• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.104

Category : Story-I of LDs
____ ただ・・・

時間だけがまた・・・

君に出逢えて・・・
―― 深い海に沈められたのに―――――・・・





練習しなきゃいけない曲が他にもあるのに・・・。



・・・・・もう一度弾いてみようと思ったショパンのFantasy-Impromptu、幻想即興曲。

今の俺が、アイツと同じ様に弾けるのか、試していた。
この前弾いた時は、自分でもまだ子供だと思えるほどの軽い気持ちの曲にしかならなかった。


弾き始めてフレーズが変わるところぐらいからのアイツの弾き方に思った。
愛とか好きな女に捧げるようなそんな感情で弾いていない。と、なにか深い深い、アイツの闇の中のような・・・・

アイツも、俺と同じ・・・・

どんどん、深い海に、自分から・・・身を投じて・・・・逃れられない何か・・・・・

もっと、もっと、俺なんかよりも・・・

ずっと、ずっと、ず―――っと、深い・・・所に・・・今も・・・・居る・・・・のか?


同じ様に思い出しながら弾いていると、勝手に、その曲の持つ弾いているときの感情が溢れ出て来る。今は弾いているので、弾き手の感情。
この感じは・・・

(なんだ――――コレ・・・―――――・・・?)

この前弾いた時にも思ったが、

切なさと、不安と、なにか喜びのようなものが一つ入っている事を感じた。その喜びは最後に報われて、心に平和をもたらしてくれる様な祈りのような物を感じた。

悩むやつには、慰めを・・・向かうやつには、勇気を・・・

もっと、もっと、奥の深い、アイツ自身自分でも見えなくて、誰にも助けを求められなくて、一人。ただ、そこに蹲るアイツの心。

壊れたやつには、癒し、平和を祈る・・・

この前はなんなんだ。と思っていた事が、薄っすらとだが心に感じるものが頭に、ふいに浮んで来てた。

俺が感じた絶望感には、底があることを知った。それ以上落ちることなく、ただ、自分の築き上げた今までの経歴を無にされるだけ。ただ、この業界に籍を置き自分の職業として生活しているだけの、その職業がリストラされたと、思えばいいような底だと。

レイノの刺す様なあの冷たい沈黙の眼差し。

もっと、人間の感情を蝕むように、もっと深い所にまで食らい付き纏い進む、底など其処にはない。人間の感情だ。自分が壊れて普通に生活できないほど蝕まれて、自分自身が壊れて、自分で自ら足を運ぶのは、自分の破滅が起こす自分の消滅への道のりに、脳がコントロールなんか出来ない、感情が勝手に走り出す。どんどん深い所へ落ちろ、いつか這い上げれなくなり、その底のないどこかにそのまま落ち続けて、消えろ――――と・・・いう眼差し・・・

敦賀蓮の曲には、どこからも這い上がれないような、心を犯す・・・深い海に自ら投じた自分への破滅の恐怖は、怖い事では無いと・・・言っているのか・・・?

・・・・悩むやつには、慰めを。
・・・・・・向かうやつには、勇気を。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・壊れたやつには、癒しを。・・・平和―――?

(平和? 心の平和?)

違う。平和を自分で望んで祈って居るのは、敦賀蓮アイツ自体。
アイツが与える、慰めも、勇気も、癒しも、けれど、平和を望んで居るのはアイツ自身なんだ。と。

分かりたくても分からない。それを知ってしまうのは、とても怖い事だと感じた。

何があって、あの人生を謳歌しているような敦賀蓮に、自分が壊れていると感じるものが、アイツ自体を巣食い蝕み続けて、深い所へ落ちて行っているのか・・・
自分が破滅する事が分かっていて、この曲に願いを込めている・・・

平和に包まれて、自分を生きて行ける様にと。



ショパンのこの曲を弾き続けた。分かりそうで分からない、アイツの持っているであろう闇。
ただ、分かったのは・・・


アイツ、何があったのか分からない。
何が、アイツの精神を蝕み続けているのか分からない。
どうして、落ちていくと感じているのか分からない。
どうやって、戻ろうともがき続けているのか分からない。
見えないものへの、恐怖。怯える今ここには、その見えないものは見あたら無いと。
見えないものを探し続けているのかも、分からない。


アイツ、壊れてる・・・。


自分には理解できないものがアイツは持っているという事と、アイツの精神が壊れている事だけが分かってしまった。その壊れたアイツと肩を並べろと、言う。
俺の周りの人は。
深すぎて分からない。光が上から差し込むなんてもんじゃない。光すら届かない深いところまで、もう落ちている。その先には、壊れた自分。壊れた自分の意思に関係ないまでに、勝手に引き摺り込まれる様に落ちて行っている。
壊れた自分は・・・自ら消える・・・。自分の闇に包まれて、自分から包まれて行き・・・。

レイノが俺に刺す眼差しが言った。この世から消えて無くなれと。

こんな風に、壊れて行けと・・・?言うのか・・・?
俺にも・・・



・・・・まだ、自分で自分に言い聞かせられるうちに、弾いたのか・・・。アイツ、敦賀蓮。



アイツはあまりの恐怖に、このままでは本当にそうなってしまうと、自分がまだ意思や思考が囚われないうちに。精神と心を蝕み続ける苦悩に、恐怖を感じて・・・。



分かったような気持ちに、怖くなった。男として自分と重ねるだけではない。
ただ、キョーコを奪い合っているだけでは、終らない。アイツのもっともっと、深い何か。

キョーコが傍にいるだけでは、どうにもなることじゃない。
アイツの抱えている、落ち行く感情への恐怖を取り除く為には。


ふぅ・・・


ピアノを弾くのを止めるつもりではなかった。でも、手が勝手に止まっていた。
もう、聞きたくないと、俺の完璧な聴覚が訴えて・・・脳に、やめろと、指令を出したようだと思えるほどに。


少し前に初めて聞いたアイツのこのピアノの曲調に、俺は、あの時・・・

“ 変わらなきゃいけない。感情の起伏を抑えて生きる大人になって、社会を上手にアイツの様に渡っていかなきゃいけないんだ。”・・・と、

“ 俺に無い物がアイツにあるのか?なんて問う事も恥ずかしくなるほど、俺は気づいていた。俺に無いものを、アイツはたくさん持っていることに。 ”・・・と。



鍵盤に置いた手がそのままに固まって、もう弾けない。と、思った。



少し前の俺なら、気づけなかったこの、アイツの本心。だったと・・・
それを確信できる自分がいる今の俺を、誰が予想しただろうか・・・


・・・居た。
レイノ、あいつ!


“ ライオン相手には、怖いから近づかない。”


(レイノあいつ、知ってて、逃げている。)

知りたくなかったと、自分で後悔した。
素直に、幸せや、恋や、愛や、夢なんか語るような上辺だけの曲で、世間をお騒がせする事が、どんなに、気楽で楽しかったか・・・。

そうしろ。

そのまま音楽だけを楽しめ。そう諭された様な、あの冷たく刺さるもの、知ったら戻れない。殺気に感じろと。

レイノあいつは、それを俺に伝えていたのか。もう、ずいぶんと前から・・・。



レイノ、あいつ・・・

いいヤツ。なのか・・・?
この俺を、落ちろと言っておきながら・・・?



コイツも全く分からない。
何がコイツに見えて、感じて、いるのか。
コイツは、アイツには関わりたくないと言っている。そこまで分かっていながら、避ける事しか出来ないと、言っている。

それじゃぁ、そんなにも、深いのか・・・
アイツの持つ何か、・・・とは、・・・


もう、今考え出したら、自分の曲の練習なんて皆無に等しいほど頭に無かった。自分のスタジオの部屋を出て、自販機の前のベンチに座り、何を買うでもなく何を飲みたいのか分からないほど、そこにたたずんでいた。

ポケットから小銭を出そうと、手を入れた。鍵盤の上で指の動きが止まった時、震えていたと思っていたけれど、震えてない。代わりに、指先に力が入らなくてポケットに手をいれたまま、止まって自販機を見つめていた。

ジーーっと鳴り続ける自販機の音に混じって、何か音楽が流れている。
けれど、何のジャンルなのかも分からないほど、耳の中に蓋をされているようで、それでも、この自販機の温度を下げ続ける為に動いている、電機音だけははっきりと耳に届く。

冷た~い。そう書かれている表示を睨んでいた。

何を飲みたいのか分からない。けれど、なにかデジャブの様なこの感覚に思い出したのは、軽井沢で起こったこと。自販機の前で俺は、こうやって同じ様に自販機を見つめながら、敦賀蓮の事を考えていたと。

普段飲むのは、冷た~い。なのにも関わらず、あの時、嫌いじゃないけど夏の軽井沢で、スーパー熱い紙コップの飲み物を買っていた。

なんでだろう・・・?
キョーコが部屋に戻ってないと、共演女優が言ってた。あのレイノが連れ去ったと思いたく無くて、探させた。アイツの部屋に居る事を知って、ドアの前で俺・・・自分で言ったんだ。
この、レイノでさえも怖がるようなヤツに。

キョーコを、返せ。って。

アイツは、ウソくせー笑顔で俺に、なんで不破君が居るの?って、何も分からないで言ったんだ。ドラマクルーでも何でもない俺が、どうしてキョーコの事を庇ったのか。

それは、俺のせいなのだけれど、俺のせいでレイノが、キョーコに興味を持ったのは確かな事。
テレビ局の楽屋にも、キョーコは乗り込んできた。あの、アンタの偽者。何よ!どうにかしろ!と、ビーグールが俺のコピーをしてる事、誰も突っ込んでくれない事に、イライラしていた。
ただの、バンドだったら、なんとも思わなかった。でもすぐに、キョーコは分かったんだ。俺の事をよく見てるって、事だと。まだ、俺の事を見ててくれていると。だから、レイノの事も、俺に向けてしている事を、キョーコに向けたと分かった時、最終的には俺の事を狙っていたのも分かった。けれど、キョーコをなんで巻き込んで行かなければならないのか、好きな女をいちいち巻き込むのは男のすることじゃない。正々堂々と、自分だけに向けろ。と。
キョーコを、生贄にしたんだ。差し出されても無いのに、勝手に俺に仕向ける事を悟らせる為に。そう、仕向けると言われると、キョーコを生贄に選んだやつがもう一人居たと思った。

俺にはうそ臭いスマイルでいたくせに、キョーコに何かあった事は知っていて、そんな怖い思いをしたキョーコを庇うでもなく、冷た~い。顔で睨んで、一人にしろ。と・・・。

殺気だったのか、あまりに寒気を感じて熱い飲み物を買っていた事を思い出した。

でも、あの殺気は・・・
俺に言ったんじゃなかった。あの一人にしろ。とは・・・。
あの時はそうだと思って、次の日アイツに俺は正々堂々と、挑戦状を叩きつけた。隠れてキョーコに好きだと、言わなくてよかった。隠れてなんかしないで、自分がキョーコの心を向けさせると、アイツに言ったのは俺。正々堂々と。

でも、一人にして欲しいと言って篭ったアイツには、こんなに深いところに自分がおかれている状況から、自分を絶望に追いやったキョーコにだった。キョーコが怖い思いをしたことよりも、キョーコを庇うとかでもなく、差し延べられ摑まろうとしていたその手に裏切られたのか、自分で伸ばし求めた助けに振り払われて突き放されたのか、ただ、また一人になってしまった事にやるせなさを感じたのだと。

自分がどんどん深い所に沈んでいくと、アイツ自身で分かっている。

それに戻れないと、恐怖を抱いて。求めるモノは・・・なんだ? 救世主、守護天使、それとも神なのか・・・?
アイツの祈りの様な気持ち、祈っている感情がこの曲にある事だけは、手に取るように分かっている。・・・おれがこの前、敦賀蓮に抱いた肖像は、

世界中が崇め求める、自分を満たすものをくれ。と祈る、それを与え続ける優しい眼差しをなん人にも向ける神のようだと、リアル神様。と、天高くにそびえる象徴。だと思っていた。でも、逆だ。アイツの本心は、深い深いところに落ち続けていく、ただの囚人。
蔑まれるように、落ち続ける、ただの愚者だと。それも、誰にも言えないで、ただ一人で・・・。


はっ!


レイノ、白じゃない。
逆だって、言った・・・黒が真実だと。


明るい光り煌びやかに輝く、敦賀蓮ではなく、
深い暗闇に怯えて落ちてゆく、敦賀蓮が、本当の姿なのか・・・?

敦賀蓮に、キョーコを返せ。と言ってしまったことは、消せないし、消したくない。
アイツの深いところに引きずり込まれるのかもしれない。レイノの様に避けて通れるものならばそうしている。でも、アイツが連れ去るのに選んだ生贄が、キョーコだという事には、目を瞑って差し出す事はできない。俺の過ごした時間の分だけ、キョーコにも同じ時が流れている。

キョーコには、恋愛のような感情と、家族のような愛情がある。
どっちつかずの感情が、愛なのかと言われると、今だ分からないでいる。
曲を創っても、そうなるのは当たり前。大人になれば分かるのかと思っていたけれど、そうじゃない。もっと、根本的に背負って生まれたものの大きさが違っているように勘づいた。

自分の落ちた場所はまだ、光の届く浅いところ。自分でもがけば上に行けそうだと。

敦賀蓮の落ちているところは、きっと、生まれながらに闇の中で、そこからもっと深く落ちて行っているのだろう。そしていつか、自らが壊れ自分で消えていくと、自分自身で思っている。

レイノはそんなアイツには手を出すのは巻き込まれたくないと思っているから。
キョーコをそこに連れ去ろうとしているアイツに、正々堂々と叩きつけた俺は、自分から手を差し出したと同じ・・・。愛と呼べないどっちつかずの感情でも、キョーコを大事に思う事は確か。どんなに今、後悔して、感情を乞う事をしなければ、キョーコをアイツの其処から救って上げられないのかと思った。
もうすでに、あの軽井沢で、あのときに、自分から、キョーコを差し出したんだ。俺・・・。
自分で、アイツの闇の深いところに巻き込まれようと、身を投じて落ちている。
キョーコを差し出した俺には、キョーコを愛しているのか。と問われて、愛している。と、言う言葉ではまだ、うそ臭い。俺の中で。
“ 君だけを愛しているよ。”その言葉をのせた曲に、腹が立つ。

愛じゃない。大事な存在だ。キョーコは・・・。愛の一言だけで、収まるような感情じゃない。
自分の心に整理が付いたと思った。これで、キョーコと真っ直ぐ向いて正々堂々と、キョーコにも、挑んでいけると思う。



ふっ。
しってるか?
お前、敦賀蓮・・・

キョーコは、
愛してる。そんな言葉に
無反応なほどのモノを抱えて生きているんだ。

うそ臭い、輝いているお前じゃない。
キョーコが見るのは、いつももっと裏の顔。

愛じゃない。
そんな一言で収まるような感情なんか、
裏切られて育ってきたんだ。キョーコは。

だから、もっと深いところにいるお前が、
自分でそれをさらけ出して、
キョーコに助けを乞う事を躊躇わなくなった時に、
初めて、見えるもの・・・あんじゃねぇか?


ふっ。俺は子供の頃から分かってんだよ。
それが。よ・・・

俺もお前も、自分を探しているだけで、
的は、キョーコじゃねーんだよ。

もっと、違うものに目を向けたなら、きっと
それに、キョーコが振り向いてくれると
思う。から・・・。



そうだ!それ。

ミルキちゃんも、祥子さんも言っているモノ。
ただの恋愛じゃない。
もっと悩むべき自分の中にあるものに、女は伴なって付いて来るんだと。
それが、男の生き様。それに、惚れさせろ。

そうだよな・・・たぶん。


あんまり、自信ねーけど・・・そんなことができっかどうか・・・


もう、アイツの深いところを追求したとしても、分かるはずも無いから、それは置いといて、自分が気づいた一つの事を、やり遂げようとは思った。
今までに無い自分の変化に、どうしていいか分からずにいる。それは、人を愛する気持ちの真相が垣間見えてきたと思ったこと。それは、キョーコがアイツに深いところに連れられて、共に自害するような消え方をする事だけは、避けてあげるように促してやらないと、キョーコがかわいそうだと思った。
その感情は、愛ではない。恋でもない。全く分からない初めての感情。でもそう思う。かわいそうと・・・。

俺が自分で突き放したキョーコに、こんな事言える権利は無いと分かっている。愛を求めて、愛を探して子供時代を過ごして来たキョーコを、突き落としたのは、紛れも無く俺。
その俺が、コイツ敦賀蓮に深い所に連れられて消えてしまうのは、かわいそうだと思えるほど、俺のと、アイツのとは、レベルが違うほど、深すぎる。アイツのキョーコに向けた感情は、愛ではなさそうと、思っている。ただの愛の演技を求められてきた俳優が、自分自身の人生には演技なんて必要なく、本当に心からの感情を相手に向けているのかと言う事は・・・
アイツの弾いたこの曲調の中には、見出せなかった。


そう今、これから始まったばかり。12時からの俺に、俺の人生のPrelude
俺が自分を変える、これからの人生の、序章・・・

自分の都合だけで考えてしまった、キョーコの感情も、・・・忘れていた。
それに、自分がキョーコにした後悔を、謝罪することも・・・忘れていた。


・・・・―――君に出会えて、

深い海に沈められたのに・・・________

あの頃の僕といえば、愛し方さえも知らず、ただ、
不器用に君を傷付けて、やさしさ・・・

忘れていた。


・・・・だから、それをこれから・・・俺は ____________



.
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 15.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray