• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.106

Category : Story-I of LDs
地下の駐車場に向かっていて、ドアを開けた。今、耳に流れて居るのは、アイツ不破の声。

真っ直ぐなアイツの声が、キョーコに届いてしまうかもと思ってしまったのは、自分が感じた、今、キョーコを抱いていた時を思い出していた。自分の名前を何度も呼んで、抱かれる彼女が愛しくて。でも、切ないと感じてしまった感情には、白と赤の世界だった。と、感じた事。

本当に心から自分が彼女を愛する気持ちと、偽りの姿で居る自分が彼女を愛する事は、偽りの愛なのだと思ってしまったこと。

彼女を抱きながら、ゆっくりと時間を掛けて刻んだ。彼女の心の位置、自信を表わすところだと教えた場所に、真っ白な彼女の肌に残した自分の証。真紅に染まる俺の刻んだ痕跡が、偽りの俺だと、言いたくて。それでも、愛しくて愛しくて止められないでくっきりと残した痕が、頭から離れない・・・。

本当の自分の心が求めたのは、彼女に向けた、彼女を求める心なのか。

キョーコが自分で選んでもらいたいと彼女の人生を考えていて、これからしようとしている事は、自分を苦しめるだけかもしれない。でも、彼女の気持ちに蟠りが残ったまま自分が強引に引き寄せたら、彼女がかわいそうで、そして、彼女は素直に真っ直ぐ自分を見てくれないかもと、思うと、この偽りの姿の自分が彼女を愛する事は、一生彼女に隠し通して、生きていく事。
一生、隠し通して生きていく事は、一生、彼女に嘘をついて生きていかなければならないという事。あと6年の間に、彼女が自分で、俺に気づいて欲しいと願うなら・・・。

自分の苦しみは、まだ始まったばかり。

俺の真相を知ってしまって、お互いの傷のまだ浅いうちに、早く傷が癒えるうちに、彼女が答えを出してくれることも、もう、怖くはない。
かも、しれない・・・・・・。
6年なんて、自分の都合で待っていることすら、もどかしい。

自分の苦しみを、和らげて欲しいだけなのかもしれない。癒しを彼女に求めるだけの、自分の為に自分を探して生きる為の、彼女は、お守り。
自分の人生の生贄としてクオンが選んだのは、彼女の笑顔が忘れられないでいたからなのか・・・。


そうならば、本当の自分にとっても、彼女に向けたのは、偽りの愛情。
・・・真っ白な彼女の肌に残した自分の証。彼女の血の色が肌に現れて行く様は、刻んでいる時に感じる、自分のしていることで彼女を傷付けている征服感、そしてそれに伴なう自己満足だった。俺のモノ。その感情、男が持つ感情で愛なのかと言われたら、そうでないのかも知れないと思う。

そんな気持ちで彼女を巻き込んでもいいのだろうか・・・

でも自分が自分でも分からないのに、アイツがキョーコに、逢いたい。と願う気持ちには、同情はできない。
それだけは。
その、ダウンロードの始まった時間に、俺は、キョーコを抱いていた。偽りの姿、偽りの愛で。
でも、自分の本心の俺には、彼女を抱く事は、素直に愛してると言える、本当の愛だと思える。
そう思っている。そう思いたいと思う・・・。

不破の後悔を彼女が知れないように、時間を計るかのように流した1時間の音楽。
思考が蕩けるほどの夢。というタイトルの・・・
考える事などしないで、自分だけを見つめて欲しくて、自分の初めて自分で創り上げてきた実績の敦賀蓮の最後だったかもしれない時を、ただ心と体に溶けて染み込むように刻みたかった。

それも、ただの自己満足なのかもしれない。他のヤツの事なんて考えて欲しくなかった。
偽りの姿の俺を、自分に彼女に、一緒にいたという記憶だけを残したかった。

本当の気持ちを綴るアイツのダウンロードが始まった時間に、偽りの姿で、偽りの愛で、彼女を独り占めしていた事が、本当の自分を苦しめる。
彼女に自分で決めさせる余地を与えずに、敦賀蓮の最後かもしれないと自分のことだけを押し付けた。アイツの人生よりも、自分の人生の方が重いと、自分で勝手に天秤に掛けて他ならぬ本当の自分が愛しいと想う大事な人を騙すような事をしたと。

Just wanna see。そしてこの曲、To… me。

アイツが自分への後悔の念を持った。自分に戒めてその後悔を、彼女に伝えようと・・・

不破が彼女にしたことは、許せない。こんな後悔をして懺悔するのなら、始めから自分の感情なんて抑制して自らフェードしていけばいい。そう思うのは、不破と俺と違う人間だからなのか。
自分の事しか考えない切羽詰った時期だったのかも知れないとも思う。自分にも日本に来たばかりの時に、自分の創り上げた偽りの自分を生きていく事に、余裕も無く走り続けることだけを考えて居た時もある。不破のそれには、分かる気がする。でも、彼女の負った傷は、自分の事のように痛みに感じる心を抱える俺もいる。・・・同情。では、ない。
愛しさゆえの庇ってあげたい感情。俺が守らなければ、というきっと男ならではの感情。
それは、本心からだと、思える。偽りの姿の敦賀蓮で居たとしても溢れる守護の感情は、きっと、本当の自分しかこの世に存在していなかった子供の頃のまま。あの夏の日の、悲しみを吸い取ると魔法を掛けてあげた時のまま、守ってあげたいと思う気持ちは、今もそのまま続いている。

ただ違う事は、子供の頃のままではないのは、酸いも甘いも生きているうちに徐々に経験となり知り分かって来て、素直に自分のことだけを考えて生きるようなことでは無くなったと思う。心も、思考も、体も、大人に変化して、そして周りの社会という人と人との交流にも気を使いながら、自分のする事を決めていかないといけないという事。自分勝手に何でもできるかと言ったら、そうでなく、逆に自分の感情を抑えてしなければ、上手に社会に溶け込んで生きていけないと言う事。そのためには、嘘も必要な時もある。普段はどんな些細なことでも嘘をつく事が嫌いな俺だけど・・・

誰かを騙す事ではなく、相手を傷つけない為の優しさからの、偽りを。

天使が舞い降りてきた。と、あの時思った優しい笑顔のこの天使は、今に至るまでの俺を導いてきた。・・・守護天使。
いつもお守りのように守ってくれる、俺だけの天使でいて。と、これから先もずっとずっと一緒にいる事は・・・
俺のエゴ・・・なんだろうか―――――

この俺の天使を傷つけない為の優しさでの嘘を重ねて、偽りを生きる事への罪悪感が、募る。罪悪感を感じるという事は、彼女に向ける気持ちが同情では無いという事だけは明確に分かる。でも、それには・・・

いつか俺も、不破のように、偽りの自分でいる事という、重大な嘘を付き続けて生きているこの今を彼女に、後悔の念を懺悔して愛を乞う日が来るのだろうか・・・。


その時、俺は、どうしていたらいいのか・・・



耳に届く不破の後悔が、自分の今している事に重なる。
彼女を傷付けない。そんなオブラートに包んだ言い方だけれども、どれだけ彼女を偽りの姿の蓮と久遠の二人で愛しても、彼女の返してくれる愛が純粋なものなのだと感じる度に、少しずつ罪悪感が重なり積み重なっていく。



―――こうして傍に居て・・・

・・・答えを探してても、きっと見つからない
分かっていても・・・探し続ける、僕が居る

何も考えないで・・・傷つく事も怖くなかった
・・・君という人を・・・かけがえのない人だと、思うよ
未来が分からなくても・・・この全てで

もうすぐ、冷たい砂の向こうに夜明けが来る・・・

その答えは、必ず・・・
・・・分かるはずだね

今・・・そう信じてる・・・―――――



不破は・・・
愛が、分からないで戸惑っている・・・それは、俺も全く同じ事だと思う。
かけがえのない人。そう言っていることに、人とは、全て彼女の事を指して、彼女に向ける気持ちが何なのかを、探している。
ただ、一つ。恋をして居たと。明確に言っている事。
好きだという成長過程での感情の変化、好き。から、愛する。への、大人への変化がわからないで戸惑っている。未来が見えなくても、きっと夜明けが来るだろうと信じている。

冷たい砂の上。一人、冷たい凍てつく場所に心がある事は、俺も全く同じだった。

キョーコが手を差し伸べてくれた、カーアクシデントの時に、そこから逃れる事ができた。
俺は、不破よりも少し先にいると思えた。

こうして傍に居て、温もりを感じ、愛しいような、切ないような、不思議な気持ち感じる。
そのまま、自分の気持ちを言ってくれた様に、感じた。
素直に彼女を愛してあげられない、偽りの自分でいる今が、切ない気持ちに侵されて、ただ愛しいと感じる事までの感情で。 

いつかは愛していると、素直に心から言える日が来ると・・・
その願いは叶うと、今なら思える。・・・この気持ちを胸に抱きしめて離さないでいれば、きっといつか自分の変化に戸惑うことなく素直に心からそう言える人に自分がなれると・・・今、そう信じてる。・・・・それならば、俺も信じよう―――――。

自分で探しても、答えが見つからない。・・・だから、俺も信じる事だけを胸に、自分自身の、そして彼女への感情が、愛になる様にと。


(・・・しまった。・・・また、いろいろ考えてしまった・・・。)

夜中もとっくに過ぎている、しん。と静まり返っている地下駐車場のコンクリートの壁に寄りかかっている事に、背中が冷たくなって我に返った。
イヤホンを耳から外して、シャッフルと一緒に片手に握った。
自分の車の傍に行き、ロックを解除して後ろのトランクを開けながらもまだ考えていた。

次に来るのは、An One love なのか・・・?それとも、この、ある愛の。とも取れる曲の間に何か他に、出すんだろう。後悔と懺悔から、片思いのアイツには、一つの愛を語るのはまだ、他に何か思惑がないと、彼女には伝わらないだろう・・・そう思うのは、自分自身でも感じた、彼女の捻じ曲がった思考と感情を知っている俺にも分かる。
子供の頃から、一緒に育ってきたアイツには、簡単にそんなキョーコの事なんて分かるはずだろう。

To…me この題が付けられたこの曲は、不破が自分に言い聞かせるようだったとも思う反面、自分にとっても、To me…と、思ってしまう。全く同じ気持ちの様だった。
それに、引っかかった言葉も含まれていた。
ずっと、僕が、僕は、僕を、と一人、自分の気持ちは。と歌っているにも関わらず、ただ一箇所だけ、僕ら。と言っていた。

僕らは、何を求めるのだろう? 不破とキョーコの間の僕らなのか?
でも、キョーコが何かを不破に求めているのか、と、言われると何にも無いんじゃないか?と思うのは、自分の都合でなのか・・・? でも・・・

なぜ、人を好きになるのだろう?、というのは、僕らが人を好きになる。って事だし、それに、人はかけがえのない人を示すのなら・・・僕らはなぜキョーコを好きになるのだろう・・・?

(そういうことなのか・・・)

僕ら。の意味が、きっと不破ももう知っている事だと、思った。
不破と、俺、敦賀蓮と、それに久遠ヒズリと、その他もろもろキョーコを狙うやつが居るって事。ストーカーのアイツとか。
男同士で、キョーコを奪い合う事が、自分達の自分の幸せを求めて勝手にしている事だとしたら、女であるキョーコの事を考えてあげないと、本当の幸せは、自分にとっても、そして彼女にも来ないと思っている。と言う事。不破は、キョーコの事をよく分かっている。と、思わされた。


・・・。

(キョーコの幸せ・・・か・・・)

やっぱり、自分が思っていた事は、間違いではなかったと思った。
あの、クリスマスにリリースされた曲を見てしまってから思い直した不破への気持ちの変化。
認めてやる。仕事は、しっかり出来ている。と。

(それをキョーコも一度言ってたな。)

俺のダウンロードの初日に。彼女だって、不破の仕事への姿勢は、認めている。だから、俺もそれは認めてやる。俺だって、自分の仕事に関しては、手を抜いたこと無いし、どんな人にも認められたい気持ちがある。

それに、俺に挑戦状を叩きつけたヤツ。同等のヤツで無いと、挑戦状なんて受け取らない。
同等に成っているかどうかは業界が違うからよく分からないけれど、不破もそっちの業界ではトップを走り続ける努力をしているヤツだと思う。俺と同じ様に。

それに、キョーコの幸せを考えるなら、キョーコに自分で選ばせてあげたいと思う。

それが自分を苦しめる事になるのかもしれないけれど、自分の中でかけがえのない人だと、不破のように思うなら、不破のように彼女の幸せを一番に考えないと、自分にも幸せは無い。と思った。でも・・・、不破よりも、優位にいると思うのは・・・


・・・“ ずっとずっと、大好きでした。敦賀さん。
でも、私の心の中の、今までの敦賀さんにはもう逢えない。
今は、もう・・・敦賀さんでは、終らないぐらい・・・貴方の事を、愛しています。
これからは、あなたを・・・蓮。大好き・・です。”


咄嗟にさっき、キョーコが言ってくれた愛しい告白を思い出してしまった。さっきまで肌を重ねていた体温が、コンクリートで冷えた背中に、かぁ~っと昇ってきた。

(暑かった、さっき。汗だくだった・・・キョーコも俺も。)

そんな事まで思い出して、嬉しかったキョーコの告白をかみ締めながらも、やはりそれならこれを密かにキョーコの目が触れるところにさりげなく置いておかなければ、フェアじゃない。自分にも、アイツにも、そして、キョーコ自身を考えると、彼女の為だという事が一番だった。


トランクから、本物と同じ大きさの平べったい箱を取って、鍵をロックした。そのままエントランスに入り、正面エントランス脇のコンシェルジュの隣に設置されているポストを見に行った。
暗証番号を入れて開けた。ここはチラシなんて入らない様なセキュリティがしっかりしているので、いつも無駄なものは入っていない。あまり確かめないポストだったけど、今日は2,3日前に、送りました。というメールがあったのを知っているので、ポストを見に来た。
思った通り小さい箱が入っている。ポストの暗証番号もエントランスと同じだが、最上階という事もあるし一番上のこのポスト。背の高い俺には少しだけ身をかがめるように、しないといけないけど、もしキョーコがポストを見に来ても彼女には背伸びしても、やっと中がみえるかなぁ。ってぐらいの高さ。コンシェルジュの目もあるし、キョーコがポストを確かめないのが分かっているので助かる。
その箱と、2通の手紙が入っていた。一つを開けると、この送られてきた物のご注文ありがとう的なカードだった。もう一通の方は、裏に差出人名が無い。
表にひっくり返して、自分宛なのか確かめたら、表の左上に女の人の綺麗な文字で名前だけが書かれていた。

・・・初めて貰った。びっくりした。

開けずに、そのまま小箱を平べったい箱の上に乗せ、手紙2通をもってエレベーターに乗った。

エレベーターの中で、そのもう一通の手紙をマジマジと見て思った。本当にキョーコがポストを見に行けなくて助かったと、胸をなでおろす。
そうじゃないと、この手紙、ばれる。か、なんで?って絶対に聞かれるよな・・・。

焦ったのか、おでこと鼻から急に汗が出てきたので、その手紙を持った手の甲で拭いたら、鼻先にふわっとほんのりと香った香りに思わず目を瞑って、鼻の頭に封筒を付けてその香りを胸の奥まで深く吸った。


(愛を、今まで、ありがとう・・・。)


その香りに心から. . . .


・ ・ ・そう思う ____________




.
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 15.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray