ、今夜は、あっちでね。


ドレッサーの前に行って、膝の下の手で化粧水と乳液を取って、キョーコの部屋を出た。そのまま自分の寝室にキョーコを連れて行った。
自分のベッドにキョーコを降ろして、キョーコが手に持っていたTrue Loveを化粧水や乳液と一緒にベッドの脇に置いて、自分のサニタリールームからコットンや自分の物を取ってきた。


明日は、撮影だからね。
念入りにしておこうか。


そう言って、キョーコの頬を手の甲で撫でると、お風呂から上がってからしばらく経って居たのにもかかわらずスベスベだった。ニキビもない。毎日自分でお手入れしていた事が分かる。

その頬にちゅっとキスをして、ちょっと摘まむと浮腫みも無い事を確かめた。浮腫んでいたらマッサージが必要だけど、必要なさそう。と判断した。顔をコットンパックしている間に、腕をケア。ベッドサイドに置いたTrue Love Eternityの蓋を開けると、今までのキョーコに感じていた明るいSunflowersのイメージではなくて、彼女を大人にしている自分が嬉しくなった。
自分の無香料の保湿クリームと併せて、その香りを初めてキョーコに付けてあげた。
併せないでそのままでも良かったけれど、これから抱きしめて寝るつもりで、自分の香りau the blancも、起きた時のキョーコの肌に残したかった。


ねぇ、知ってる?
二の腕、誰にも触らせないでね。


塗ってあげながら、一つ教えてあげようと思った。二の腕の内側に、抱きしめあったら自分にもキョーコの香りが映るように、濃い目にTrue Loveを混ぜた。


なんで?
今、塗ってるところの事?


うん。この二の腕ってね・・・
女の子にはね・・・
・・・自分で触ってみて。


そう促して、二の腕を優しくプニプニ揉んで、巻いていたシーツの中に手を入れて、キョーコの胸を反対の手で包んだ。


ここと、ここ。
同じ手触りなんだよ。
腕が細いのに、胸がグラマーな人っているよね。
アレ、豊胸済み。か、腕が脂肪。
見た目で分かる。
触ったら多分、感触も違うんだろうな。って思う。

だから、男の人に
二の腕、触らせないでね。
同じって知ってる人、居るから。



へっ!?
じゃぁ、蓮は、
前に腕をこちょこちょしてた時から、知ってたの?


うん。
ごめんね。
あぁ、でも同じだった。さっき思った。


何も言われたくなかったので、そのまま抱き寄せてキスをしながらTrue Loveを腕と首、そして体に巻き付けたシーツの中に入れたままの手で胸からお腹に塗って、背中に回した腕でシーツを降ろし、もう一度両手でクリームを混ぜて、背中も塗った。
キスを続けながら両膝を持ち上げて、反対の手で足も指先から太ももまで滑らせた。

唇を離して、目を合わせて微笑んで、コットンパックもいい感じに終ってそうだったので、見詰め合ったまま、顔からデコルテにかけて伸ばしてあげた。
True Loveを保湿クリームと混ぜないでそのまま、耳の後ろから後頭部のあたりにのばして、
キョーコには、True love Eternityの香りに包まれている感覚にしてあげた。

乳液を手の平全体で、顔に薄くのばして化粧水の水分をきちんと肌に閉じ込めるようにと、教えながら、手全体で顔全体を押さえていく。

手の体温できちんと乳液を肌になじませるようにしばらく押えるといいよ。とも教えた。
両手でキョーコの頬を包んでいる間に、そのまま顔を寄せて、なじませている間のカウント分だけ、ちゅっ、1。 ちゅっ、2。 ちゅっ、3。・・・と、10回ちゅっっとキスを続けて・・・

カウントするのは、キョーコの100の数え方の速さ。もう二人の間では、このカウントの速度は決まっているので、キョーコにも分かるように、何秒とは言わない。


大好き。
キョーコ。


唇を離した時に、そう言って抱きしめた。抱きしめながらそのままベッドの上に二人で倒れれば、黒い自分のベッドのシーツの上で、白いシーツにくるまれた白い肌の彼女、白いTシャツを着た俺に、そしてお互いの白い香り、True Love Eternityとau the blancに包まれて、頭の中が真っ白に成るほど溶かされる様に、キスを続ける。お互いに腕も足も絡め合いながら、ごろごろベッドの上を転がって抱きしめ合えば、お互いに感じる肌の感触はスベスベ、さらさら。

(その先も、もっとしたいけれど、あと1週間、また我慢しないとね。)

自分でもキョーコの体の事を考えていると、その先を、しよう。という気は起きない。名残惜しげに唇を離して、キョーコの上に覆いかぶさったまま、絡んだ足もそのままに頬を撫でて、微笑んだ。


そういえば、明日
大丈夫?


そんな事を聞きながら、枕元に持って来ていた自分のTシャツに手を伸ばし、反対の手でキョーコの頭を持ち上げ、するっと頭を通したら、首に回されていた腕はキョーコが自分からTシャツに袖を通した。


うん。
全部脱ぐわけじゃないし、
それに・・・
もう、プロですよ。京子は。


そう・・・。
そうだね。
がんばろうね、お互い。


あんまり、キョーコの肌を公に曝すのは、自分の方が嫌だった。プロです。と言ったキョーコに、自分も先輩のプロとしての私的な感情を抜きに、自分を抑えられるようにしないと。と、思わされた。
自分のもの。そう言いたい。写真を見る目が業界だけだと、アートや仕事の材料としてしか見ない人しか居ないので安心してたけど、一般人になると、自分も今までそうだが性的対象として見られる事が増える。それも、まぁ人気の一つの重要なポイントだけど、そういう風に京子が見られる事が嫌だった。特に、生理中の丸い体つきだし。それは今、腰の辺りを摩っていて思ったことだった。

どんな風に監督が撮りたいのかは、まだ分からなかったけれど、一応イメージとしては、この前のアルマンディの感じなんだろうな。と思う。


でも、蓮もでしょ。


そう言われながら、キョーコは自分が付けた俺の首もとのキスマークを指先で撫でていた。哀しそうな顔に、今まで脱いで撮影する事は、まぁ何でもなかったけれど、今はキョーコだけの俺で居たいと思った。彼女も同じ気持ちなのか。と、嬉しくも淋しくもなってしまった。


うん。
全部脱ぐわけじゃないし、
それに・・・
プロ、だからね。蓮も。


同じ言葉で返し胸に抱き寄せた。おなじ気持ち。そう言いたい。


でも今も、撮影が終ってからも一緒。
キョーコと蓮は。
撮影するのは、そうだね・・・

敦賀さんと、最上さんだから。


しっかり仕事は仕事。と、割り切るように促した。それまではずっと一緒だからね。と心の声に足そうと思っていたけれど、言った方がいいか、と思い素直にそう言った。べッドサイドのライトのスイッチに手を伸ばして、明るさを落としながら時計に目をやった。


さ、眠い?
どう?もう寝る?


う~ん・・・
眠いんだけど、
iPad とiPhone、リビングに置きっぱなしなの。
充電しないと、明日必要だし・・・


あぁ、俺も。
鍵盤の前に置きっぱなしだ。


今、2時すぎ。明日は午前中はキョーコとは別の仕事が入っている。今から寝ても5時間ぐらい寝れる。そういえば、キョーコに明日の朝は、別の仕事だって言ってないかもと思い出した。


ねぇ、明日、午後は一緒だけど、
午前中は?


キョーコを胸に抱き寄せたまま、起き上がった。ベッドの上で話しながら、転がっていたのもあって横にズレズレのTシャツを自分で直していると、ボサボサになった髪をキョーコが両手で撫で付けてくれる。


ん、明日の仕事は撮影だけ。
でも、午前中は、学校に行こうかと思ってる。
もうすぐ、期末テストだしね。


じゃぁ、何時?
起きるの。


ベッドから立ち上がって片手を差し出せば、キョーコはその手にいつものように手を乗せて、そっと握って立ち上がるので、立ち上がったらぎゅっと握り返す。そのまま手を繋いで、開けっ放しのドアを出たところで、指を絡めて握ると、繋いでいた手の方の腕に頭を付けて寄り沿ってくる。いつもと同じこんな事だったが、きゅんと締め付けられる胸の感覚。その寄り添った頭にいつもと同じ様に、ちゅっとキスも返す。頭に頬を寄せ、明日のスケジュールの確認もする。


う~ん、7時ごろかな。
起きれるかな・・・


じゃぁ、起こしてあげるよ。
明日、社さんは8時前に来るから。
・・・ごめんね。疲れた?


思わず、真っ赤になってしまった。

疲れました。とは、言えず・・・。いろんな事を考えすぎて、長々とお風呂に入ったりもしたけど、自分からイロイロとしてみた事も無かったし、感じるところに感じていたら、もっと蓮が欲しくなった。意識がそこに集中してた。なんて、まだ言えません。

そんな事も考えていた。話を変えようと思い、耳を澄ませていたら雨の音がひどくなっていた。


雨かなぁ?明日も。


あぁ、じゃぁ・・・
早めに学校に行ってもいいなら
送って行くよ。


だめだめ。
蓮が学校に来たらタイヘンな事になる。
それに、なんで?
って、聞かれても困るし。


そうだね。
キョーコ、嘘付けないもんね。


そうそう、このネイルの事も
蓮から。なんて、人に言えないし。


優越感に浸りながら廊下を歩いて居るのは、書斎を過ぎた時。不破の歌を急に書斎の前で思い出したからだった。逢いたいと願うヤツがいるのに、彼女は今ここに居て、自分の腕の中で体温を感じ、何気ない普段の会話をしていても、きゅんと胸が締め付けられるこの感情と肌の感触に、思わず頬が緩む。


書斎を見て思い出した。あの人からの手紙。
弁護士を演じるに当って、役の中にはさほど重要でない職業だったが、一応それなりに法律に関して読んでみようとも思ったけれど、日本の法律はナニセよく分からない。まぁ、ピアニストの部分だけが最重要なので、雰囲気だけでもと思ってアメリカの歴代の人たちの言葉を読んでいた本が机の上に置きっぱなしだった。それに、さっき、Arts & Intelligences で行こうと思っていたので、手紙を置いた本の開いてあったページを思い出した。


The problem with doing nothing is not knowing when you’re finished
-Ben Franklin

“ 最後の結果が出るまで、何も分かり知りえない。”


偽りの愛だと感じたり、子供の事で悩んだり、最後の最後まで判らない事に、考えを囚われて時間を過ごすのはもったいない。自分の前に進むべき方向に時を過ごす事の方が、そのうち結果が付いてくる。と、自分で今、実感した。

あの人からの手紙も内容はさておき、その彼女のくれた深い愛情は、今、自分に愛する人ができた事で彼女の気持ちをも分かり知りえた。



・・・Jewel と言う、ニックネーム。


.
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 06.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray