• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.91

Category : Story-I of LDs
こんなにドキドキしたのは、ついこの前。でもあれはマッサージで終った。

Red Doorを指差した彼女に、今日はもう、そうじゃない・・と思う。

とりあえず、部屋に取りに行きたいな。そう思っても、いや、待て?今日なら要らないじゃないか。どっちにしろ。そう思って、ま、いっか。そのままで。と思った。

キッチンで探し物をしていた。という彼女が探していたもの。
そう、キョーコのマグカップ。
一緒に買い物に行った時、蓮のとおそろいで買った、黒い大小の夫婦湯のみ茶碗のような感じだった。大きい方が、ラテ好きのキョーコの。小さい方が、ブラックかエスプレッソ好きな蓮の。
そして、ついで。とも言えないがもう一つずつ買った、同じマグカップの白い大小。揃ってたほうがいいんじゃない?そう言って買ったけれど、そう、久遠とキョーコの為に買ったもの。

(そうそう、書斎に持って行ってしまったままだ。)


じゃ、こっちにしようか。


そう言って、キョーコに手渡したマグカップ。俺の小さい黒い方。大きい白にしようかと思ったけれど白いほうは・・・これからいくらでも使うだろう。そう思って俺のを渡した。

俺は、白い久遠のための小さい方を取った。

まだ、蓮。でも、もうすぐ、久遠。いまいち自分も大変だった。いろんな思いが駆け巡っていて、そこに置いてあった物が無くなっていることに気づかなかった。


うん。
蓮がいいならコレがいい。


そう言って、微笑む顔も、また可愛い。今から準備みたいでドキドキしている俺たちにとって、なんとも言えない、たまに訪れる沈黙がもっと緊張させる。

カップを持ってテーブルに行くと、すぐに目に入った。

(あれ? あれって赤ちゃんのニット帽じゃないの?)

どう見ても、ティポットカバー。しかもさっき、あればいいな。と思っていたし。
丸い頭の入れるトコ見たいのは底から入っていて、顎の下でボタンを嵌める様なバンドみたいな平べったい部分は、蓋の上でボタンが留まっていて、俺が思ったのと、キョーコの思っている形は、正に逆だった。上が下で、下が上。だった。Up side downまさにそれ。英語の表現しか思い浮かばない。以外に訳わかんなくテンパると英語の表現でしか分からないらしいな。俺。


はい、ぞうぞ。


手の平でポットの温度を確かめると、まだ温かい。熱くは無いけどこのぐらいでちょうどいい。
蓮の入れたお茶を、キョーコの作ったカバーで包まれていると思ってしまうと、もう、分かんないほど、キョーコにI am soooo crazy for youだと思う。日本語が出てこない。お~い、しっかり。敦賀さん。自分で自分にエールを送りたい。

そのテーブルの上には、教科書もノートも・・・一教科だけ開いて置いてあった。

その横に、iPadが置いてある。相変わらず画面を使ったままにスクリーンセーバーにもしていない。でも・・・そこに見えてしまったもの。


“ Thank you
 I love you so much…Kyoko . . .Chueonn ”

久遠からのメール。
俺の送った、スーパーハッピー・キョーコスペシャルメールへの返事。
それを見ている俺に気づいて、キョーコが言い訳でもなく、思っていた事を言った。


あの~、
英語が分からないところがあったから、
久遠に聞こうと思ってたんだけど・・・
バイリンガルでしょ?久遠は。


(そりゃそうだ。俺、バイリンガル。)


俺でも、分かるよ。
カインの時、思わなかった?
ブリティッシュだけじゃないよ。基本アメリカン。


(もう、隠す事もナイカモな・・・。)

そうも思ってきた。でも、まだまだ蓮で居たい。でも・・・

何が無しに、またこのコは!?と思う。これから蓮と、するってのに?久遠?
おいおい。両方俺だからいいけど、普通、違う男のこと考えてたらブチ切れるだろう・・・。
それに、またよく分からない自分、、、久遠の自分にも嫉妬している。のに、気づいてしまった。


とにかく今は・・・


そう言って、英語の教科書を閉じて、お茶を一口飲んだだけで、席を立った。
ランドリールームに行って、包まれていたバラの花びらをあけると、なんともたくさんあるじゃないか。それだけと思っていたのは、まだ半分ぐらいで、振り返れば後ろに残りの半分は花瓶に差さったままになっていた。

(おー。さすが100本。)

まぁ、全部入れたら大変だ。そう思って花びらだけになっているやつを持つと、ふわっといい香り。花嫁さんのベールみたい。そう思う布ごと肩に担いだらサンタクロースみたい。ついでにさっき、玄関に置いたプリザーブドフラワーを反対の手で持って、バスルームに行った。サンタクロースの時期ではないが、サンタクロースと言えばキョーコの誕生日に来る人だな。

年一で、夜中12時に。

キョーコの誕生日の一番乗りは、いつもサンタクロースなのか。と思った。

(んじゃ、今年からはサンタさんに負けないようにがんばろう・・・・。)

ん!?

・・・ふと、思った。

キョーコの誕生日にリリースした不破の曲。Holly night
キョーコの誕生日、12時にダウンロードが始まったアイツの曲は、サンタクロースから。
そして、サンタクロースにも負けない気持ちを届けたってことか・・・。


・・・。


フッ。


勝った。俺の勝ち。そこだけは、その時一緒に居たから分かる。
グレイトフル・パーティー。
クイーンローザ、ここにあるバラの花。12時に一番に、彼女の誕生日を祝ったのは俺。
キョーコへの愛は、プリンセスローザになって彼女の自信を示す場所。
・・・光を当てる部分。胸の上に飾られている。

ナツは自分の自信を表した、キョーコが自分で作ったキャラクター。自信を表す部分に魔法がかかったんだから、無敵だ。怖いものなんて何も無い。だから、ナツには怖いものなんて何も無いようなキャラクターになったのかとも、思った。


(はっ!・・・プリンセスローザ・・・・・)

思い出した事が一つある。今、見てしまった久遠からのメール。
これから蓮に抱かれます。そのシチュエーション。それと、プリンセスローザ。

結びつく一つの心当たりがあった。

これから久遠に抱かれます。そのシチュエーション。その最中に掛けてよこした蓮、敦賀さんへの電話。そしてその後、久遠のジャケットに掛かっていた、物・・・プリンセスローザ。

あの時も、なんで久遠と居るのに、蓮から貰ったものを。全く不可解な。と思わされた事を思い出す。・・・でも、不安だったんだ。そう思ったことは間違いでは無い。今もキョーコは、不安なのか。

(それとも・・・、・・・怖い、のか・・・?)

怖いから、心許せる久遠にメールしようとしてたのか、紛らわせようと。あの時も久遠が怖かったから、心許せる先輩、蓮に電話して、紛らわせていたのか・・・。

さっきも、怖がらせてしまったかもしれない。・・・男ってこんなもんだよな。

女の子は、もっと愛を求めるものだと知っている。男が思うのと違う感情。大人になればそれを楽しむ余裕も出てくるけれど、でも、いつだって愛されたい。もので、自分が愛していて、となると、もっともっと、愛を確かめたくてするもの。・・・だよな。女の子って・・・。


ごめん。キョーコ。


そう思いながらキャンドルの灯りを窓辺に置いた。マッチの匂いがすぐバラの香りに包まれて消えた。ブラインドを開けると、綺麗な絶景。きらきら光る街の灯り。

でも、ホテルで見た景色と同じ方向を向いてはいても、ホテルも見えない。

それに、あの時と違って気になるマンションも無い。今ここにいるから。

なにも遮るものの無いこの窓からの景色。何ももう遮るものは、必要ない。

今点したキャンドルの炎に、クリスタルの人形達がキラキラ光を浴びて輝いていて・・・
そのキャンドルの回りに、妖精と王子、お姫様と天使と女王、魔法使いと王様。
・・・それに動物達をその回りに並べてみた。


(まったく。俺は、いつも気づけば久遠も蓮もキョーコに、謝ることしてんな・・・。)


そんな事を腕を組んで考えながらダイニングに戻った。キョロキョロしながら歩いてもいた。まぁ、今、一口飲んでいたお茶の入ったマグカップをどこに置いてきたか忘れたが、そんなことはどうでもいい。もう、何も怖がらせない。そう決めて。

ただ・・・一つ・・・まだ確かでない、ことへの謝罪。

一番大きな謝罪。久遠からの謝罪は、深いものだった。


ダイニングに行くと、もう何も必要ない。言葉も何も。そう思っていたのでキョーコを抱きしめて今までに無いほど優しいキスをした。

さっきまでは、キスもしなかった・・・

あんなに慣れた様なキスでは、嫌だったから。

彼女が返してくれるキスが・・・ 久遠に教えられたキスでは・・・と・・・

ただ、重ねただけの音も無いキスは、キョーコが返してくれても返さない。

頬を撫でて、初めて俺がキョーコにキスをした場所。

頬にちゅっと音を立てて、ありがとう。と囁いた。

今では慣れてしまったキスが、あの時はドロドロとした感情では、不破と同じ事をするのが嫌だと思っていた事も思い出す。

彼女に初めて触れるのを許された時は、愛していると言う感情をもって、もっと愛に溢れてからしたいと思っていたから。


・・・それが、今。
そして、きっと最後・・・



敦賀さんとして・・・


何も必要ない


言葉は何も要らない




けれど、どうしてもBGMとして掛けたい曲があった。


Dream

その曲のタイトル。そのサブタイトルは、Liquid Mind


君の夢の中に、君の記憶の中に溶かされて、消えて行きたいと思った。




彼女を抱き上げ. . . ________
Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 15.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray