• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.95

Category : Story-I of LDs
.


...二人で手を繋いでバスルームのドアを開けた。

充満する、赤いバラ50本分の香り。それと. . .
My Desireのバラの香り・・・偽りの君への愛が、自分の望に包まれていた。



ブラインドを開けた窓の外には、雨が降って居た。窓ガラスに筋を作って、下に流れる雨が、ここから見える夜景の灯りを、光の筋に変えていた。光の筋は、地上に降り注いでいく。



どうか、天使と蓮が共に身を投げ出す時に、その光の筋が二人にも届きますようにと祈る。

・ ・ ・眩しい思い出になって欲しいと、心から望む。


窓辺に置いたキャンドルの周りに置いたはずの人形達は・・・
蒸気を浴びて雲って白くなり、クリスタルの本来持つ内側の冷たさが、人形達が自ら流した涙の様に蒸気を雫に変え、それぞれの人形達の下にその涙が溜まって・・・
大理石の窓辺で動いていた。

涙を流す人形達・・・
その涙は・・・自分の心のままだと思える・・・

悲しいの・・・? 嬉しいの・・・・・?

そのどちら共を感じる この胸の中で君を抱き寄せている事に、愛しくて、切なくて・・・

心が震えて止まない感覚に、抱きしめる腕が強くなっていた。


プリザーブドフラワーの回りに、並べて置いた、王子と妖精、お姫様と天使と女王、王様と魔法使いは、涙の泉に輪になって寄り集まって、何かを皆で相談しているように見えた。

(なるほど。本当に勝手に動くんだな。)

窓の外の雨が強くなってきて、筋だった雨の線が、窓ガラス全体を濡らして、雨の降る街の情景を見せていた。



どうする?
体、洗ってあげようか?

どれがいい?


そう言って、たくさん並んだボトルを指した。
・・・彼女の選んだのはSunflowers。・・・いつもの香りだった。


(なんだ、Red Doorじゃないの・・・?)


はい。ここ座って。


ホテル並みとは行かないし、俺の自分のマスターバスルームと違って狭いけれど、それでも普通の日本のお風呂から見たら、4倍ぐらいある広いバスルーム。

大理石の壁に作りつけられている、同じ大理石のベンチは、座ったら大人が4人は座れる広さ。
なんで、こんなベンチがあるかといえば、自分のバスルームにはジャグジーで、こちらのバスルームには、ミストサウナが付いているから。

壁に付いているスイッチをオンに押せば、上から降りそそぐ冷たいレインシャワーと下からの温かいスチームが、このバスルームの中の視界をなくす。
真っ白いミストの蒸気が満たされて、上から降りそそぐ冷たい霧のシャワーは、肩から上だけをのぼせない様に雨を降らせる。

お互いにバスタオルを外しても、ぼんやりとしか姿が見えない。
キャンドルの灯りだけがこの蒸気の中で、ふわっと浮かびあがる様に、たゆたっている。


まだ、洗わないよ。
スチームで毛穴を開いてから。


どうも彼女は、このスイッチには気づいて無かった様子。横に座って手を握れば、その左手に光るネイルのラインストーンが親指に触れた。
その手をぎゅっと握り反対の手で濡れた髪が頬に付いているのを取ってあげて、手ぐしで全体的に後ろに流してあげた。

さっきはRed Doorを指差していたのに、どうして今は、Sunflowersなのか聞いてみた。

きっと意味が分かっているから、それに・・・“ 赤い扉を開ける時は、覚悟して。” 
・・・そのメッセージにも、意味をぼかして伝えていた。

俯いて・・・けれど次の瞬間には首に抱きついてきて、耳元でそのまま話し出した君の話。


思わず、ウソだろ?そう思わざるを得ない話に驚いてしまった。


背中を優しく抱きながら・・・頬に額に流れる雫を手で拭いながら・・・髪をかき上げながら・・・

・・・聞いたその話・・・


・・・夢を見た。と言っていた。

その夢は、何時のものか聞かなかった。

話の内容からして、もうずいぶん前の話だと思った。
君が、電話の色を選ぶ前の話なのか。それならまだ、蓮とは何も始まっていない時。

でも電話の色を選んだ日、目覚めた朝に覚えていたと言う・・・


・・・その日から俺たちは、一緒に暮らすことになった。



_______ 雲の上に、蓮と久遠が座っていたと・・・言う。

俺が見たのも、蓮と久遠が雲の上で座っていた。

________ 自分は、二人の見下ろす、暗い地上で上にいる二人を見ていると・・・言う。

俺は、雲の上のさらに上の光源のない宙(そら)から、二人を見下ろして、その下に天使が暗闇に佇んでいた。


________ 地上から、両腕を大きく精一杯広げ・・・二人の居る雲から降り注ぐ、恵みの雨を受け・・・大きく育つのを待ちわびていた・・・と、・・・言う・ ・ ・


俺の夢では・・・天使は、とても無表情で・・・上をただ見つめて居ただけだった。


蓮と久遠は、自分にとって雲の上の存在だと、言ってくれた。
でも俺にとって二人は・・・

もっと上に飛びたくて・・・星を背負って輝いている・・・その場所に来る事を見つめていた

その星の瞬く闇の中に・・・自分の精神が居る場所だと気が付いて・・・


・・・地上の天使を置いて、ここに飛びたい気持ちはどうして. . .______________?



“ This is what I was looking for…This is what I am…and this is my deed..”

“ ずっと世界も時代も変わっても、探し求めていた自分というものを、目的をもって何かをすると云う事を・・・”


その気持ちだと気付いた・・・俺が上に飛ぶ理由。

久遠が言った時は、Deed 、仕掛けた罠。と思っていた。

この前彼女の部屋から朝、出たときも、仕掛けた罠だと思っていた。

仕掛けた罠は、彼女に。だと思っていた。

罠に嵌ってしまったのは、自分だとも思った事もあった。でも・・・違っていた。

罠・・・ じゃなかったんだと・・・


・ ・ ・ こうして心は輪廻転生を繰り返し、探していたのは、自分・・・だと


けれど彼女は、二人の居る雲から降りそそぐ雨が愛で、その愛をたくさん受け止めようと、両腕を広げて、未来に見える希望を見ていて、凛と美しく咲く、大輪の華のように成りたいと、願っていたと・・・


どんな、花. . . __________?


・・・彼女らしく、ひまわりの花。
どんな花だったのかは・・・夢では見ていないと言った。

ただ、このSunflowersの香りが好きで、自分らしいと思えたからと・・・言う。



________ そう、俺も思った . . . . . . .


あの夏の日・・・天使が舞い降りて来たと思った。

初めて出逢った瞬間、ちいさな初めての友達からは、太陽の香りがしたと・・・

太陽に向き続けて咲く花は、自分、太陽を見つめて咲き続けている・・・

俺は、光源のない宙(そら)で、雲を照らす光の中にいる自分を見つめている・・・


・ ・ ・お互いはそれぞれ、自分を探していた。


それまで・・・クオンもキョーコも二人とも・・・
お互いを探しあっていたと、思っていた。

けれど、自分を探して生きてゆくことは、誰しもがしていることで・・・

花と宙の・・・ 
今、現世でこの身に与えられた思考能力の・・・その違いだけ。

でも、もう一つ、思い違いであるかもと気づいた・・・
確信に近いと感じてもいい。と・・・仄めかされた様に聞こえていた。


________ 咲き続けていく。. . .上を雲の上の俺を見つめて・・・と・・・


・・・天使は、身を投げるでもなく、飛び立とうとするでもなく、この高い窓から、地上を眺めていただけだった。

上りつめて来た自分が、地上を見ていただけだった。自分の造った道を振り返る様に・・・

・・・そしてまだまだ上、その先の空には・・・雲がある。



ここで、王子と妖精と、王様と魔法使いと、過ごす事を望んでいたからと。

それなら、その天使が今 話してくれたこの話は・・・


・・・このまま自分を探し続けられると言う事・・・ だよな. . .____________



.
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 15.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray