• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.103

Category : Story-I of LDs

雨の音も、蓮に抱かれたDream Liquid mind 今、蓮の携帯の画面に映った題名を思い返して、その頭の中まで蕩けて溶かされた感触と、夢を見た事を思い出して。曲と、雨の降り続ける音を聞きながら。レインシャワーの霧を浴びていた。

俳優の敦賀蓮が、今まで仕事でたくさん演らされてきた、赤いバラにも、敦賀さんを想う。
あまりに、華やかな大輪の赤いバラの似合う敦賀蓮が、あの人を本当は、沼地にひっそりと咲く白い蓮の花だと思うのは、この日本中で私だけかもしれない。

あまりにたくさんの努力を一人で重ねてきた結果が、誰もこの世界で愛してはいけないと、自分しか見ないで、がむしゃらに生きてきた人だと思った事もある。その彼の日々の努力も、この何日かの一緒の生活の中で、垣間見た。ただ、綺麗なだけの人じゃない。自分で自分をいつも見つめ、時には自分を外から見て、そして自分自身をいつも輝くように努力している人への、労わりの思いが、私がこの人を支えて行けたらと、心から思った。

好きな気持ちは、変わらない。けれど、この華やかな赤いバラの似合う敦賀さんの事は、大好きで、裏で切ないくらいに支えてあげないと壊れてしまいそうな、ひっそりと咲く白い花の蓮への、大好きは、違う。

男の人として、大好きなのは、敦賀さん。だった。
でも・・・、人として、大好きなのは、蓮。

その感情は、久遠に向けるものと同じ。やっぱりそう思ってしまう。

華やかな、ハリウッドセレブの生活をしている久遠は、大好きだけど、人に言えないジュニアと付きまとう彼の心の闇が、彼の本当の心を閉ざしていた事を知ってしまった時、この人に切ない感情が湧いてきて、支えてあげないと壊れてしまいそうだと思う。そんなコーンが、大好きだった。

男の人として、大好きなのは、久遠ヒズリ。だった。
でも、・・・人として、大好きなのは、コーン。


この二人は、人生の中に表と裏とをもって生きていて、裏を決して表に出すことなく自分の中で治め、そして隠すように、けれど、自分の心をも閉ざして、人生を生きている。

その二人が、同じに見えるのと、同じ感情を抱いてしまうのは、仕方のない事なのか。



敦賀さんも、久遠ヒズリも、いい男を世間への幻想を見せているだけ。
その二人は、綺麗で、聡明で、その光り輝く華というオーラを出していて、憧れる。

蓮も、コーンも、その綺麗な容姿はもちろん表向きの姿と変わらないけれど、一緒に時を過ごして見ると、幻想の世界で生きる為に現実に努力して、人に見せない泥の中に一人身を置いて、血のにじむ努力を惜しまずに心を閉ざした闇の中から這い上がってくるような、印象を受けた。

けれど、蓮とコーンを守りたい。そう思ったのは、母に愛を拒まれてきた私にとって、持っているはずの無い感情。だと思った感情が溢れ出てきて、最初は戸惑い、躊躇った。

・・・母性本能。

お母さん。が子供を守る。そんなような感情が、きゅんと胸を痛めるように刺さってくる。
この愛情。

彼らに向ける私の感情が、愛。なのだとしても、今は、たぶん・・・


母性愛だ。


男の人を、愛で迎える、白いオーラでは、まだ無い。



シャワーを浴びながら、そんな事を考えていた。本当は、蓮に包まれて愛を感じて、楽しくシャワーを浴びようと思っていたけれど、鏡に映る自分が、鏡の中から、そう言ってきた。
蒸気で白く曇る鏡に映るはずの無い、私の回りに輝いたように見えた色が、まだ、同じ淡いピンク色。に見えた。鏡に映ったピンクの光の元に振り返ると、そこにキャンドルの灯り。

白い大理石のお風呂に浮んでいたはずの、赤いバラの花びらが、泡も消え、温度も下がり、バスタブの底に沈んでいる。その水の上辺に映るキャンドルの灯火が見える。それと、その水の色も。

薄い乳白色に赤いバラが沈み、ピンクのようだと思った。キャンドルの真ん中に輝く、ダイヤモンドリングの飾りが、その色を映していて、そこに炎を当てて、ピンクの瞬きとなっている。
ピンク色の瞬きは、覚えのある色だった。

プリンセスローザの色。そして、二人からもらったイヤリングの色。
ダイヤモンドリングと言えば、共に永遠に誓い合う、白いオーラの瞬間を決める時。

まだ、二人には、ピンクのオーラなのだと、直感で思った。

その二人には、深い想いがあることは、確かな感情。恋。そう、まだ恋なのだと。

蓮、敦賀さんに恋をしてきた、過去も。
久遠、コーンに恋をしてきた、過去も。
・・・私の恋の感情は、二人にはそれぞれあった。

この恋が、愛に変わる時は、泉の水が溢れ出して、海に届くまでは、分からない。
自分が、それが確かな愛なのかどうか。


降り注いでくれる、彼らの愛を受け止めるだけの泉ではなくて、自分が底から湧き出る、湧き水のような自分の愛で、本当は溢れさせて行かないと、本当の自分の愛とは、言えないのでは・・・・・・ないか・・・・?


二人を決められない理由は、たくさんあった。こじつけて考えれば、何にでも、何時にでも、どれでも、理由をこじつけて、正当化して、考える事もできる。
そんな、思考の中で考えて思えることでは、本当の・・・・

愛。では、ない。

と、思える。それが、今の私だ・・・・


無理に選んで、大好きな二人を傷つける事だけはよそうと、思う。
それほど、傷付けてしまったら、傷ついて生きてきた彼らに、追い討ちを与える事であり、傷口に塩を塗るような事。そんなことは出来ないほどの、守らねばならない。とおもえる母性愛はある。

母性愛、だけなのだとしたら、その感情には覚えがもう一つある。

さっき、アイツの曲を聴いて思ってしまった。アイツの、私への懺悔だと。

確かに、尚を見てきた自分も、過去にいる。尚に恋をしてきた時間が一番長い。それに、彼を守らねば、と思って過ごした時間の長さは、この二人への時間の長さに比べたら、比べものにならないほどの母性愛をもって、一緒に過ごしてきたという事。母性愛なのだとしたら、同じだと。

ただ、それに思い当たる事。それは・・・


その時、一緒に居る人に流されているだけ。


そう思ってしまった。
久遠と居て、久遠の事が蓮を忘れるほど大好きだった。蓮と居て、蓮の事が久遠を忘れるほど大好きだった。
それにこれから、一緒に仕事をしなければならない尚と、過ごして行ったら・・・?

自分がどうなるのか、怖くなった。

アイツが、懺悔なんてするからだ。そう言いたい。もう、感情を乱さないで欲しいと。この二人でも大きすぎるのに、もう一人、ビッグになったヤツを相手にせねばならないのかと。

久遠も蓮も仕事柄、役者として感情を上乗せして、雰囲気を出したりするのに秀でる才能を持っている。それにコイツは、歌に乗せて、感情をあふれ出させるのが、仕事だ。
その、それぞれの才能が、人を惹きつけて止まないと認められて、このそれぞれの世界でトップに君臨している人たちであって、人を惹きつけて止まない、その才能に、自分も一般の人と同じ様に流されてしまうだろう。尚にも流されないはずが、ない。かもしれないと、思った。


でも、二人を傷付ける事は、怖いこと。また、心を閉ざしてしまうかもしれない。


それが、母性愛。

男の人を愛する、恋愛の愛について語れない、今の私はこの、母性愛というトラウマから、逃げ出せないで繰り返す、元に戻るリングのように繋がって、また、同じ事を思うのだろうと、思う。


それならば・・・
誰を―――――、



私を美味しくして、上手に食べてくれた人に・・・?


その人に向けてもいいのか・・・?




・・・
フッ。


思わず、鼻で笑ってしまった。


( Only….One Love なんでしょ?)

私は、蓮が新しく置いてくれた、ピンクと白いバラのアレンジメントを見て微笑んだ。
柔らかい優しい気持ちで抱いてくれた蓮を思い返す。愛されるという事を、実感した。

冷たく冷めた、赤いバラのお風呂の水を栓を抜きながら、窓をながめた。
さっきは水蒸気に包まれて温かく白く曇っていた窓ガラスが、外に降り続ける雨の冷たさに冷やされて、入ってきたときには雫のラインが窓に滴り流れ落ちていた。
その雫の作る数々の糸のような線は、久遠から降る滝のようだとも思った。その糸のようなラインの向こう側に、窓に当たる雨の雫も数々の糸のような線を作っている。降り続く蓮の雨。久遠と蓮が重なって見えた。

シャワーを浴びながら、体を洗っていた。上から降るレインシャワーの霧は、天井の近くに雲のように白く雲って、そして、私の体を濡らし続ける。

窓の内側。

さっき、蓮が書いた、自分のサイン。
敦賀蓮。のサイン。

また曇り始めた窓に、浮き上がった。

そのサインの上を、久遠のようだと思った滝の雫が、蓮のサインに傷をつけるように、線を刻んでいた。久遠が泣いている。そんな風に思えた。


蓮の置いてくれた新しい、ピンクと白のバラのアレンジメントには、大輪のプリンセスローザの色違い。3本の白いバラと、3本の淡いピンクのバラで、輪になるように並んで、その回りに、ミニバラで埋め尽くされた、綺麗な一つの花のようだと、思った。


でも、3本の白いバラを見て真っ先に思ってしまったのは・・・。
私の感じる母性愛は、
この、白い愛を伝える彼らと、それに答える自分の恋。


久遠ヒズリ。コーン。

敦賀蓮。れん。


そして、・・・不破尚。ショータロー。

裏では感情を表に出さずに足元が崩れ落ちそうになるような衝撃があっても、それでも一人。努力をしているショータローも、知っている。あの、幻想のような衣装に身を包み、幻を見せ続ける華やかな不破尚が、抱えて生きる苦悩も昔から私だけが知っていると思う。


・・・。


この人たちに思えた自分は、この蓮がくれた愛情に・・・

・・・蓮に答えられているのだろうか. . . ______________?


自分が今、最上キョーコではない。


それには、やっと気づけた。じゃぁ・・・私は・・・・・




だれ?




敦賀蓮の横にサインした自分の京子のサインを見つめて、手のひらで消した。


冷たい窓ガラスの感触が、掌から体の中を冷やすように感じて、ぶるっと震えた。
そんな事で震えたのかは、分からない。その冷えた手で、バラのアレンジメントをぽんぽんと撫でてみた。香るのは、My Desire 私の望。DEICA蓮華のキャンドルに揺れる炎で、その手をかざし、暖めた。震えている指は、寒さではない。体中が火照っていて、上からの霧の冷たさが気持ちよく感じているから。

蓮に体を火照らせられて、上から冷たく柔らかく包む、蓮のくれる雨のような霧のシャワー。

このシャワーから上がった後に、自分は蓮がくれた愛に心から応えられて一緒の時をすごせるのだろうか・・・。

抱かれる前に久遠に見えてしまった私の・・・本当の心の中は、No だったかも知れない。

でもその時、自分の体は、Yesと蓮に答える様に、感じていた。こんなにも長く敦賀さんと、こうしてこうなる事を待ち望んでいた筈なのに。と、思ってしまう。

久遠が泣いていると思ってしまった窓ガラスの内側に、手を付けて感じた、この冷たさ。
蓮の象徴にしか見えないこのキャンドルに、久遠の冷たさを感じたこの手を、蓮に暖めてもらいたいと思った様に無意識にかざしていた。蓮と一緒に浴びたさっきのように、その手を上に大きく伸ばした。気持ちいい。と思えたさっき。

今は、下半身に蓮の痕の感触が残り熱さを感じているのに、伸ばしたその手は感覚を失うかのように、冷たさに指先が震えていた。


________ . . . 二人は、冷たい。

本当の、二人の心は、冷たい所にまだあるのだと。
そうでないかもしれない。その冷たく冷え切ってしまった心の居場所を、探しているのかも知れない。それが、彼らの求める、愛。と、いう居場所なのか ___________?


私が加えるように思ってしまった、もう一人。
その時に、この心の奥底に冷たい物を抱えて生きている彼らの、

心をまた、閉ざしてしまわないように、できるのか?


ずっと流れている音楽を聞きながら、蓮の体温を肌に感じた甘い時を思い返していた。
蓮の携帯の画面でみたそのタイトル、Dream – Liquid mind を思い返す。
空の雲の上に浮ぶ深紅のソファにもたれ眠る、人懐っこそうな寝顔のフワフワした可愛い1匹の猫と、威厳を持ったような筋骨逞しくも妖艶な寝顔で眠る1匹の犬。
久遠と蓮が空の雲の上に座る夢を、思い返された。

二人の居る雲から降りそそぎ続ける、蕩けるような優しい私への愛を、泉に・・・。


(夢に、望が、溶かされる様に流れだす。もの・・・?自分の泉・・・)


その時、音楽が止まって、部屋に蓮が帰ってきたと思い、急いでシャワーを止めた。

蓮の灯り。
キャンドルを持って、彼のサインの下に置いた。魔法使いの人形に微笑んで、キャンドルの前に置きなおし、ポンと頭を撫でた。


よし。


キャンドルの灯りを、ふっ。っと息を掛けて消し、その一筋の煙となった蓮華の灯りは、My Desire望の香りの蒸気に包まれて、溶け込む様に消えた。

バスルームを急いで後にして、蓮の待つ部屋に急ごうと、思った。

バスルームを出たところで体を拭こうと、リネンクローゼットを開けたが、何も見ずに目を瞑った。そのままライトのスイッチを消して真っ暗にした。

たくさんあるバスタオルの中から、目つぶったまま一枚を取った。その色・・・今の私を占うように。

鏡の前に置き去りにされた、さっきのマッチの箱を手探りでとって、一本を箱から出した。何に点けるわけでもない。ただ、確かめて見たいと思っているのかもしれない。

その色のバスタオルを巻いて、マッチを擦って、自分の目の前にその炎をかざした自分の姿を、鏡に映した。青白い軸の方に点る炎の回りには、明るいオレンジ黄色の炎が先端に向かって揺れ、蒼い炎を包む様に点っている。私の見た自分の瞳に写った色・・・・。

ふっと、息を掛けて俯いた。

真っ暗に戻ったこのサニタリールームの中に、さっきまで薄っすらと香っていたダイヤモンドの香りが、私の擦ったマッチの煙の匂いに包まれて香らなくなり、我に返った。

蓮が止めた、脳が溶けて思考が蕩けるほど優しい夢の曲と、私が消した、ダイヤモンドのように煌めく蓮華の香りに、私が見た今の自分の鏡に写った瞳の色を、目を瞑って思い浮かべ・・・。



蓮~。まってて~。
今、行く。



電気を点けて、そう叫んだ。巻いたタオルが落ちないように、ぎゅっとタオルを握った手に持っていたものは、そのマッチの箱と、初めて付けてみたいと思った、大人の香りのボディクリーム。El An- True Love Eternity
このシリーズの中で、久遠に貰った物ではない。この部屋に私が来てから用意してくれたもの。毎日このボトルを眺めて、香りを確かめては、この香りに似合う人では無い。と、自分でいつも思っていた。それなのに、今、初めて思えた。この香りを付けてみたいって。
蓮がくれた、True love 蓮からの気持ちで、いいのだろう・・・。

瞳の色を確かめるように、もう一度鏡を覗き、笑顔を作った。いつもの色。いつもの私。
夢の曲が止められてから鏡の中で見た自分の瞳の色が、私は・・・。

蓮の見せた幻想が、夢に溶かされて終った色だと思った。

“ 今の、魔法だよ。”

誰かにそう言ってもらいたかったのだろうか。今、自分の瞳に写った炎の色に、蓮の瞳が見つめた炎の色に、さっきも今も突然テレパシーのように聞こえてしまった声。でもそれは、大人になったコーン・・・久遠の声で。
その声が聞こえた気がしたさっき、蓮華のキャンドルの煌めく灯りの中で見た人は、蓮。
でも、蓮は久遠のこんな言葉は知らないだろう。

もう一度大きく息を吸い込んだ。もう、さっきまで薄っすらと香っていたキャンドルの蓮華の香りは、自分の吹き消したマッチの匂いで香らなくなっていた。

自分で吹き消したマッチの炎と共に、蓮の見せた香りと音楽と色の織り成す幻想を、自分も彼らと同じ魔法使いであったならという、思いを込めて自分から今考えている事を頭の中から追い出そうとした。

自分のいつも彼に向ける、その笑顔と、自分がいつも彼を見つめる、その私の瞳の色に、
さっき見た蓮が久遠に見えた事も、自分の瞳の色が変わって見えたのも、蓮の選んだバスタオルの色に、今の自分が取ったタオルの色。全部全部、魔法のせいにしてしまえば、全てが丸く収まると思いたかった。

そう、今ここに居る人。邪法を操る、魔法使い。それに、赤いバラの似合う・・・。

もう一度タオルを巻きなおして、リネンクローゼットの扉を閉めようと手を伸ばした。蓮の待つ部屋に行こうとドアを開けた。そのタオルの色――― 貴方への、今の私の気持ち・・・



――――――カチャ・・・



あっ。
キョーコ、はい、お水・・・



彼女がバスルームから出てきた時に見た、そのバスタオルの色に、ドキッとした。
水のペットボトルを思わず握り締めてしまいパキッっと音を立て、その渡そうと伸ばした腕が震えた。



.
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 15.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray