• 永久に広がる闇の空間に 永遠の幾千の時の中に 存在する1つの命 1つの心の証が 1つの愛に・・・ この名前の中に。
でも 白と黒の様に、相反する人生をその名に拒んだ 運命の破壊と創造を宿命にもち 自らの人生の時を止めて 人形の様に違う人を生きる人生は 闇の中に押し込めた黒の本当の自分と、光の中の幻想と成る偽名の自分
職業病と人は呼べるかもしれない・・・ 違う人に成りすます事は 簡単な事と思っていたけれど・・・ たった1人。
永久に永遠を感じる人にだけ・・・ とても難しいのは 自分の心が痛いからなのかもしれなくても 永久に永遠に自分を感じてくれるから故に まっすぐ透き通って感じるのかもしれないCHUEHONE CHRYTH HIZURI Jr.
    Deny the name of noble of birth. my HEART never changed by the shape of my love for you... If my family name away, if myself away, I can be lived free nevertheless never face love.
    O BE SOME OTHER NAME
  • 久遠ヒズリ / この名前が親のコネだと言われ続け、自分の才能に自信はなく、名前だけが自分を苦しめてきた。その時であった天使の君は、自分の事を絵本から出てきた妖精と言ってくれたね。愛の形に変化が起こっても愛の核心は変わる事無く・・・
願うのは いつも 自分と共に 希望を どこに行っても連れて行かれても
今もこれからも、君に・・・ 
止め処ない愛を 永遠に怠りはしないCHUEHONN HIZURI
    Wishing your ALWAYS, HOPE and ONLY WITH ME... Please take me way with you...
    I never defaulted love to you now and then FOREVER
  • 敦賀 蓮 / もしも自分の芸名が本当だとしたら、もしもこの存在が現実に存在するとしたら・・・ 自分は、少なくとも 愛に向かい合って生きる事はない代わりに、自由に生きているのだろうか・・・
願いは希望の中に、望む 真実の永久の愛 それは、他のものから他に染められる事無く、この愛は不死の不死蝶の様に・・・ 
君に誓い 君に願う 君と自分の運命は永遠だとREN TSURUGA
    Hopefully yours DESIRE and TRUE LOVE ETERNIY... My love never dying from another by other. And My love to you never die...
    I swear and belive to yours and my destinies FOREVER

ONE Day - Dear. the one to Heart

Category : A birthday card
.




* ONE DAY *

あの日

それとも・・・

これからの、未来の日に




Prelude Episode from...
Love Dreams # 2 2 2
* Love dedicate again*


I . deartheone
II . Dear. THE ONE
III . D O O R









________ キンコーン・・・


「 蓮 」


君が入れてくれた暗証番号は、自分の誕生日に間違いない 2月10日。

動いたエレベーターの中では、顔を見たままニコニコしていて、微笑み返しても言葉は何も無かった。


最上階に着いてドアが開く

家のドアまでもう直ぐなのに、急に廊下で抱きつかれて・・・


「 どうした? もう、10歩も行けば玄関なのに? 」


君には、11歩のその場所で・・・

頬を両手で包まれてキスが欲しいと強請っている。



「 お誕生日、おめでとう 蓮・・・」


唇を重ねる前に囁かれて、どうし・・て・・・と重ねられた唇に、言葉を奪われて・・・


「 今日は、間に合った。 
  私だけの、蓮の2度目の誕生日。 」


そう言われて手を引かれて、ドアの方に向かった。



________ キスをねだられた時に君の手首に着けた、Heartの時計が見えた時は・・・



12時まで、ものの数10秒前・・・



________ 手を引かれたその時は・・・



12時まで、数秒前・・・・





________ カチャ


Heartの時計を付けた手が、玄関ドアを開けたのを見た時

0時まで、たった1秒前。



シンデレラの魔法が解けたその時間 _________ . . .



自分の望む現実は・・・


夢の時間の中に掛けられた君からの魔法

この1週間、なんとなく心落ち着かない日を過ごしていた自分に
期待を心のどこかでしていた自分には、普通に生活していても、君への愛がよく分からなくて・・・

掛けられたシンデレラの魔法の終わりの時間に

心の中で12時を知らせる時計の鐘の様に、ドキドキと自分の鼓動が耳に届く。



自分で行動を起こして、夢の時間を創ったシンデレラの12時過ぎ。
魔法が掛けられていた、夢の時間が過ぎたら、その時が・・・


ZERO 0 からのスタートで・・・

0時と呼べる時と、12時と呼ぶ時と、24時と呼ぶ時と

その心の違いは、その日によってどんな一日を自分が過ごしたか・・・




楽しかったと心に残るものであったなら

その時を24時と呼ぶのだろう。

まだ続いて欲しい願いを込めて、眠りに付いても夢の中にまで求めるほどに



辛かったと心を痛めるものであったなら

その時を0時と呼び・・・

新しく始まって欲しいと、次の夜明けに期待をして



シンデレラが12時と呼んだその天辺の時間に・・・


永久にその想いを忘れる事無く
永遠に続く夢の時の中に過ごす事を


永久に・・・
永遠に・・・



希み続ける WISH の願い

目を向けて DESIRE  望み続ける

未来の時に HOPE 希望を想う



自分の未来が見えないのは・・・

これから自分が創る

今はまだ、存在しない かたち無きもの



ドアが開いた12時には、君は・・・







Mimi's Image Music * Moon Light Sonata - Beethoven




___________ I wish I can be feel to blowing much loves up . . .
       . . . in my heart and in your heart by my loves



自分からの愛で、君の心にも自分の心にも

愛している気持ちが膨らみ溢れ・・・

膨らみ溢れる気持ちよりも、もっともっと、愛していると

君が感じられる様に、願いを込めて・・・




クリスマス。
君の誕生日に・・・ あの場所で、このメッセージを送った自分。


まだ12時前の街の中は、タワーも橋もイルミネーションが輝いていた。
その・・・

自分の誕生日に、喧嘩じゃないけど

12時を過ぎたと一目で分かる光景に、自分からブラインドを閉めた窓。



君の誕生日には、その窓辺で・・・

後ろから目を手で覆い、景色を隠した自分。

この風景が君にとっても俺自身にとっても、思い出となった・・・

・・・久遠で居た時に2人で見た景色だから。


君との2度目の時も、久遠だった。


このマンションの見えない、ホテルのベッドルームから臨める窓の外。

同じ景色の中に月明かりが明るくて、ライトを消しても君が傍に居ると、触れる肌と体温と僅かに見える微笑みに・・・

あの夜にも、いろんな事があった事を・・・

思い出していた自分。



何かを思い出して欲しくなくて・・・

それでも、思い出しても欲しくて・・・



自分の心に、思い出して欲しくない蓮と、思い出して欲しい久遠の2つの感情が混ざり合っていた。



久遠で居た時、蓮に電話を掛けてきたね。

だから、きっと今・・・ 久遠を思い出しているって思ったから


だったら・・・

クオンからの言葉でも、いいか・・・



自分が1つの心に成れば、君も感じてくれる事を願って・・・


________ Dear. My sweet … ONE

    Wishing you the love of HEART, never be enough to you forever


      
     心の底からの愛は、永遠に限りなく・・・



     でもそれは・・・


     君の心に愛を、永遠に満たされる事無く送り続けたい
  
      
________ With all about me . . .


     全ての自分から・・・




目を開けて欲しくなくて、手で隠したまま、重ねたキスに体が覚えていると分かるから

全ての自分から、君へ・・・ 

想いを心から込めて・・・


君が俺の胸に付いている両手、心の位置に10本の指が揃えられていた。

その中のどれか・・・

目を瞑っている自分が、君のどの指に掛けたのか、自分でも判らない程・・・

想いを込めていて、この想いが溢れて止まない自分の心を、感じてくれても永遠に君の心に満たされる事無く


だからその為に、もっと想いを送り続けても、いいですか・・・
 

そう思いながら ___________ . . .





『 ごめんね、指輪じゃないよ。 』


重ね合う唇を離して、そう伝えて・・・

もう一度重ねたキスに、胸のシャツをぎゅっと握る感覚があった。

二人の吐息が耳に聞こえて、覆っていた手の中に瞼が微かに動いているのが触れて、回していた腕に力を込めて抱き寄せていた。

見慣れた自分の部屋からの景色。
でも、君が一緒に居る様になってから、景色の中に色々な事を思い出す様になった自分。

窓の外に広がるネオンの街灯りが、星空の様に広がっているこの光景に照らされて

初めて感じた愛・・・

君にしか出来ない、自分の新しい感情に、心ごと囚われて
自分の中で入れ替わり続けた、初めての2人分の感情の瞬間。


・・・久遠としての2度目の時だった。


そして・・・


もう一度の、2度目の時・・・


お互いの身体にちょっとした変化が訪れて、ひまわりの置かれた廊下。

ひまわりのその道を辿って行ったら・・・

妖精に魔法使いに、王様とお后様と、クマにパンダに・・・
たくさんの動物も、みんなキラキラ輝いていて、白と淡いピンク色の純粋な愛と、愛にとても近い恋のステージの上に・・・

蒼い瞳の王子と黒髪の王子 そして、1人のお姫様。

お姫様が向いた先の後ろに、必ず、どちらかの王子が向いていた事・・・


ひまわりのその道を辿って行ったら、真っ白な虹の世界に辿りついた。

自分が見た夢も忘れない。



明るくて、そして影になって、半月の灯りの中に・・・

久遠の子供、蓮を抱いていた自分。



蓮がこの世に産まれてくれるならば、こんなに嬉しい事は無いって自分が思い始めた事。

今は、あの時と同じ様に . . .___________




胸に付いた両手が、シャツを握り締め

握ったその手の中に、鍵を隠した君。


その手を握り、2人で同時に目を開けたら・・・

握ったままの君の手に自分の両手を重ね被せ、どの指に自分が掛けたのか見えない様に、自分にも隠していた。



あの、蓮としての2度目の夜・・・


黒の部屋で身体の変化にお互い戸惑って、白の部屋で2回愛しあった。


_________ 人を愛するという事は・・・

果てしの無い輪廻の中に、共に苦しみの中に見つける幸せであって欲しいと


 “ 愛ってな・・・ 息が出来なくなるほど苦しいもんだよ ”


共に見つけて行ける事に・・・

心から臨む願いを込めた       

・・・その6つのキャンドル


自分が選んで君が消す時、6つの願いを込めていたあの時。


今、また君の誕生日に同じ様に、願いを込めて・・・

同じ様に、手を握ったまま振り向かせ2人で地上の星空を見た。

Dreamsの製作発表前、10本のネイルに光る小さなラインストーンはそれぞれ。



君の指に掛かったキーリングにつけた透明のクリスタルには・・・

ただクリスタルの光が、窓のイルミネーションに輝いてキラキラしていただけ。


両腕の中に君を抱きしめて、心の中でもう一度、久遠からの言葉を心に思い浮かべた。


________ I love you so very much

    I never defaulted to love you . . . always be yours
    
      As I love you



あの時、自分が残したキャンドルの色に・・・

君のネイルのラインストーンの色と、その指が・・・

同じだったら、自分の心の声が本当に君に届いていると、信じたいと思っていた。



あのクリスマス・・・


クリスマスカードの裏の追伸を、君が読むまで

蓮で居させて欲しいと思った自分に・・・

追伸を読んだ後に、久遠で居させて欲しいと

傍に居るのに、傍に居ない愛を感じて欲しいと思った自分。



視界を閉ざして、俺の声と体温と香りと

全部で、2人とも君を愛していると伝えるのは、ただ1つの自分の心から。

視界を閉ざして、久遠の事を忘れさせようとする蓮に・・・

視界を閉ざして、蓮の姿を見えないようにとする久遠に・・・



君の事を想い過ぎて、愛なのか分からなくなるほど、苦しくて胸の中が震えていた。





__________ 2月19日


玄関を開けて電気を点けたら・・・・・


「 だめ・・・」


ライトのスイッチに乗せた手を重ねられて、直ぐに暗くされたけれど・・・

きらっと一瞬だけ輝いた小さな瞬きに、目が行っていた。



クリスタルのテディベア

輝いた瞬きは、Celestial Fairytail 色

7色の恋の様に輝いていた。



シンデレラが12時と呼んだその天辺の時間・・・

魔法が解けるものだと信じていた子供の頃。


何かが終わったその時間に、解けた魔法が夢を現実に変える時間が来たと、自分でその後思った事。

永久にその想いを忘れる事無く
永遠に続く夢の時の中に過ごす事


永久に・・・
永遠に・・・



希み続ける WISH の願いに

目を向けて DESIRE  望み続け

未来に HOPE 馳せる希望・・・

そして、それが現実として人生の時に、 FOREVER 永遠に

自分の漢字の名に込められた、永久 と 永遠 

1つの命に名付けてくれた、One Heart 心 と Infinity 輪廻 



忘れかけていた、自分の誕生日が過ぎた日から8日目の今日。



「・・・ごめん 」


「 ん? どうして? 」


ライトのスイッチの上で重ねられた手が離れたら、肩に掛けている仕事用のバッグの中をごそごそする音が聞こえて・・・


________ パキッ


小さくプラスチックの弾ける音が、君の声に混じってした。


「 どうした? 
  喉でも渇い・・た・・・」


ペットボトルを開けた君に、自分が言い切る前に、シュワ――・・って音が聞こえて・・・


________ シュッ・・・


マッチの擦る音と香りがしたら、玄関先の大きな姿見の中に

炎を見詰める君と自分の瞳の色に・・・ 自分は目を閉じた ________ . . .


ふわっと周りが仄かに明るく成ったのが、瞼を閉じても分かっていて
静かに息を吸い込んで、心の中の自分に話しかけた。


  2つの同じクマだって、君に伝えたのは・・・

 ・・・蓮だ。

  久遠・・・ それでよかったと思うか?・・・・



似ているけれど違うと自分が君に言った事が、よかったのかどうか

君が心の後ろに感じかけて、答えを出し始めていたのに・・・



自分の人生の為に



君にまだ、気付いて欲しくないと思った、自分勝手な言動。

君を愛しているのに、愛に勇気を出してくれ始めたのに、突き放して崖から棘の森に突き落とした。

傷だらけに自分で這い上がってくる、猛獣の子供。

強い者だけが自分の傍に居れる権利があると、同じ様に・・・

自分の傍に居て欲しいのに、自分に素直に成れなくて、自分の事だけを考えて、君を突き放したクリスタルのテディベア。君は覚えていたんだって・・・

きっと、忘れるわけが無いだろう。 



静かに息を吐いていたら・・・


「 蓮・・・ 」


優しい君の声が聞こえて、指先で頬をそっと撫でられた。


「 どうしたの? 」


「 なんでもない・・・」


微笑みながら、ゆっくり瞼を開けたら、そこに・・・

7色に煌いたクリスタルのテディベアの瞬きは、傍に置かれた水色のキャンドルが作っていた。


あの時、一番最後に吹き消してもらったキャンドル・・・



________ I wish. . . I can be feel to blowing much loves up . . .

     . . . in my heart and in your heart by my loves…


・・・自分の愛が、君の心の中で、自分の心の中で、膨れ上がり広がると感じたい


そしてそのキャンドルの中から、雲が溢れて流れ出していた。

その雲の様な白い煙が、ドライアイスだって直ぐに気付いたけれど・・・

ドライアイスの白い煙に水色のキャンドルが写す、7色の雲。


・・・月虹


自分が創った月虹の光景の中、同じ様で違うと突き放した時。

7色の雲が下に落ちると共に、自分たちの足元に、薄い霧を掛けていた。



「 雲の上みたい・・・」


ねぇ、蓮もそう思わない?と微笑んで聞きながら・・・


「 ごめんね。今日は仕事で一日中
  朝早くから、一緒にいたから・・・」


ケーキはね、社さんに頼んでもらっていたの。と差し出された小さなケーキの箱。


「 でもね、この箱に入れてもらったの。
  7個のドライアイス・・・ 」


ふふ・・・


「 ねぇ、もしかして・・・ 」


ケーキじゃなくて、ドライアイスが目的だった?って聞こうと思ったけれど、ぎゅっと頭を抱き寄せていた。




だって・・・


7色のテディベアに、鍵が引掛けてあった。


テディベアを写す水色のキャンドル。

君のネイルだって覚えてる。
月の回りに雲が掛かって、リング状の虹が見えた事だって・・・

君が虹をつかめたら、キスして欲しいって車の中で言っていた。

自分の方の君の左手を引っ張って、抱き寄せた事も・・・




・・・永遠にこのまま続いて欲しいと願う、シンデレラの様に

夢に向かって自分を見続けて高く伸び美しく明るく咲く ひまわりの様に


願いが叶うのならば・・・


誕生日の願い事は、いくらでも

高い場所に望んでもいいのだろう




君の誕生日に、伸ばされていた10本の指の中で、水色だったのは・・・

左手の親指だった。


Thumb Ring サムリングの事自体、その昔戦士が弓を引く為につけた指輪。

戦いの象徴であるThumb Ringに、勇者の証でもあって・・・


アメジストのBirth Stone が、運命の破壊と創造の宿命に勝利を齎すって・・・

2月19日は、Aquarius 水瓶座の最後の日 

自分の事を水だと例えた自分に、12時の魔法が解けるその前に伝えてくれた。

自分の誕生日はその日じゃないけど、君が覚えた蓮の誕生日は、Aquariusの魔法が掛かった最後の日。


抱き寄せた胸の中で、ケーキが潰れる~・・・と言っているけれど、俺も君もこの時間に
君が作った管理された物以外、食べない事はお互い様。


「 明日・・・ 」


「 ん~ん、今日って事? 」


そう聞き返した君が・・・


「 それじゃ、ケーキを食べる前に
  必ずすること、あるよね。 ・・・蓮 」


手を引かれて連れて行かれた、真っ暗な家の中。

廊下の端々に、ひまわりの花が置かれていた様に、ひまわり色のキャンドルに七色の雲が掛けられて・・・


炎が点された時に見えたのは、


蓮の・・・

黒髪の王子・・・


7色に煌くクリスタルの王子に、先輩として君を引っ張って行こうと思った事を


________ I wish. . . you would be with me


あの時・・・ どうか離れないで居てと願ったキャンドル。

どんな事が自分に起こり、敦賀蓮が君の前から消える事があったとしても、自分が久遠だと君がいつか判る時が来たとしても、自分の望む未来 虹の世界 Celestial Fairytail 色のRadianceの中に、君が傍に居てくれる事と願った。


「 次はね・・・
  ・・ここかな・・・ 」


少し離れたその場所に、燈された虹色の雲。
その真ん中に、金色のキャンドルが光っていた。


蓮の・・・

  ・・・ 王様だ。


王様の輝きに、誓う。この胸の中の願いは


_____ I wish . . . you could be loved me long time  


・・・どうか、その愛を永らえて欲しいと、自分が感じているお互いの間にある、この愛をずっと続けて貰える様に、自分の中に感じる想いは限りなくて
限り無く永遠に続くと感じるほどに、君に出逢えた喜びが心の中に続いて欲しいと、願っていた。


もしも結婚したとしても、それが2人の国の始まりだと思って・・・



振り返れば、3つのキャンドルの仄かな明かりの中に、廊下に広がる白い雲が掛かっていた。


「 雲の上の空・・・ ?」


うふふ・・・ 


________ シュワ――・・・


何も言わずにドライアイスに注がれる水。
家に大量に送られている、理想の男の中の蒼いペットボトルの水が注がれている音が聞こえていた。

傍で点されたキャンドルの灯りに君が見えて・・・


7色に煌く、魔法使いが現れた。


Jade 翡翠色のキャンドルに、君は・・・




「 Twinkle, twinkle little star . . . How I wonder what you are 」


歌いだしたのは、その翡翠の色だからだろうか・・・

たった一度だけ、夜明けの中にコンタクトを外した姿を見せた自分。


だったら・・・


「 Up above world still high . . . 」


君の歌声に続きながら・・・



_____ I wish . . . I wanna feel love with you forever  


君とは・・・ 愛し合うという事を、永遠に感じたいと思っていて

恋を経験する思春期に、愛を拒み続けて学べなかった二人の心。でも少しずつお互いに・・・
やっと解かり始めた心の変化に戸惑いも、切なさも、淋しさも・・・
嬉しくて、楽しくて、幸せで・・・ 同時にたくさんの相反する感情が、人を愛するという事だと

同じ様に拒んで生きてきた君にも、同じ様に自分にこれからも共に感じてくれると願って・・・
 



   Like the diamond in the sky __________ . . .



ダイヤモンドの様に輝いた貴方は、誰・・・ と歌い続けた君は・・・


自分の母、Juel が送って来たバースディカードに、
招待状が届いた日も・・・

あの香りが、また、同じ・・・ 水の魔法が解けた12時過ぎに 始めなさいって言ってくれている様で

君はどこまで自分の事に気付いているのだろうかと、Jadeの光の中、手を引かれながら考えてた。




「 You may wish. . . 」



囁かれて差し出された両手から、溢れる7色の雲。


「 魔法のランプみたい。 」


7色の雲の中に灯されていたのは、アメジスト色のキャンドルで・・・

紫色の炎が映す、Celestial Fairytail に煌く、魔法使いが現われた。



_____ I wish . . . yours and mine heartfelts were same  


あの時と同じ様に・・・ どうか、お互いの心に感じるものが同じであって欲しいと願う。

自分の心に浮かぶ全ての事を君に伝えても

自分のこの感情を受け入れてくれて

それが変らぬまま、これからもずっと・・・

そうであって欲しいと、願いを込めて




シンデレラの魔法は、掛かったままで・・・

魔法使いの下に、気が付いた _______



君の両手の中に、カードが置かれていた。



「 これは、いつもの通り・・・

  後で、1人で読んでください。 」



プレゼントをくれた時もそうだったから、ただ光の中に見える君に微笑んだ。


キャンドルを持ったまま、廊下の真ん中で立ち止まった君。
そこは、右と左 白と黒の部屋の分かれ目・・・

それと・・・

自分が誕生日に開け放したままだった、リビングのドア。



「 蓮・・・この先・・・

  3つの行き先があります。 」


そう言いながら、手の平に乗せられたキャンドルに、アメジスト色のキャンドルで点けられた・・・

淡い恋の色のキャンドル。

ピンクの光の中に、7色の雲が自分の手の中から溢れていて

自分の大きな手の中から溜まった雲が落ちた時・・・

煌いた、お姫様が現われた。



「 このお姫様に、
 
  自分の願いを伝えても・・・」



アメジスト色の光に微笑む君がいた ________. . .



「 I may wish . . . 」


_____ My heartfelt goes filled with love from you  


・・・君がくれる愛で埋めつくされたい

自分の心の全てを受け取ってくれているのならば、どうかこれからの未来に・・・
こんな自分を愛してくれると感じる度に、もっと君を、永久 Eternity に愛し続けるから
自分を、永遠Forever に 愛して欲しいと、願いを、この心より込めて



ぎゅっと握り締めた手の中に

恋の色のキャンドルを包んで・・・



カードには、何が書いてあるんだろう ________



そう思いながら、目を閉じていた。


君に贈ったクリスマスカードの裏に、久遠からの追伸があったね・・・

あのクリスマスの日も、同じ様に君に願いを込めた自分。



心の中に、2人とも思う・・・

次の自分の誕生日までに、その鍵の何かを見つけ合うという事。



・・・まだ、シンデレラの魔法は ________




0時でもなく、24時でもなく


12時の魔法・・・





・・・・ まだ、続く _______________














3つある、7個目の行き先に・・・

3つ違う人形と、キャンドルがあるのだろうか・・・




もう1つのドライアイスは、ケーキの箱の中にまだ入ったまま。




* ここにだけ、3つのDoorsが存在します*


まずは・・・

Posted by 美しい海の彼・方より * mimi on 14.2015
敦賀蓮・久遠ヒズリ より
Love Letter from RT and CH
 HOME 

THE mimi's WORLD

美しい海の彼・方より * mimi

Author:美しい海の彼・方より * mimi
_____________________________


mimi's world FROM
far away beyond beautiful sea

THE mimi's world - ONE

mimi's dreams The One story of LOVE DREAMS

First world of Love Dreams * the Deep Sea *
Dream 1- Deep Sea

bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart
1- Instrumental of Love Dreams
2- Furious of Love Dreams

A Light of torch under the deep sea

Love Dreams ― EXPLANATIONs about... Chuehone Hizuri From far away beyond beautiful sea



(under constractions...)
- Chapter III - Sweet of Love Dreams
--- to 11

THE mimi's WORLDs

Novels of mimi's world  FROM ™ far away beyond beautiful sea



*・*・*・ HEART ・*・*・*
First world of Love Dreams

* the Deep Sea *

Dream 1- Deep Sea
bless of love dreams with DEEP breath from bottom of mine and yours heart

1- Instrumental of Love Dreams z
2- Furious of Love Dreams

Under the Deep Sea
A Light of Torch
Love Dreams ― EXPLANATIONs about
THE MAP

(under constractions...)
Dream 3- Sweet of Love Dreams
--- to. 11

*・*・*・ DREAM ・*・*・*
Dream 2 * White Night
sleepless in the lime lights

*・*・*・ SYMPATHY ・*・*・*
Dream 3 * Polar Night (@ ameba )
sleep as peacefulness and sweetened for the ONE A me BLO
sleep as peacefulness and sweetened II to 11 fc TWO

*・*・*・ LOVE ・*・*・*
Dream 4 * Black sky
the lights winks so wilder

*・*・*・ MIND ・*・*・*
Dream 5 * Icy Desert
uncompletation by quetude sensitivity

*・*・*・ WISH ・*・*・*
Dream 7 * HOPE and DESIRE
Love Dreams BLOGs! WHIP B.D BElieVE.beLIEve.believe

* mimi's fairytale-TEAR MAGICS *
HAPPY PRESENTs
A New Day
To be my Grace
Myth. BLUE BELL
beyond the M+est in BLUE MARBLE

*・*・*・ JAXTAPOSE ・*・*・*
∞Infinity's Blog * FOREVER
TWO Dear from 2 B to U

*・*・*・ CONSOLE ・*・*・*
the DOOR * mimi's SALOON
from far away beyond beautiful sea


... still in under constractions


*・*・*・ ? ・*・*・*
Dream 6 * The Radiance


THE mimi's WORDs

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

Under the permit

All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray