• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.100

Category : Story-I of LDs
抱き寄せられて、おでこを付けられて言われて気がついた。

タオルが巻かれているところ。
もちろん、避妊してないで終ったことは経験済み。どろっとした感触のものが流れ出てきた。それが、この何日間か、自分と蓮をきっと悩まされて悩ましていた事で、蓮が戸惑っているような気がしていた事にも、どうしていいか分からないで明るく、とにかく明るく接してきたと、自分でも思う。

蓮に初めて抱かれて、思う。
素直な気持ちは・・・。それと、今は、これからは・・・。

(敦賀さんの事を、ずっとずっと、大好きでした。と、貴方の事を、蓮のことを、愛しています。)

そう思って、付けられたおでこにテレパシーで伝えようと、念じ始めてみて、思った。
(言ったほうが、いいだろう。それに正確で早いし・・・)と・・・。
抱き寄せられている体の隙間から、ごそごそと、左手を出して、薬指の貴方からのプロポーズのようなネイルを、その大好きな人の唇に、そっと付けた。

目を瞑って言うが早いか、目をつぶるちょっと前に蓮は目を瞑って、その指にキスをしてくれる。


蓮、愛してるよ。
でもね・・・


キョーコのその先の続かずに躊躇う言葉に、俺は、どういうことか分からなくて、目を開けて抱き寄せていた腕を緩めて、背中を摩って促した。


でもね・・・
もう会えないかと、思う。
・・・と、淋しい。


(どういう事!?)

驚いて、おでこを離して、優しく抱いていた腕が、無意識に肩を掴んでいた。でも、微笑んでいる君は、今、分からないでいる俺を、きっと楽しんでいるんだろう。はは~ん・・・。キョーコも、共演者キラーだもんな。



ずっとずっと、大好きでした。
敦賀さん。

でも、私の心の中の、今までの敦賀さんにはもう逢えない。
今は、もう・・・敦賀さんでは、終らないぐらい・・・


貴方の事を、愛しています。

これからは、あなたを・・・蓮。
大好き・・




その、愛しい告白が、嬉しくてすぐに唇を重ねたら、口の中でモゴモゴと、言葉が続いていたのに気がついたけど、そんなものは気にしないし、いらない。蓮にとっては・・・

です。

そんな、敬語。敦賀さんにだけ。・・・ですよ。最上さん。

この数日間、自分の中の久遠と蓮の感情が混ざって、気が付かされて、決心して、いろいろな事が走馬灯のように流れてきて、思い出したり、考えたり・・・。
自分の人生の一番の核心が見えても来た。たくさんの夢を見て、気づかされた事も多い。
その夢も、考えた事も、全て君が与えてくれた、俺へのきっかけだった。
その、きっかけをくれた君は、本当に、俺にとって・・・

最強のお守り。


二度とこの手を離してはいけないと、思ったあの日。二度目に君から与えられた温もり。
握り返したその手の感触を夢ではなかったと確かめるように、離されてから病院で一人で思った。
その時に思い返して、もう一度一人で握ってみたこの自分の右手に残る感触を確かめた。

この、君の左手を、二度と離さない。と・・・


その誓いを、いつか・・・本当に心からの誓いを残そうと思う。いつの日になるか分からないけれど、そのいつかまでは、蓮と久遠の二人で、君に・・・

And my deed…


この外の降り続く雨のように君を濡らし、乾いた君の心を濡らし、愛を拒んできた君の足元に広がる ひび割れた大地に立つ君の道をも濡らして、豊かな大地を与えて、安心して育て伸びてゆける様に・・・・

この蓮と久遠の居る雲から、降り続けるから。

この蓮と久遠の二人からの二倍の速さで、君をいつか太陽の下に導くと、雲という俺の柵(しがらみ)が、上に照らす太陽の光に蒸発して消えるように、雲から顔を出した太陽に向かい咲き続けて欲しい。それは、自分を見つめて、君が咲く。君のこれからの人生で、豊かな大地をさらに豊かに、色々な命を芽吹かせて、いつか、いろいろな色の華を咲かせて広がって欲しい。

そうだ。俺達、久遠と蓮を明るく光の世界に照らす太陽は、もうすでに照らしていた。
この雲の上で、君はもう、ずっと俺を見ていて、守ってくれていたんだ・・・。


ベッドサイドに揺れるキャンドルの炎に、蓮の香り。その後ろに見える白いマグカップ。久遠に成った時の為の、マグカップ。それらを見ていた中で、考えていた。

抱き寄せていた腕の中で、その香りを楽しんでいるキョーコを見て、嬉しかった。
敦賀蓮のイメージを創ってきたこの香りに包まれている空間で、君を抱く日が来るなんて思った事も無かった。蓮の全てを分かってもらえたような気になる。


なんの、香り?


あぁ、これ?
ダイヤモンドの香り。
って、呼ばれてるよ。


(香りについて聞かれるって事は、気になる。コレ好き。って意味か。)

ダイヤモンドの香り。その表現は曖昧で、ダイヤモンドに香りがあるのかと言われれば、口に入れたことは無いが、無味無臭。そんな感じだと思う。俺が思ったのは、蓮の花の香りって思ったんだけど。けれど、キョーコは、この香りを嗅いで、思った事があるらしく、それを話し始めた。


これが、ダイヤモンドの香り~。へぇ~~。
でもあのね、蓮には関係ないんだけど・・・


うん?なに?
言って?


・・・・。

私は、蓮の腕の中でその胸に顔を寄せていたが、彼の腕の中で もぞもぞと動いて回されている腕が離れないように腕を掴んで背中を彼に向け背中で彼の体温を感じ、抱いてくれている腕を上から両腕で囲むようにして、そして自分の左手を彼の左手を握って指を絡ませた。


あのね・・・


その左手で、蓮の左手をぎゅっと握り締めて、右手でキャンドルに手を伸ばし、ガラスの淵を撫でた。その下に、蓮の花が描かれているのが気になっていた。それに、ガラスのキャンドルホルダーにリボンに巻かれたラインストーンのリングが付いていて、ダイヤモンドリングをイメージしているのかと思わせる。そのリングが炎が揺れるたびに、瞬きとなってキラキラ全体が輝いている。すごく綺麗なキャンドルだと、今までに見たこと無いほどの、豪華なキャンドルだと思う。


蓮はね・・・
このキャンドルみたい。

火を灯したら、その火が消えるまで、こうやって輝き続けて、
人を魅了する香りに、ゴージャスさ。

ふふっ。蓮、知ってる?
巷では、芸能界で貴方のこと、ゴージャスターって呼んでるって。

それに・・・


頭のいいコ。そう思った事が今までに何度あった事だろうか。なんでも気が付いて、言わなくてもやってくれる事もある。それに、なんでも気が付いて。のところ。こんな事にまで気づくなんて・・・あまりの勘のよさに驚いた。


それに?


褒めてもらえて光栄です。自分でもがんばってきましたよ。そんな風に思いながらも、気になった続きを促すように言葉を続けて言った。、その勘のいい頭に、ちゅっとキスをして、ぎゅっと抱き寄せて、その君の肩に頬を寄せ、一緒にキャンドルを見つめた。


・・・。

ん?それで?


何にも言わないので、もう一度促してみたら、驚くことを、この勘のいいコは、その勘のよさと、直感のよさも認めたくなるほどの事を、話し始めた。


・・・この、同じ雰囲気を、知っている人がいるんだけど。


へ~。誰?


・・・前に、・・・私が先生と呼ぶ人が居るのは、
蓮も会っているから知ってると思うんだけど・・・。


(えっ!?クーの事!?)

びっくりしたけど、落ち着け~。と思って、普通になるべく冷静に話そうと心に決めた。
今は、彼女の思う事を聞いた方が身のためだ。せっかく、まだ秘密にしておいてもいい状況になったんだから。と、思いながらも、ズバッと言った。


ふ~ん。それって、
クー・ヒズリの事?


うん。そう。
前に、クオンをやった時。

(そうだった・・・。キョーコ、俺を演ったことあったんだ。・・・忘れてた。)

その時にね、先生が言ったの。
クオンのイメージ。

私ね、子供の頃に、久遠に逢った事があってね。
2,3日、一緒に遊んだんだ。その時、ものすごく綺麗な男の子。
妖精だと、思った。
その時、無くした絵本があってね、その絵本の妖精みたいだったから。
(ま、アレは、あのバカが隠してただけだったんだけどね!フン!・・ま、置いといて。)
それで、先生がクオンを、15歳の男の子。
それを、演じてみなさい。って、言われたんだけど・・・


(う~ん。15の俺か・・・。一番、思い出したくない嫌なとこだよな。ドラッグに手を出して、荒れまくりの・・・。最近よく、obsession with pay memories backで、思い出してたけど・・・。)

久遠と言われて、日本語と英語が混じってしまった。こうなると、日本語が思ったように出てこなくなる事もあった。


それで、その時、先生が言ったのがね・・・

“生きた宝石と称される、美しい妻から生まれた子は、ダイヤモンドの様な煌めきと、人外の美しさは、まさに奇跡。”ってね。

そうそう、久遠のお母さんは、蓮もモデルだから知っているよね。
ジュリエナ・ヒズリさん。あの有名な。


ふ~ん・・・。で?

(知ってるも何も・・・、どうしろと言いたいんだ。)


んでんでっ、その、“ ダイヤモンドの煌めき。”ってとこ。
このキャンドルが、ダイヤモンドの香りで、蓮の花がここにあってね・・・
この炎が揺れると、ここの部分が瞬いて輝いて、
んで、炎の色といい、セクシーに揺れるトコとか?
全体のゴーカでオシャレな雰囲気とか?
これ・・・



蓮。だよね。
ものすごく、蓮みたい。



そうして、このキャンドルを持ち上げて、蓮の花の部分を指差して言うキョーコに・・・
おもわず心臓が飛び出るかと思うほど、びくっとして思わずキョーコをぎゅうっっと抱きしめていた。
久遠のイメージをクーが親バカ丸出しで言った言葉を、久遠に重ねずに、えっ!蓮の方!?と思ってしまった俺は、そうそう、久遠・・・。と思った事で、落ち着いて言葉を返した。


あぁ、そう?
そうかな?
でも、クー・ヒズリは、久遠の事を言ったのだから、
それは、久遠。・・・の事だよね。


久遠。と、強調して言っておいた。(蓮ではなく、久遠。)そう心に思って、キョーコの頭をグイっと、急いで胸に付けて、心で叫んだ。(久遠だってば!!それは。)

・・・・・。

胸の中で無言で居るキョーコが怖い。でも、思いついた。沈黙は肯定と。(しばらく、そのまま黙ってて欲しい。)それも、心の声に追加した。

・・・・・。

(よし。偉い。キョーコ。)本当に伝わっているのか どうかよく分からないけど、沈黙は肯定と言えるチャンスが来たと思って、起き上がってベッドのヘッドボードに寄りかかりマグカップを手に取った。おもいっきり喉が渇いていたので、しばらくそこに置いたままになっていた、冷たく冷めたお茶を ぐびっと一口飲んだ。

それをキョーコが見ていたので、ん?と思ったけど、その、ん?ってのも、自分の中では、白は久遠。と、ヘンな完璧主義魂があって、蓮が白い物を使っていることに不信に思われているのか?と、また、動揺しそうになった。久遠のマグカップを使ってみても、今も蓮のままで居れる事にも、戸惑いは無かった。けれど・・・

(ふ~~~。落ち着け~ぇ・・・。)

なんとか、どうも落ち着きなさそうなので、白は久遠。このヘンテコなこじつけは、俺の中だけ。キョーコは知らない。と、繰り返し心に刻み込む。キョーコもモゾっと、起き上がってきて、座っている俺の横に寄りかかって、頭を肩にコツンと付けた。


これで、いい?


そう聞いたのは、他でもない。お茶の事。そう思って言ったけど、どうも考えると、自分が肯定しているような言い方になってしまっているような気がして、一口お茶を口に入れて、肩を抱いて、唇を重ねた。

(そーいや、こないだは、ここから頂戴。ってお水、飲ませてもらったな・・・。)

思わず、久遠でいたホテルで、キョーコ・オン・ステージ。の前を思い出してしまった。

(もっと、って言って。って言っても言ってくれなかったのに、あの時、もっとぉ~。とか言ってたな。このマンションが見える窓際で、違うこと。するか?って聞いたんだよな・・・。)

そんな事を、考えていたら、さっきのキョーコは、もっと、もっと。って、もっと。をたくさん言ってくれたな。と思い出して、本当はもっと。したかったんだけど。なんて事まで考えて、嬉しくて愛しくて、肩を抱く手に力が入ってしまった。唇を離して、キョーコを見た。


ぷは~。
もっと。もっと、頂戴。


どうも、やっぱり俺と同じ。喉がスーパー渇いているらしい。きっとさっきの、ん?は、私も飲みたい。って事だったんだろう。と思っていたら、動揺もどこへやら。
こんなことに、もっと。も連発。素直に言えるキョーコが、本当に可愛い~。とは思っても、この小さいマグカップでは、あと、2,3口しか入っていないので、お水を取って来ようと思った。

(でも、その前に・・・もう一度。その、もっと。に答えないとね。)

そう思ってキョーコに一度微笑んで、口にお茶を全部入れて、口の中はまぁまぁ、めいっぱいだったけれど、唇を重ねて、半分は、キョーコに。半分は自分で飲んだ。二人とも飲み込んだのを確認して、キスを続けながら、マグカップを持ったまま首に両腕を巻きつけて、唇を動かすだけのキスを続けた。あんまり深いキスをしては、もう一度、久遠の時みたいに、おっきくなりそうだったので、今日は、もう出来ません。キョーコが。と、心に戒めて、加減した。

唇をはなして、吐息のかかる近さで、お水、飲む?と小声で言えば、もう少し。と、深いキスをしてきたので、ま、いっか。と思って、そのまま深いキスを返してしまった。

持っているマグカップが、じゃまクサイな。そう思って目を瞑ったまま腕を伸ばして、反対の自分の方のベッドサイドのテーブルに置こうとした。コツっ。と、何かに当たったような感覚があったので、ちらっと見ると、俺のiPhoneが置いてある。今リピートで掛かり続けるDreamはそのままに、マグカップをその横において、ついでに、キョーコの充電コードを拝借。片手で充電に繋いだ。

(さぁ、両手が空いたぞ。)

そうも思ったけれど、やはり、今日はもう止めよう。かわいそうだ・・・。と思ってキスを離した。


どうする?
シャワー浴びてくる?
それとも、一緒がいい?


あんまり、した後のシャワーは、今まで一度も相手と浴びたくなかったけれど、なぜか、今、いいかそれでも。と思ってしまった。久遠の時ですら思わなかったのに。

(なんでだろ?)

キョーコへの恋の想いが、敦賀さんは募りすぎていたのが長すぎたのか。それとも、彼女の全てを愛しているからだろうか・・・

(それって、まぁまぁ新婚を過ぎた頃の夫婦みたい・・・?・・・だな?・・・!そうだ。)

俺たち仮の夫婦だった。役の上だけど。しかも明日はスチール撮影もあるし、明後日から、ドラマの撮影も入るし。

(そっか~。夫婦だ~。嬉しいな~。全国放送でラブラブできる~。でも、敦賀さんだな・・・。ドラマの中では・・・蓮じゃなく。)

腕を組んでそんな事を、考えていたら可笑しくなって、笑ってしまった。


ふふっ。
(そう、敦賀蓮でこのドラマ、出れる。)


久遠ヒズリになるかもしれないと、契約を自分から辞退しても、久遠に配役変更してくれるかも分からない事など思っていたことも解消されて、残念だけど、嬉しかった。
まぁ、いつか、そっちの願いが叶う時まで、楽しみに待っていればいい。と、新たに思って、白いマグカップに目を移していた。

(Should stay right where you are…まだ、そこで待って居ろよ。クオン。)

心の中で、クオンに言い聞かせた。それまで、まだやりたい事が蓮にも久遠にもある。



ねぇ、どっちがいい?
シャワーか・・・、お水?


(どうしよう。)

その蓮の言葉を聞いていて話したい事はもっとあったけれど、今、言わんでもいい事なのかと思い直して、ついでに喉がカラカラだったのと、もう一つ。実は訳の分からない感触が、太ももの間にある事を気にしていたら、またなんか、流れ出てきた。

(ん?なんか、どろっとしてない・・・。)

前に妊娠したのかも、と思った久遠と避妊しないでした時の感触と違うし、蓮はそんなに出しちゃったのか?と、ナルホド・・・雑誌に書いてあった、溜まる。と言う事は、こういうことかいな?と、ヘンな想像までしていた。でもよく考えれば、これは、毎月の感触かも?とも思った。確かめたかったので、お水。と選ぶ事にした。


じゃあ、ちょっと、
すぐ戻るよ。


そう言って立ち上がって、マグカップと携帯を取ろうと思ったけれど、そこに落ちている俺が体に巻いていた水色のバスタオルを拾って、ベッドの上に乗せたら、携帯を忘れて部屋を出た。キッチンにお水を取りに行くついでに、マグカップを置いていたら、携帯を忘れたのに気が付いた。でもとりあえず自分の部屋に行って、急いで、シャワーもササッと、浴びてきた。ひよこ色のタオルは巻きたくないし、またバスタオルとか、バスローブで戻ったりしたら、ソノ気になってしまうかも。と思って、Tシャツにジャージを履いて、そうそう。と、思い出しながら、戻る事にした。



.
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 15.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray