• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.102

Category : Story-I of LDs
コンコン。


キョーコ、入るよ。


一応、ノックして声を掛けた。
返事は、無い。そっとドアを開けて、中を覗いたらそこにキョーコは居ない。


お水のボトルを持って、ベッドに座っていると、彼女がシャワーを浴びている水の音が音楽に混じって聞こえる。ベッドのサイドチェストに、水のボトルを置いて、ぼーっと部屋を眺めた。
部屋の中には、キャンドルは無くて、代わりにベッドサイドのライトが点いていた。
今、座ったところに置いたと思った水色のバスタオルが、広げて椅子の背もたれに掛かっている。

(水色?・・・雨の色、だったんだ・・・タオル。頭はひよこ色だったし・・・。)

自分で、白いバスタオルをキョーコに巻いて、黄色のタオルは自分の頭で、ブルーが自分で使って、ラブミーピンクがキョーコ。なんという、偶然・・・。

自分は、本当に魔法使いか!?と思うほどあまりに出来すぎていた、色のチョイスに香りの選び方に、驚く。こんな事が起こるこの部屋、お祓いでもしたほうがいいのか?と、思ってしまうほど、キョーコが来てからアレコレ起こる。


自分でも思った。白と赤の世界だった。と・・・

本当の愛と、偽りの愛が、入り混じって、彼女を抱いてしまったかもしれないと。


蓮を雨だと言った彼女の言葉が心にあって、その雨の色の水色と、久遠に成るかもしれない不安が頭にあって、ブロンドの髪のような、ひよこ色。

本当の愛で包んでいたと思う白の色と、愛に怯えるラブミー部の頭の中。震えていた彼女の体を思い出す。
部屋にまだ残る、このダイヤモンドの香りが、彼女は、今シャワーに入ったばかりだと思わせた。

このゲストルームにだけ繋がれた、ブルートゥースのスピーカーからは、まだリピート設定してあった、Dream が流れ続けていた。自分の部屋に戻る時、廊下にも、キッチンにも、もちろん自分の寝室にも、この曲が流れていなかったので、うっかり忘れていた。
音楽を止めようと、iPhoneに手を伸ばした。でも今キョーコが、この曲を聴きながらシャワーを浴びている事を考えると、自分と過ごした今の時間を思いながらシャワーを浴びて欲しくて、そのまま止めずに、部屋を出た。

IPadから同じ曲を流そうと思って、ダイニングに行った。鍵盤の前に置きっぱなしの自分のと、その傍に、キョーコのiPadが置いてある。
気になっていた。アイツ、不破がキョーコに後悔を綴った歌を、送っている事。
もちろん、仕事のクライアントだから、その仕事に対しては、何があっても、プロ。として、やらねばならない。自分の感情なんて後回しにしなければならない。その筈。

(その筈だろ!不破!!!)

心の中で、叫んでいた。仕事を自分の都合で使うヤツなんて、許したくも無い。と思っていた。

でも、思い返してしまった。

自分、俺も、同じ事をした。と。

自分の感情が戻らない時の為にと。カインの時のようにお守りなどない。けれど、カインになる時に感じた、自分が元に戻らないかもしれない、・・・恐怖。

その恐怖に、久遠から蓮に戻れなかった時の為に、自分が仕掛けたこと。一年以上も前から、以来を受けていたが、断り続けた。それなのに、何故受けたのか。それは、その恐怖と戦う為の、準備として、そして、保険として。

そんな自分の都合で、世間をお騒がせしている事には、不破の事だけ、咎める訳にはいかない。な・・・。


もちろん、彼女のiPad もiPhoneも、隠れて見る事は決してしない。それは常識。
見せてもらえる分には、構わないと思っていた。

でも・・・

見せてくれるのだろうか、不安に成りそうだった。まだ、キョーコが心のどこかに、アイツへの昔の感情が芽生えでもしたら・・・?

それは、久遠に対しても、持っていて欲しいと願う感情。子供の頃に感じた自分にとって、大切で、大事な、心が記憶している疼きの様な感情は、今もまだ、俺の中に残り続けている。
初めての友達。それは、恋ではなかったけれど、この歳になるまで恋をしたことがなかった俺にとって、それが恋だったのかと言われたら・・・?どうなんだろう・・・?

天使がくれた笑顔が、忘れられないで、ここまで、別人の人生も生きてきた。

自分を取り戻したくて、新しい人生を幻想から現実に、自分で創り上げた。

その、人生を造ってくれた糧は、その、天使の笑顔。


前に、にわとり君に言われた事がある。
その人を考えたり、思ったり、気に成って、それに喜びが伴なえば、それが恋のはじまり。なのだと。

天使がくれた笑顔を胸に、ずっと生きてきた俺は、もう昔から ____________
実は・・・(じゃぁ、にわとり君、曰くの・・・)


キョーコに、恋に落ちていた。


のか?


それにキョーコにも、コーンの事を忘れないでいてくれたという事も、引っかかってしまって、
キョーコちゃんには、もうすでに、ショーちゃん。という存在がいたことは、事実。
けれど、今思う事は、彼女は人を天秤に掛けるような人ではない。という事。素直すぎて困るほど、人に向ける感情もそのまま。久遠にも、蓮にも、同じ様に愛をくれて、好きといってくれる今のこのキョーコをみていると、人への感情を天秤に乗せる事が出来ない。いや、持ってないのかも知れない。そんな、人だと。子供の頃からもしそうだとすれば、コーンの事を考え続けて、コーンを頼って生きてきてくれた彼女にも、コーンに、恋をしていたという事かもしれないと。思ってしまった事を、心で願って止められない。

それなら不破に対しても、天秤に量れない彼女には、真っ直ぐに彼女の心に、不破の言葉が届くのか?いや、曲湾思考の彼女なら、大丈夫。そんな安心感もあれば、でも、素直な彼女が、真っ直ぐに受け止めてしまったとしたら、また、彼女はアイツに恋に落ちてしまうのだろうか。


考えても、とにかく今は、答えなんて出る筈が無い。自分の感情うんぬんの話ではない。
彼女の感情だ。人がコントロールできるはずが無い。・・・いや?・・・できる。かも・・・。

感情を押し付けてしまった、久遠で居た時。
自分で、決めて、自分で選べと言っておきながら、子供は産んで欲しいと自分の望みを言ってしまった事。押し付けてしまっては、かわいそうと思った。

そのかわいそうだ。と思える感情も、キョーコへの愛情だと、自分では思っている。このままでは、彼女が不破に対する感情は、消えてなくなるはずが無い。心のどこかにいつも居て、それが好きか嫌いか、そんな事でもない。一つの彼女の蟠りであって、それをしっかり彼女自身に選ばせて上げないと、いつか来てくれると信じている未来に・・・自分を素直に受け入れてくれないのだと、思う・・・から・・・。

それには、自分で戦えばいいと。
それとは、ラブミー部員第一号。ラスボス。最上キョーコ。その彼女の感情を、奪ってしまえる、押し付けないでも、こちらに向いてくれるように戦っていく必要がある。
誰に対してなのか?戦いを挑むのは。

もしかしたら、不破とか他の男ではなく、
他の誰でもなく、愛を拒み続けた、キョーコ自身かもしれない。その彼女を惹くことに、努力を惜しむつもりはない。そんなことで、彼女を自分がコントロールできるのか?それは定かでは無い。
けれど、自分も考えさせられてしまった、心を動かされたと思える、アイツが努力している事を、俺だって認めてやる。
正面から軽井沢で挑戦状を叩きつけられた、真っ直ぐなアイツ。その一番厄介なヤツにも、戦いを挑む為にも、そして、アイツもきっと、戦わなければならない、ラスボス自体にも。

正々堂々と戦いを挑む為に、そのラスボスへの、


….My deed…


・・・それを取りに車に、キョーコがシャワーを浴びている間に行こうと思って、そうそう。と思いついたカードキーを握り締めた。

でも、また思い出してしまったものがあった。

さっき、ダウンロードしてしまった、そのアイツの曲。キョーコに送られている未発表曲は見る訳にいかないけれど、こっちの新曲もかなり気になっていた。Dream の曲の合間を狙って、自分のiphoneから流していた曲のブルートゥースを、自分のiPadからに移して、携帯とカードキーを持って、まず書斎に行った。ダウンロードが出来ているので、iPodとイヤホンを持って車に取りに行った。

エレベーターの中で考えてしまった。

でも俺も、仕事をダシに使って、キョーコとこうして住んでいる事。ショパンの曲を私用で流してもらった事。全て、不破のヤツばかりを、咎めるのは・・・。

(イカガなもんか・・・)

できないな。自分もかなり仕事と私用を混同して、昔から色々しているかも。と思い直した。

(キョーコに対して、と、もう一人の自分に対しては。だけ、だけど。)

と、自分を慰めても、みようかな?

そう思っていても、自分がもう抱いてしまった感情に、おかしくなるほど、頭も心も犯されている。そして、それを消し去る事は、もうすでに一度、心に抱いてしまったものを無かった事には出来ない。


エレベーターが開いて、駐車場に行く間にイヤホンを付けて、聞いてしまった。
アイツの、後悔。の続き。



.
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 15.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray