• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

expectation of beginning of love - 5

Category : Happy Presents
.




でも・・・





不破の花束は、あれからどうしたのかは、気になった。

切り花だったから、胡蝶蘭の命は短い・・・


胡蝶蘭より切り花的には、しっかりお水を替えてくれれば、バラの方が長持ちするだろうと踏んでいた事。

もちろん最上さんからあの日は、同じ撮影スケジュールだったから帰宅後直ぐにお礼の電話がかかって来た。でも、不破の花の事には触れていなかった。

不破の花と俺の花。

意味はそれぞれ・・・


・・・君は、どういう風にとったのだろうか・ ・ ・ ・



赤信号で止まったので、ふと横の最上さんを見ていた。彼女は目を瞑って深呼吸をしていた。


「 どうした?大丈夫? ・・・車酔い? 」


大事な女の子を乗せているので、なるべくユルユル運転だったつもりだったけれど・・・と思って聞いた。


「 いえ・・・あの、違います。 」


ハキハキと明確に答えられると言う事は、嘘をついて我慢しているわけでないと判断。目を開けて、ぱっと俺を見た瞳・・・いつもの変わらぬ元気な最上さんに、安心した。


「 あのですね・・・思い出していたんです・・・」

そう言って、話し始めた。自分が気に成っていた、あの時の花の行方の事だった。


青になったので話を聞きながら運転しはじめた。
よそ見運転でもして事故ったら、人生も事故ってしまうので彼女の方を見て話を聞きたかったけれど、真っ直ぐ前だけを見て聞いていた。

二人きりの狭い空間・・・

・・・バラの甘い香りの中にいる事も手伝って、思い出さずにはいられなかったのだろう


あの日・・・
帰ったら、だるま屋の女将さんに、うわ~っ!綺麗~~!豪華ね~!!!と言われ、確かに自分の部屋のみに置いておくのは勿体ない。と思い、お店の入り口に飾ったと言う。


( な~んだ、そうか・・・)

部屋の中に、こんな風に香りが充満してくれる事を考えてだったのにな・・・と、少しがっかりした。


「 それで、ですね・・・」


その言葉に横目でちらっと確認したら、俯いてモジモジしている彼女に気が付いた。

なにやら言いにくそうにしていたので話を促す為に、前を向いたまま右手で頭をポンポンと撫でて、うん。それで・・・?と聞き返した。


「 実は・・・敦賀さんに貰った花の・・・」

なんだろな? 意味に気付いた?と思って、微笑んだら・・・

・・・実は、アイツの花も一緒に生けた。と、言う。


まぁ確かに、お店に飾るのならば胡蝶蘭は似合ってるよな。と思っていたけれどでも、その後の言葉に、ずっと聞き込んでいた。


大きな花瓶にもともと一杯だったゆえ、それに胡蝶蘭の本数よりもバラの方が多かったから、見栄えを重視して・・・

ピンクの胡蝶蘭の中に、蒼い桔梗が合わなかったので桔梗をまず外し、それと・・・
日当たりの無い店内だから、バラの蕾を外したと言う。


「それでですね・・・」

自分の部屋の日当たりの良い窓辺に、バラの蕾3本に対して、入りきらなかった咲いたバラを1本の割合で窓辺に置いていたと言う。


「 それに・・・実は、敦賀さんに頂いたバラ・・・まだ、あります。 」


こちらを向いて、にこっと微笑んだその笑顔。
その笑顔と共に、言ってくれた言葉に・・・バラにして良かった・・・と思った。


蕾が開き始めて間もなく・・・

・・・ドライフラワーにして今も部屋に飾ってあると、言った事・・・

そして、そのドライフラワーに・・・・



毎日・・・

朝、起きると、おはようございます。と

仕事の前に、行ってきます。と

帰宅したら、ただいま帰りました。と

寝る前に、お休みなさい。と・・・ 必ず挨拶してくれると言う事。


君の毎日すべての時間に、自分を思い出してくれるという事が・・・嬉しかった。



「 それでですね・・・」

そう言って鞄をゴソゴソしだした彼女。何かを取り出したけれど、運転中なので見せるのを躊躇っている。黄色だったけれど、そこまで急がない仕事だとも言っていることだし、と思って止まった。後ろの車には申し訳ないけれど、彼女の方が優先なので・・・と、思いながらバックミラーを覗いて、微笑んだ。

両手で包み、目の前で開いて見せてくれた・・・コーンの蒼い石。

なんだ、それだけ?と思っていたけれど、彼女の話す事に・・・


・ ・ ・やっぱり君は、頭も勘もいいコだね。


そう思いながら聞いていた、彼女の話・・・


敦賀さんに前にお貸しした事のあるこの石の色とですね・・・その時にアレンジメントから外した、桔梗の色が同じなんですね・・・


・・・そう、コーンからのメッセージだった、“ 変わらぬ、愛を・・・”


本当に君は、勘のいい子だとつくづく思い、もう一度頭をポンポンと撫でた。・・・その手をピタッと止めて頭の上に置いたまま、続ける。


「 でもね、最上さん・・・もしかしてその・・・
毎日のバラへの挨拶に、土下座してないよね・・・?」


「 えっ! 土下座・・・」


ビクッとしたところをみると、しているのか?と思ったけれど、・・・すみません・・・しないと、ダメですか?と言う返答に、思わずおかしくなった。


「 うんん。してないなら、いいんだよ。」


土下座されてなくて、よかった・・・

その思いが湧いたのは、もちろん“ ただの先輩 ”として見られて居なかったと思ったからだった。


「 それでですね・・・」

4回目の同じその話し始めの言葉に、なんで土下座感が薄れたのかが・・・分かった気がした。




_______ 敦賀さん・・・


・・・私、夢を見たんです。



あの日帰宅して、敦賀さんへの電話の後の事でした。

花を分けて飾った後に、自分の部屋で敦賀さんに頂いたバラを見ながら、お話をして・・・

敦賀さんのバラに・・・込めてくれたメッセージが分かったようで・・・



・・・私を、見ていてくれるという事ですよね ___________



その言葉に、返答はしないで、ただ前を見て運転したまま、微笑んだ。

でも、あっ!そこ曲がってください。と言われたからには、曲がらねばならぬ・・・
はいはい、と相槌を打って車線変更の為に、助手席の窓とミラーを確認する為に彼女の方をちらっと見ると、暗い車内でよく見えないけれど外のネオンが窓から入っていて、薄っすらと彼女の横顔が見えた。

その彼女の横顔は・・・

微笑んでいて、手にコーンの石を持ったまま、無意識にコーンの石を唇に軽くつけて上を向いて何かを思い出していた。


( コーンの石を貸してくれた時に、石に思わずキスをした事を、覚えているのだろうか・・・?)

そうも思ったけれど、花と石と何の関係があるのか・・・とても気になる。


「 それで・・・?」


彼女の話の先を促しながら、その質問に返答はしなかった。何を話したいのか・・・
・・・気に成っていたから。


角を曲がると、ネオンの輝く街の中から・・・


・・・星の煌めきが少しは見える、暗い住宅地の道に入った。 ______________




.
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 23.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray