• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.97

Category : Story-I of LDs
.

キャンドルの灯りは最後に未練を残すように、一度だけ明るく光り、そのまま、一筋の煙となって上に昇って消えた。




・・・記憶の中に、この綺麗な赤と白の映像が溶け込んだのを心で感じた。



ふ~っ。
蓮、暑い~。


確かにこのままでは、のぼせてしまう。真っ暗でも自分の家。どこに何があるのかなんて感覚で分かる。バスタブからお互いに立ち上がって、先に出て、ミストサウナを止めた。

窓の外は雨だけど、街のネオンが点々と映っていて、キョーコの人影だけは佇んでいるのが見える。手を伸ばして肩を見つけると、肩から、腕を伝って手を取った。


転ばないでね。
ゆっくり、こっち、
・・・おいで。


そう言って手を握った。握った手と反対の腕に摑まる感覚に、キョーコの体温を感じる。
背の高い俺には半身浴でも、キョーコは、胸に抱き寄せていた事もあるけれど、肩まで長々とどっぷり浸かっていたらしい。

抱き寄せて上から降りそそぐ冷たいレインシャワーで、頭を冷やし、顔を伝い、体の泡と残った花びらがゆっくり落ちていくのを感じる。

腕をつかまれていた手が離れたと思うと、よく見えないけれど、両腕を天井に向けて伸ばし、顔を上に向けて、上から降りそそぐ冷たいシャワーの霧を思う存分浴びようとしている。



ん~、暑かった~。
きもちいい~。



・・・だよね。
肩まで浸かっていたらね。



伸ばした両腕が、俺の頭に届くぐらい伸びをしている。髪を撫でて後ろに流してあげる。
そうやって、君は俺からの愛も受け止めて来てくれたのかと思う。

これからも、こうやって両手を広げて一杯に雨を浴びて、美しく咲き続けて欲しいと思う。

伸ばしていた手が頬に触れて、上を向いていた俺の顔を、下を向け。といつものように促される。はいはい、キスして欲しいのね。そう思って居たけれど、抱き上げてバスルームを出た。

キョーコの為に、パステルカラーでレインボーの様に揃えてあげたバスタオル。ここにキョーコが住む時に揃えてもらっていたけれど、今はキョーコがこの部屋を自分で使っているのと、暗いのとで、何色がどこにあるのかなんて分からない。

とりあえず適当に取って、体を包んであげる。もう一枚とって、頭の上から掛けた。自分もどれでも構わないので2枚取って、体と頭を拭いた。

頭を拭いていると、キョーコも自分の頭を拭いている。

いつも、寝る前はどうでもいい。と思ってドライヤーで髪を乾かすことをしない俺。
キョーコはきちんとドライヤーで髪を乾かすが、今日はドライヤーの気分ではなさそう。
それに、さっきから早くしたかったので、ドライヤーを出したら、後で。と、促そうと思っていた。

バスタオルをさすが女の子らしく、くるっと頭の上で巻いているようだが、なにせ暗いのでよく見えない。バスタオルも体に巻いてるし、ま、いっか。と思ってたくさんのアメニティの中に置いてあるアロマキャンドルを一つ取り、箱を開けた。

これも見えないのでなんの香りか分からない。

手探りで、さっき置いたマッチを見つけ、しゅっと擦ってキャンドルに付けた。ふぅっとマッチを消すと、マッチの匂いはすぐにキャンドルの香りに消されて、アロマだけがサニタリールームに広がった。


・・・その香りは、DEICAだった。


ダイヤモンドの香りと言われるこの香りは、ジュリの一番のお気に入りだと知っていた。

エッセンシャルオイルで作られたこのキャンドルからは、マイナスイオンが出ることは子供の頃に聞かされた。そのキャンドルの灯された部屋で、綺麗な子になるようにと、愛を与え続けてくれた母親の、俺に掛けたおまじないを思い出す。

キョーコにも掛けたおまじない。君は毎日続けているのだろうか?

DEICA フランスのものだけれど 日本では、蓮華。そう、俺の名前、蓮。
ダイヤモンドの様な煌めきと、マイナスイオンのクールさと、オイルのようなしなやかさと、このミルクのように白い色の蕩ける甘さと、灯した時の炎の妖艶な色で、そして、この世界で、華が咲くようにと。蓮の花が描かれたこのキャンドル。白い蓮の花。

子供の頃にただ一つだけの幸せな思い出で、俺を愛してくれたという唯一のその思い出の香りが、新しい俺の人生を灯してくれますようにと、蓮の名を、自分で付けた。


もしも、まだ確信にはなっていないけれど、蓮を辞めなくてはいけないならば、この香りには、敦賀蓮として生きた思い出が募る。

自分が実力で輝いた人生の始まりにこのキャンドルに点けた時だけで、これがこのキャンドルを灯した2度目だった。もし今日がこの瞬間が最後だったとしたら、この偶然はこの天使が導いた運命なのだろうか・・・。

それとも、自分でキョーコに言った、二度目は無いよ。という言葉の通り、二度目があったならば、もう二度と蓮からは離れられなくなると言うことなのだろうか・・・。



キャンドルの灯りの中で、鏡を覗くと俺がキョーコに巻いたバスタオルは白だった。何たる偶然・・・。そう思いたくなるほど、彼女にむける全ては愛だと思う。愛でこのまま君の全てを包み込むように、彼女を後ろから抱きしめて、その首に顔をうずめた。

君の首元からは、俺の香りau the blanc白の香りがした。蓮の白い花。君は俺の全てと感じる。

ダイヤモンドの香り漂うこの室内に、柔らかい光を放つ炎が映す鏡の向こうに映る自分が、今はまだ蓮でいると確認させられる。

ドキドキとうるさいくらいに全身に打つ心臓の音が、君に聞こえているのだろうか。
今、君のドキドキを・・・

・・・抱きしめている腕から感じるから。

頬にちゅっと音を立ててから、唇をそのまま離さずに目を瞑っていると、君は抱きしめている俺の腕にしがみつくように両手で腕をつかんで、強く握る。

優しく抱きしめていた腕に力が入ってぎゅっと体を付けるようにもっと抱き寄せた。

膝の後ろに腕を下ろして抱き上げた。
片手でアロマキャンドルをそのまま持ってベッドサイドに置いて、彼女をそっとベッドに降ろした。
首にいつもなら、だっこすると巻きついてくる腕が自分の胸の前に置かれていただけで、緊張しているのが分かる。
降ろした体勢のまま、彼女の頭を抱き寄せて耳を胸に付けると、自分の心臓の速さを聞いて欲しくて、心の中で、同じだよ。と言った。

それが分かってくれたようで、胸によりそったまま、目をつぶって微笑んでくれた。
頭を抱いていた腕をゆっくり下に向けて、今は彼女のベッドになった白いシーツの上に横たえたら、初めて彼女を抱きしめた日を思いだす・・・


キッチンで椅子から落ちそうになった彼女を助けようと手を伸ばして受け止めた時を。

恋愛にへタレと社長と社さんから言われてきて、お弁当を持って来てくれた君に、勇気を出して言った。勇気なんて言葉が、自分に必要だったとも自分でも驚いた。

それほど君にあの時の俺は、好きだとは思っていても・・・今のこれ程までに好きと言う言葉の重みを心から実感するまでには至ってなかったと思える。

心の中から振り絞るように出た言葉には、素直じゃない自分のものだった。蓮のイメージを言葉に被せ、敦賀蓮という役を憑けてセリフのように君に言った。

元気の出るお弁当を貰うついでに、下さい。君の、今夜の時間と、体。

ついで・・・

その言葉も、素直じゃない。

君の今夜の時間と、体・・・

その言葉は、自分の物ではない。ただ俺は、蓮が言いそうな言葉を選んだだけ。

でも、素直に頷く君を見て、それからの仕事はどうしても集中なんてできなかった。そわそわして、そわそわして、早く時間が過ぎないかと。NGなんか出して時間を遅らせるのも嫌で。でも、そんな初恋のような恋愛をした事がなかったから、この気持ちを持った事も初めてで、だから初恋と呼べるのかもしれないけれど、その気持ちに自分が戸惑っていた。

でもね・・・、どうしても素直な君が必要だった。

嘉月を出来なくなったのは・・・
父の遺伝子を引き継ぐ自分がセリフを貰ってイメージしても、父と同じ演技になってしまうことを恐れていたから。

イメージを始めてから、父の演技を見て・・・同じ様だと気付いて・・・

素直に役に入りきれなくて自分の物にできない役は初めてで、どうしていいのか分からなくなった事も初めてだった。

13歳でハイスクールの過程を終えてから、15に成るまでの2年間にも感じた事が無かった、絶望感。・・・もう、あの時のように、自己逃避はできない。

アルコールを飲んでも・・・ポッド、マリファナの様に自己逃避の世界には俺を連れて行っては、くれなかった。その状況にも追い詰められて、それにポッドに慣れてヘロインに手を出しそうだった15のクオンに戻りたくもなかった。

何かにいつも挑戦して、戦いを挑んで、勇んでいく。でもそれは、無駄なんだ。誰に向けた挑戦なのか。自分を探して宙から見ているこの一つの人生を、二つに分けた自分への柵(しがらみ)で、神は・・・人には一つしか与えない人生を、神に背いて自分で二つに分けた時から始まっていた。

自己逃避に陥った敦賀蓮の人生を始める前よりも、もっともっと苦しい人生が蓮と久遠に・・・

・・・ここにあった。


輪廻転生で、愛を求め合い廻りあえたこの君を、愛することを許されるはずも無いと、心にいつか閉ざして苦しんだ。

・・・素直に喜べない。・・・自分は今、架空の人物だから。


素直な君を、心から喜んで受け止められない。素直な気持ちを曲げて反対に走ることしか出来ないでいた。君の中の素直にできない部分も分かっている。
愛を受け止められない。愛するとその人が自分の下から去ってゆく。

だから、誰も・・・自分も傷つきたくなくて、誰も愛さないのは・・・

信用という、心の繋がりが・・・消えた君の心からの反抗で・・・

君の受けた現実は君の心を閉ざしていく姿、その苦しむ事を受け止められないでいた自分に苦しんだ。

・・・何故この架空の人物なのかと。

今は、その架空の人物でも・・・自分の気持ちに嘘を付く事で、君と同じ。と言いたかっただけなのかもしれない。

自分が彼女に恋に落ちていたと実感した時だった。頭の中が真っ白になって、思考が飛んだ。
自分の事を思い出したのも、久しぶりだった。

蓮として生きてきて、忘れていた自分の昔のこと。自分の道を振り返りもせずに、ただ前に前に進むことだけを考えて、架空の人物を生きてきた。

君から与えられた手の温もりを、素直に初めて受け止めて握り返した。

こうなってしまってもいいと。そう思って、勇気を出して自分から言ったから。

人を愛することを許されなくてもいいと、そう思って架空の人物で前だけを見て生きたきた自分に、再度与えられた・・・

この君の手の温もり。カーアクシデントという忌まわしい過去に大事な人を無くしたトラウマを、切欠のように脳裏に蘇らせて内に篭ってしまった自分。

心を閉ざして生きてきた自分の暗く冷たい凍てついた場所にその手が入ってきて・・・
暖かい。と、素直に感じたその瞬間の、一気に溶け始め溶かされて戻った時も、

・・・素直に思わず握り返していた。


二度目だった。もう、この手を離してはいけないと。そう思った。


素直に生きて行きたいと、素直に君を愛していきたいと、そう思って生き始めた元の人生は、完全に元のものとは言えないけれど、久遠でいられれば、君を愛して生きていっても、いいんじゃないかと思う。

久遠ヒズリは、本当のクオン・ヒズリ・ジュニアではない。
でも、一番自分らしく、自分でいるように思える。でも、それも架空の人物。


_______ 素直になって自分という者と遭えるのを、探す
自分を探して生きていく事こそが、今の自分の人生なのだと ____________


架空の人物像を創り続けて生きる俺が、本当に素直になって君を愛する事が出来る日を、望む。


漆黒の中に星と言う瞬きを背負って佇むこの宙から. . .

. . . 光の中に居る蓮と久遠を見続けて

そしてその下に咲く・・・

二人の愛を両手一杯に受け止めて咲き続ける・・・

凛と美しく咲く大輪の花の天使は・・・

・・・光源である太陽に向い続け追い、自分を見つめて咲き続ける。

その太陽に照らされた雲の上の蓮と久遠。

太陽の君に見守り続けられて飛び立つ準備をしている。

・・・この宙に、いつか届くと・・・

この宙の同じ空間の反対側に・・・

・・・光源である太陽があるはずで

そうでなければ、背後に瞬く星は無いはずで・・・

・・・きっと自分もその太陽の側へ、何時か回って、廻り逢える事だろう. . . . .


今生きる俺は、架空の人で、世界から消えて居なくなっても・・・

もともと存在しない人物なのだから、どんな結果になったとしても

・・・いつか消えて居なくなるのが、現実 . . . _________



君への想いが募って募って、思い出すと考えると・・・この胸が痛い。

この胸の中の心の声を聞き分けてくれる君が、いつかこの痛みを癒してくれると・・・


・・・・信じている ___________________




横たえた君の上で、君を見つめていて考えながら・・・
アロマの香りに、自分が蓮になったと思う事に時を忘れていた。

この愛しい廻り遇えた人に・・・
 

頭に巻かれたバスタオルをはずし、頭を優しく撫でて、髪を指先でいじり両手で頭を包んだ。









Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 15.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray