• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

Instrumental of Love Dreams n.89

Category : Story-I of LDs
いやぁ~ん。もう、蓮~ん。
かっこいい~ぃぃ~~。


眼鏡を掛けた敦賀蓮を見るのは、初めてだった。まぁ正確には蓮のプライベート。
テレビでも、映画でも、画面の中の蓮は眼鏡を掛けていた事は見たこと無かった。

自分が、眼鏡フェチ?かと思うかも・・・。そのぐらい、今まで全く見たこと無かった蓮にドキドキしてしまった。サングラスは見たことあるけど、インテリっぽい敦賀さんは初めてだ。

敦賀さんと思わず思ってしまったのは、コレは!イケル!!!と思った一つのこと。でも、このプライベートの蓮を見せるのも、もったいない。私だけのもの。にしたい気持ちも、もちろんある。
だってだって、こんな敦賀蓮がお茶の間に初登場したら、もっと違う世代や好みのタイプまで虜にして寄ってきちゃう~。と悶えたかったが、蓮は私の彼氏。独り占めしたい。


・・・弁護士のスーツで今度、眼鏡を掛けさせてみよう。


そんな事を、想像したら、きゃ~ぁ~~!っと叫びたくなってきた。それほど眼鏡フェチだったのか。それとも、敦賀さんの色気でないインテリさを垣間見て、ギャップに血迷ってのことなのか。とにかく、とにかく、ドキドキが止まらない~ぃ。
バクバクしてる心臓は、いろんなことを妄想させる。

あなた、はいお茶。つかれていたら今日はもう寝ましょうね。
うん、そうだね。そう言って、眼鏡を外してキスをされて、そのままベッドに・・・。

そんな事を妄想していたら、居ても経っても居られなくなって、さらにドキドキしてしまった。

(もう~、キョーコのエッチ。ばかばか~。)

ん?なんか前にもこんな事、思ったことあったな・・・。何か分からないけれど、そんな妄想したかもしれない・・・。

(あぁ、そうそう・・・・忌まわしきアリクイだ・・・。)

フッ。鼻で今なら笑ってられる。アイツとのアレは全くキスなどでは無い。今なら完璧に言える。ただの肌の接触。

・・・あの時、敦賀さんが言ってた意味が本当によ~く分かる。

久遠とだって蓮とだって、あんなただの接触。と、感じたことはこれっぽっちも無い。
二人とも毎日いつも蕩けて溶けてなくなってしまう様だもの~。上手な人に返していたら、いつの間にか私でも、愛ってこういう風にも伝えられる術の一つよね~。愛されてる感、満載だもの。キスっていうのは・・・。

うだうだとウンチク垂れられるほど、自分でもキスが上手くなったと本当に思う。
それは、も・ち・ろ・ん。カッコイイ人たちのおかげ。ねぇ~。

頬に手をそろえて そんな事を思っていて、眼鏡フェチかもしれない私はテーブルの上の眼鏡を一つとって掛け、試しにiPadを手に取った。開いて見ると事務所からメールが来ていた。

(お、椹さんだ。なんだろ?)

それは、クイーンレコード。私のクライアントのアリクイヤロウからのPVのイメージと題が付いている。それと、前と同じ歌詞とデモ曲も付いていた。

(ま、急ぐようなスケジュールで組まれた仕事でも無し、期末テストの方が先だ・・・。)

そう思っていたが、蓮とのポスター撮影を明日に控え、キスマーク付。の準備をすると成ると・・・

蓮は本気できっと付けたいだろう・・・。

私だって、この日本一のカッコイイ男の奥さん、敦賀京子。役の上での妻として、そして、最上キョーコ。本当の彼女として、本気で付けたい。と思っていた。

それに・・・もうすぐ来るから、そのまましてもらってもいいし。なんてコトまで。

コレは、期末テストなんて後でもいい。だから・・・1、キスマーク&うふふ。2、期末テスト。3、アイツのプロモ。と順序を決めてしまうと、どうしても眼鏡の蓮に抱かれてみたい。と、思う反面、蓮とはそういや、したことなかったな。と改めて思ってしまった。

なにせ3回しただけで、妊娠したかもしれないと思っていたのもあり、したことあるのは久遠ただ一人。蓮とはそういう関係になってもいいと思っているけれど、二股になってしまう。

ん~、よく分かんないけど、久遠がそれでもいいって言うのはどうなんだろう・・・?

なんか変なことを考えてしまったのは、コイツから送られてきたメールに添付されている、音楽ファイルのタイトルが、“ An One Love ”だったから。

一つだけでない愛を感じる私にとって、コイツの一つの愛とはイカニ?と疑問になって開けてしまった。とりあえず、テーブルの上に私も置いていた付属のイヤホンを付けて、ファイルを開いた。なんだか、浮気してるような気分になってしまって、ダイニングテーブルを離れて、リビングのソファに身を隠すように埋もれて聴いてしまった。

(おっ。またピアノか・・・コイツ、かなり蓮のこと意識してるんじゃないか?)

そう思わされる、ショーちゃんのピアノの曲は、今、ショーちゃんと思ってしまったほど、
子供の頃にショーちゃんを想って過ごした思い出が、溢れて来た・・・。
それに・・・私の久遠との愛が、そして、蓮との愛が、この大好きだった頃のショーちゃんを傷付けているような錯覚に陥らされた。
今のアイツではなく、昔、大好きだった頃の、何年か前のショーちゃんの笑顔が思い出されて、その笑顔を傷付けているかと言うような・・・

・・・思わず、入り込んで聴いてしまった。



・・・
切なくて・・・ている・・肩も
愛された一つのしるし、けれど・・・

目を閉じて、呼吸して
この胸を・・・
思い出が、千の笑顔から心の空に輝きだす・・・

・・・もう泣いたりしないで
涙じゃなく、笑顔を・・・

大丈夫、一人でも、淋しくなんて・・・
・・・そこに貴方が、いつも居るから

空を見てそれだけで、何時だってすぐに逢える
あの時のままの笑顔で、ずっとここから見つめてるから・・・

愛しさが、今も・・・
・・・かけがえの無い My love
だからこそ、約束して欲しい
誰よりも貴方らしく、生き抜いて・・・

誰も皆、・・・ている
・・・心、結ばれた My love

だからもう・・・しないで
・・・なく、笑顔を・・・

幸せに、・・・てた
何よりも、出逢えた・・・

いつかまた廻り逢えるかな・・・
貴方らしく、居て欲しい

出会いの数だけ、・・・生まれ、笑顔の数だけ、・・になる. . .________


私は、歌詞を見ながら思っていた。
初めの、 “ 切なくて・・・悔しくて・・・愛された、一つの印。”
きっと、久遠の付けたキスマークが、ショーちゃんを傷付けていた事。
私は、アイツのものでは、もう無い。その気持ちは本当。私は、久遠を愛している。そして、彼から愛された。それが、愛を拒み続けた自分の変化。その変化をもたらしてくれた久遠に向ける、私の笑顔は、昔、ショーちゃんに向けたものと、同じなのか? ショーちゃんには、それが分かっているのだろう・・・。
ピンク色のオーラということ自体は、ショーちゃんにも向けていた。ただ、ピンク色の色の度合いは、今、久遠にそして蓮に向ける2つのものが同じであって、昔、ショーちゃんに向けたものとは違う、もっと恋の色。愛に近いこの色のオーラを、ショーちゃんに感じたことは、今までに、一度も、少したりとも・・・・無い。

それに、この最後・・・。
久遠が話してくれた、自分のジュニアとしての苦しみだった。覚えている、子供の頃、久遠が話してくれた父さんの話。大きすぎて飛べない。羽がむしりとられる痛み、それは子供心にも、クー・ヒズリの影を背負って育ってきて、その大きな壁を越えられない苦しみ。自分は一人の人であって、クー・ヒズリのコピーではないと。その苦しみが今なら、分かる。再会して大人の久遠が話してくれた、越えられない壁の向こう側は、覗く事が出来てきたけれど・・・
まだ、真っ暗の闇。何も見えないと。
その闇の中を照らす、トーチであると言ってくれた。私への想いを、受け止めて・・・

この、初めからの出逢いも―――、

“ 誰も皆、包まれている、宇宙と心、結ばれた ” そう、愛で・・・

“ だからもう泣いたりしないで涙じゃなく、笑顔を・・・” そう言って、くれたコーンの石。

“ 幸せに、包まれてた、何よりも、出逢えた奇跡 ” その初めの出逢いも・・・

“ いつかまた廻り逢えるかな。貴方らしく、居て欲しい・・・”そう、再会も果たし・・・

“ 出会いの数だけ、笑顔が生まれ、笑顔の数だけ、幸せになる・・・”


愛されて、感じて、私に言ってくれた言葉。


笑顔。それが幸せだと・・・。



久遠から貰った、だいぶ前のメールを開いてみた。

“ Thank you
I love you so much…Kyoko
Chuehonn ”




IPadを凝視して、蓮の部屋で、尚の曲を聴いて、久遠の事を想う私は・・・

これでいいのだろうか?




蓮が来たことは、全く気づいていなかった。



.


Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 15.2014
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray